Kiichi's Cafe 別冊  愛車達とともに・・・  メルセデスの風  

徒然なる Mercedes Benz W205記 

【W205初車検整備終了しました】の巻き

今年も嫁がお盆の迎え火と送り火をしてくれました。
集合住宅なので玄関先で実際に火を焚くことが出来ませんのでロウソク型のLED照明器具を使ってます。

DSCF4738.jpg

病気治療の時期にベッドから落ちて大腿骨を骨折した母は、心臓の病気に加えて様々な病状を後に
併発して病院で亡くなりました。そんな母のために嫁がピンククラウンのミニカーを精霊馬に添えて
くれています。脚を折ってしまった母では牛馬に乗るのは大変だから、母が生前好きな色だった
ピンク色をした車を選んで、これを使ってゆったりと来て下さいとの思いなのだそうです。カアチャン
ありがとう。おふくろも喜んでいるよ。







お盆も過ぎましたが相変わらず冴えない天気が続いていますね。
猛暑でない分マシだという方もいらっしゃいましょうが、夏らしい夏が好きなオイラには酷な天気
なのであります。

IMG_0857.jpg
国際線ターミナル ROYAL PARK HOTEL からの眺望







20日のこの日は国内線第1ターミナルへとお出掛け。

IMG_0860.jpg
第1ターミナルから見える国際線ターミナルの眺望







昼休み第1ターミナルを散策。こちら第1ターミナル6Fにある【GALAXY HALL】。

IMG_0864.jpg







なにやらウェディングフェア開催中とのこと。
SKY WEDDING HANEDA の会場を [壁]_・)チラッと覗いて見ました^^

IMG_0863.jpg







閉めたカーテンに夜空の星々が投影されていて、なんとも素敵な雰囲気です。
偶然にも生憎の天気を忘れさせてくれる演出となっているのでありました。

IMG_0865.jpg







こちらはカーテンを開け放った様子。空港の滑走路や駐機場、向かい側の国際線ターミナルの眺望が凄い。

IMG_0861.jpg







この日は日曜日とあってか大勢の人が溢れているのでありました。














                       ●

                       ●

                       ●

                       ●

                       ●














さて、実は前日の19日に車検から相棒号1号機が戻って来たのでありますが、
まだ1号機は拝んでおりません。秘密基地の地下に格納されたままとなっています。







YANASEの方が車を納車して代車を引き取る際に粗品を置いていってくれたということでした。

DSCF4739.jpg







いただいたものはこちら^^
T-カード申込書とYANASEボールペンとYANASE手帳、そしてウエットティッシュ・・・(´Д`;)
まぁ・・・いただけるだけ・・・有難いのかな・・・以前はティッシュ1枚貰ったことがないもので・・・

DSCF4740.jpg







そんな中でこの手帳、見た目はアレですが、中身はまぁまぁ。付箋紙は重宝しますからねぇ^^

DSCF4741.jpg







こちらが今回車検時の整備料金表となります。
整備に要した交換品の代金並びに整備代金は今回はゼロ。

DSCF4742.jpg







何故ならば新車購入時に加入した2つの保証のおかげであるからです。
新車の初回の車検時に有利な【メンテナンスプラス】とメルセデスケアが失効後に
2年間一般保証が受けられる【保証プラス】。やはり事前に入っていて良かったのかも。

img_after4.gif







車検時に掛かる消耗交換部品代金と整備代金はこれでチャラ。但し、バッテリーやタイヤなどの高額な消耗品は
これには含まれせんが・・・。更に初回の車検後のケアにも一手打ったカタチとなりました。
結局は整備代金や一般保証の延長の先払いをしてあっただけなのですが、多少はお得した感はあります。
【メンテナンスプラス】や【保証プラス】についてはこちらを参照して下さい







よって今回要した費用は自賠責保険代金と税金と手数料などを含めて48,530円。
この結果をもって2つの保証加入がお得かどうかは意見の別れるところでありましょう。
個人的な感覚からはやはり多少のお得は感じますが、やはり合計20万を超える初期資出は痛いですからね。

DSCF4743.jpg







実際車検代金の参考にはならないとは思いますが、メルセデスを購入する際には新車時に
これらの保証に加入すべきかどうかの参考にはなるかと思います。







新車から3年を超えるとメルセデスケアが失効して、途端にメンテナンス料金が跳ね上がる
メルセデスですが、その回避方法としてこれらの保証の加入は考慮に値するのではないのでしょうか。







次の1年点検時にはバッテリーやタイヤの交換もしなければならないところであります。
せめてその前後の整備料金は節約したいところです。やはり一種の保険と考えるならばオススメと
いえるのではないかと思うのであります。メルセデスに限らず外車は部品やディーラーでの整備代金が
高かったりします。思わぬ出費や想像せぬまさかの時に備え、入れる保証は入っておくことが賢明だと
思います。車検前に順次新車に乗り換えていくタイプの方はその限りではないのかもしれませんが・・・。
今まで乗り継いできた外車たちには例外なく車検時に泣かされてきましたので・・・。







ヘッドランプの曇りが再び発生し始めましたのでこちらの対策を再びお願いしてありました。
こちらも対応していただいたとのことですが、まだ確認には至っておりません^^; 







W205の初車検、今回はこの様な感じとなりました。







それではまた・・・







See you next time. ꉂꉂ ( ˆᴗˆ )✌ 















【8月の蝉の味とW205初車検】の巻き

8月も中盤に差掛かり世間ではお盆の時期であるが、サービス業であるオイラ
たちに世間並みの休みはない。寧ろ繁忙期真っ只中のてんてこ舞いな時期でも
ある。年末年始やGW、夏休みなどまとまった休みが取れないのは、この商売
の因果な定めなのである。







それでは繁忙時期をずらせば休みが取れるのかと問われれば、答えはNOである。
完全シフトで歯車の一部として動かなければならず、長期休みは認められないのが
現実。長期休みには医者の診断書が無ければ難しいのがこの世界の掟なのである。
ましてや職責が増せば更に伴う責任と義務の数々。逃れる術は退職の他方法はない。







さりとてその事自体に取分けて不満があるわけではないのであるが、最近ちょっとばかり
寂しく思える様になって来た。何かを犠牲に今を得ているとするならば、その犠牲はとてつもなく
大きく、得ているものはそれに全く見合わない小さなものではないのか、そんな考えが頭を過る
事が多くなったからだ。別に損得や打算に執着するオイラではないが、そんな事を考えてしまう
自体、自身が寂しい存在になってしまったと痛感するのである。対価と代償で推し量ろうとする
のは、やはり自己と周囲との比較を心の何処かでし始めてしまってからに他ならないからなのだ。







他人は他人。自分は自分。この考えが根本にあったはずではあるが、ここへ来て迷いが生じて
来たのは非常に残念に思えてならない。所詮、己もこの程度の人間であったのだと自己嫌悪と
思える気まずさに苛まれるのもまた寂しいことでもあるのだ。年のせいで気弱になったのか、そも
そもが自分を騙しきれなかったのか、不毛な自問のスパイラルに囚われてしまう愚か者であること
にも気付いてしまうのでありました。







心身ともにボロボロなオイラでも昼時ともなればお腹は空く身でありますので、昼休み食事を取りに
いつもの場所へと向かうのであります・・・

IMG_0849.jpg







そう、いつもラーメンとなってしまうのであります (T_T)
連続、ラーメン、ラーメンの日々・・・
それではここ直近の勤務クルーでの昼食を紹介。







【金澤味噌ラーメン神仙】で【MEGAスペシャル】1,150円+味玉

IMG_0814.jpg

ラーメンの上に乗っているのは生姜のすりおろしたものと柚子です。ニンニクではありません。







デザートには差入れでいただいた羽田空港限定のどら焼き【叶 匠壽庵】の【羽雲】をカフェラテとともにいただきました^^

IMG_0816.jpg







翌日には【中華そば福味】の【つけ麺】900円を大盛りで平らげました。

IMG_0817.jpg







その翌日には【博多とんこつ笑い豚】で【豚郎ラーメン】1,000円+味玉を食らうのであります。

IMG_0819.jpg







更にその翌日には【金澤味噌ラーメン神仙】で【豚骨味噌ラーメン】850円+味玉+餃子を平らげ・・・

IMG_0827.jpg







勤務クルーラストには【中華そば福味】の【Wのチャーシュー麺】1,150円+味玉を頂くので
ありました。

IMG_0853.jpg







そしてこの日のデザートは【これ】

IMG_0824.jpg

同課スタッフのH君からもらった【蝉の幼虫の唐揚げ】です・・・(;´Д`)







「ボス、知り合いのタイ料理屋のタイ人シェフからもらったタイ料理っす。味見て下さい」
「蝉、蝉の幼虫だよね・・・(´Д`;)これ?」 「見ての通りっす。うまいっすよ、ボス。是非!」
「国内に海外からの昆虫の持ち込みは制限されているから・・・日本産の蝉だよなぁ・・・まぁ、食ってみるか」
「んじゃ、1個頂くわ」 「味、どうっすか?美味いでしょ?海老の味ですよね?」
「・・・(;´Д`) ミ~ン、ミーン、ミーン、ミ~ン!」 「Σって、ボス!それミンミン蝉だったんすかぁ?」
「んなこたぁ、わかんねーが、つい・・・すまん」 「ボス、食ってセミの種類当てたのかと・・お味は??」
「ゴチソウサマでした・・・(´Д`;)。まぁ、言われば小エビの殻の味に近いかなぁ・・・。スパイシーな味付けな!」
「おかわり( ^ω^)_凵 どうぞ、ボス!」
「いや、もう十分。メインの食事は済んでいるんでデザートはこの辺で・・・。ゴチソウサン」
「ツク・ツク・ホーシ、ツク・ツク・ホーシ、ツク・ツク・ホーシ、ツクシーヨ、ツクシーヨ、ジー」
鳴きながら事務所に戻るオイラなのであった・・・

IMG_0826.jpg







インターナショナルなオイラの課ならではの光景でありました・・・(とはいってもこんな人は極一部ですが)
気分を害した方「 Sorry!」
タイでは確かに昆虫よく食べますので、まぁ・・・あまり気にしないで下さいね^^;







モノレールで国際線ターミナルから各国内線ターミナルへ出向きます。
勿論お仕事の上に昼休み中の移動です。

IMG_0856.jpg







移動中、Mercedes me に立ち寄ってみます。
Cクラスの廉価バージョンともいえるローレウス・エディション
これ最初から出してくれよ。マイナーチェンジ直前の特盛お買い得品ですがな。

IMG_0850.jpg







パテント・モーターカーのレプリカントの展示がありました^^

IMG_0851.jpg







マイナーチェンジされたSクラス(S400)も既に展示されておりました。
買えませんので当然見るだけです ( °Д°) へー!すんげぇなぁー!

IMG_0852.jpg







国内線から国際線方面に向かい、更に空港周辺施設へと向かいます。

IMG_0855.jpg







今年の秋から新たに稼働させる物流基地についても考えなければならない事もあって
中々大変なんですよ・・・。いろんな事を抱えていて・・・。

IMG_0854.jpg







国際線に戻って午後も仕事頑張りました・・・







翌日は公休日。この日は早くあがることにしました。
6時台の高速バスで帰宅の途へ・・・

IMG_0828.jpg







高速バスは羽田空港ターミナルを巡って各ターミナルから乗客をピックし、その後高速に乗り入れます。

IMG_0829.jpg







最近はバス内で舟を漕いでいる(居眠りしている)ことが多いオイラですが、この日は久し振りに
PV鑑賞しながらの帰宅となりました。








安室の「WANT ME, WANT ME」や

IMG_0844.jpg








今や懐かしのPCDの「Beep ft. will.i.am 」なんかを見ながら頭を空にする時間を確保します。

IMG_0847-01.jpg
IMG_0848-01.jpg

それにしても昔のNicole Scherzingerは良かったなぁ・・・







なんて事をぼんやり思って今回も無事にクルーを乗り切るのでありました・・・














                       ●

                       ●

                       ●

                       ●

                       ●















勤務クルー終了の翌日はお待ちかねの公休日。8月15日、この日はW205の初車検のため
園生町のYANASEさんに1号機を持ち込むことになっているのでありました。
中々オイラの休みと先方とのスケジュール調整が上手く行かず、かなりギリギリになってしまいました。

DSCF4721.jpg







お出掛けと同時に雨がぱらついてきました。

DSCF4722.jpg







国道16号線沿いに進み千葉北ICを過ぎて5・6分程走ると園生町のYANASEさんが
見えて来ます。進行方向と逆側からは中々右折出来ないのが頭の痛いところであります。

DSCF4723.jpg







展示場には8月31日まで期間限定の【SLC レッドアートエディション】が展示をされておりました。

DSCF4727.jpg







内外装レッドが確かに効いていましたね^^

DSCF4728.jpg







お盆の最中で営業マン・メカニックを含めたスタッフの方は最小限の人数で対応していました。
諸々の受付を済ませ車を預けて、代車の鍵を受け取ります。

DSCF4724.jpg







【GLE】や【Vクラス】ロングなんかを見学させて頂きました。

DSCF4725.jpg
DSCF4726.jpg







車検の代車はようやくのキープで【A180】・・・(;´Д`) 
せめて【CLA】か【GLA】くらい貸さんかいと心の内が顔に出ていたかもしれません(・・;)

DSCF4729.jpg







降りしきる雨の中、少々早めのランチへとステアリングを向けるのでありました・・・

DSCF4730.jpg







やってきたのは千葉ニュータウンにあるご存知の【焼肉 漫遊亭】。

DSCF4731.jpg







テーブル席から、注文した品が運ばれて来るまでの間、暫し窓の外を見つめて過ごします。

DSCF4733.jpg







定食のほかに、ホルモンやらロースなどを頼んで焼き焼きタイム。
最近は暑かったのでテーブルで火を使うところはあまり行かない様にしていたのですが、
この日は涼しい日となった為、久し振りに来店した次第であります^^;

DSCF4734.jpg







2ヶ月振り位の焼肉屋さんでありました。

DSCF4735.jpg







この後、千葉ニュータウンで買い物を済ませることにします。

DSCF4732.jpg







買い物を済ませると天気がこれ以上荒れる前に家へと戻ることにしました。

DSCF4736.jpg







秘密基地へと到着。

DSCF4737.jpg







車の出来上がりは19日の午後。生憎オイラは仕事のため、営業マンが車を
届けてくれるそうです。嫁が車庫へと案内。営業マンの方に車を入れ替えてもらう算段と
なっています。






事前にタイヤの摩耗状態や損傷状態はチェック済み。走行距離は未だ14,000キロ少々。
ところがバッテリーの経年交換をすすめられるも5万円以上とのこと。次回の1年点検の
時まで交換しない旨はしっかりと伝えておきましたが・・・







購入時に保証プラスやメンテナンスプラスに加入しておりますが、W205の初車検如何程
の費用が発生するのか。次回報告したいと思っています。







それでは次回まで(*^-^*)ノ~~ またね~!







See you next time. ꉂꉂ ( ˆᴗˆ )✌ 













メルセデス新車情報と気になる車たち

お盆休みも夏休みも正月休みもGWも一切ない不毛なオイラでは
ありますが、ここ最近気になる新車情報がチラホラ散見されます
ので、オイラが気になっている部分をご紹介したいと思います。
どうしょうもない話しでごめんなさい。







上海モーターショー2017 でその開発が明らかにされた Mercedes Benz の
Aクラスコンセプト(セダン)の存在。その衝撃は凄まじかった。







現在のW205(Cクラス)以前の愛車はW169(Aクラス)であった。その前は
W208(CLKクラス)と連続で Mercedes を3台乗り継いているが、何れも高級
モデルではなくいわゆる庶民派モデルの Mercedes を乗り継いでいる。







勿論高額な車種を購入出来る身丈ではないので、現状で目一杯の背伸びを
してこれらの愛車を乗り継いるのであるが、やはり Mercedes は新車保証が
終了すると途端にメンテナンス維持コストが跳ね上がるのが頭の痛いところ
なのである。







近頃発売されたGLCクーペやEクラスクーペといったモデルには到底手が届く
理由もないがやはり気になる存在ではある。それらのモデルも最初の車検を
迎える頃には値落ちも激しく、メルセデスケアが切れるこの時期にメンテナンス
コストもいきなり跳ね上がってしまうのは Mercedes の常とするところでもある。







車体の単体コストが低いモデルでも当然同じ轍を踏むのではあるが、後々のこと
を考えつつ嗜好が許容する範囲であればAクラスという選択肢も当然今後視野に
入れるモデルであると思われる。






現行の5ドアハッチバックスタイルを次期モデルも踏襲する様であるが、今回発表
されたセダンスタイルのAクラスコンセプトが新たにラインナップされる見通しに、
少なからず希望を見出す思いなのである。これから先細りするであろうオイラの
収入を考えれば当然の起結ともいえるのである。







先ずはこちらの動画にてその容姿を確認して頂きたい。







Aクラスセダンコンセプト①









Aクラスセダンコンセプト②









こちらがAクラスセダンコンセプトのオーバービューである。ワイドになったボディ。
今までにない縦方向に格子状となっているグリルと切れ長のヘッドライト。
特徴的な顔つきというか、印象的なヘッドライトである。実際市販ベースではここ
までの作り込みはないとは思われるが。飽くまでコンセプトモデルとの割り切りは
覚悟しておく必要はあるはずである(実際メルセデスとホンダはモーターショー
などで発表されるコンセプトモデルと発売される実車との乖離がかなり大きい)。

2017meru-04201.jpg







現行Aクラス(W176)のハッチバックスタイルに比べて伸びやかなスタイリング
であることがわかる。現行Aクラス特有のアタマデッカチ感は喪失している。
またエンジンフードのパワードームはEクラスクーペやAMGモデルを彷彿させる。

2017meru-04202.jpg







リアビューはCLAを思わせる洗練されたデザインである。
また現行メルセデスの特徴であるプレスによるサイドビューラインが消失して
おり、エッジ感は薄れ代わりにボリューム感を持たせたデザインとなっている。

2017meru-04203.jpg







またAクラスコンセプトの内装写真は入手出来なかったが、YouTubeにアップ
されている次期Aクラスの開発様子の動画からその内装の予想が可能だと
思われる。







次期Aクラスの内装の様子は  1分45秒辺りから









現行SクラスやEクラスと同様にデュアル液晶モニターとなり、エアコンのエア
アウトレットの形状はEクラスクーペと同様のシルバーシャドースタイルに、
エンジンスタートボタンもEクラスと同様の質感になると予想出来るのである。
次期Aクラスの内装に準じたAクラスセダンコンセプトは十分にあり得るのでは。







また Mercedes Benz の中では今、Bクラスに注目が集まっている。
現行 Mercedes Benz のクラスの中でSUV車が唯一存在していないクラスが
Bクラスであるが、GLA、GLC、GLE、GLS、Gに加え、新たにGLBが開発中で
あることが多くのメデイアによって明らかになっている。







GLBの動画はこちら









GLBは、ほぼほぼGLAのデザインを踏襲している。

2016m-glb002.jpg







GLAに比べて全長が明らかに長い。
3列シート7人掛けとも噂されるが、詳細は未だに不明である。

benz_glbmodel-01.jpg







ショートバージョン、ロングバージョンと二種類の車体が用意されるとも、
通常の車体の他、別デザインであるオフロードパッケージが用意される
とも、様々な情報が錯綜している様である。







またメルセデスの初となるピックアップトラックモデルのXクラスも気になる。







Xクラス トレイラー(ピックアップトラック)の動画はこちら。










メルセデスと技術提携をしている日産のピックアップトラック、ニッサンナバラ
のプラットフォームの供給を受けてのモデルとされている。ありきたりのSUV
車では物足りない向きにはパンチの効いたモデルとなるであろう。







なんとXクラスには3つのタイプの異なる外装のモデルが存在するとの
噂である。1つは【PROGRESSIVE】。そして【POWER】。残る1つは【PURE】。







Mercedes-Benz_X-Class_08-20161105093555.jpg

こちらのタイプが【PROGRESSIVE】。







但しピックアップトラックといってもメルセデス。安全装置や装備には抜かりは
ないし、それなりの内装になるだろう。車体に見合った高額な車であることは
容易に想像がつく。またコンセプトカーと実際の車体との乖離を予想すること
は今までを振り返ってみれば想像に難くないところである。

1207126.jpg

こちらのタイプが【POWER】。







Xクラスは、最大3.5トンを牽引し、1.1トンまでの積載運搬力を誇る。
パワートレインは全輪駆動(AWD)と後輪駆動の二種類をラインナップ。
エンジンは4気筒エンジンからV6エンジンまでが用意されるという。

Mercedes-Benz-X-Class-Pure-4-850x637.jpg

こちらのタイプが【PURE】。







ここ最近矢継ぎ早に発表される新車ラッシュに、モデルチェンジの加速感を
感じるし、一つ前のモデルとの進化を著しく感じる現在、あらためて長く付合
える車ということを考えずにはいられなくなってきている。
勿論現実の予算や維持コストの問題もあるし、理想や嗜好の方向性といった
問題もあるのだが。







そうは言っても実際に買えるものは理想や嗜好からは大きく乖離せざるを得ない
し、欲しいと思うものは己の手の届かない範疇のものであったりする。
そのギャップを自分の中で埋めていく作業がまた苦悩を生んでいくのである。







車好きは至る場面で理想と現実の狭間の苦しみを味わうことになるのである。
嗚呼、車を単なる足と割り切ることが出来たなら、人生に於いて余計な悩みや
苦しみを減らして、充実感を味わえるのに・・・・。







こうして車馬鹿はまた深い欲望の闇に落ちていくのである・・・







アーメン・・・







そんな車馬鹿に更なる追い打ちを掛けるニュースが駆け巡るのであった。







前々から気にしているニュース「Ferrari Dino の復活ニュース」である。
以前に紹介しているので詳細は省くが最新のイラストやレンダリングを
見かける度にときめいてしまうのである・・・・







嗚呼、馬鹿はやはり治らないのか・・・
憧れは永遠なのか・・・

Ferrari-new-Dino-1-1024x576.jpg







(⁰︻⁰) ☝も(⁰︻⁰) ☟もカエル的なフェイスではあるが実にいい。
物凄くカッコいいとは言い難いがそれでも(≧∇≦)bいい。
丸くて小さくてミッドシップ・・・

d8fbff8fa6c3a2481419ccd2b00cb093--fancy-cars-super-cars.jpg







更なる情報を今後も模索していくのであろう・・・アーメン・・・







そして国産で今一番気なっているのが NEW S2000 なのである。







ホンダ NEW S2000 は前々からの噂通り「ZSX」を新たな呼称として発売する
可能性が大きくなってきたと言われている。と言うのはホンダが2016年7月26日に
「ZSX」と言うネーミングを欧州連合知的財産庁(EUIPO)に商標登録したことが
明らかになり、モータージャーナリズムの間では2017年10月27日開催される東京
モーターショーの場でS2000の後継車「ZSX」が発表されるという話が流布される
に至っているからにほかならない。







モーターショーで発表される新型はシビックタイプRに搭載される2.0リッターVTEC
ターボエンジンをミッドシップ搭載し、更にフロントに左右独立駆動するモーターを
搭載するAWD駆動方式を採用しているといわれている。







既に特許取得済みといわれるS2000内装デザインスケッチからもミッドシップ
レイアウトであることは一目瞭然である。

babyNSX_170720_002.jpg
babyNSX_170720_003.jpg
babyNSX_170720_005.jpg







また上記の内装デザインに照らしても外装は下の様なデザインであっても
全く違和感を感じないし、寧ろ自然とこの様なオーバービューを予想してしまう。

zsx3_20160814154003807s.jpg
zsx5_20160814154006057s.jpg
zsx4_2016081415400573fs.jpg






こうなると正に和風スーパーカー。NSXが軽く2000万円超えの現状を鑑みれば
半額の1千万円近い価格を想定しまうのである。







うーん、馬鹿の抱える闇(病)はとてつもなく深い気がするのである・・・







どうするのか、俺・・・







どうにもならないのが答えであるが、悶絶は死ぬまで続くのであろうか・・・







誰か助けて・・・







無限地獄に吸い込まれて行く・・・







チーン (-ノ-)/Ω チーン 







合掌 (* ̄- ̄)人 i~  なーむー







See you next time. ꉂꉂ ( ˆᴗˆ )✌ 














日帰り弾丸ドライブ 後編 【秘境!寸又峡編】

単休公休日に「日帰り弾丸ドライブ」を成し遂げたオイラは、その翌日から
の勤務クルーは絶不調に見舞われて散々な思いをしました・・・







そのことに関して言い訳はしません・・・が、寄る年波には勝てないということ
だけは存分に味わいました(笑)







公休日を迎えて「日帰り弾丸ドライブ後編  【秘境!寸又峡編】」を更新する
ことにしました。







あのドライブの疲れから未だに解き放たれない状態でありますが、まだ記憶
が確かなうちに更新をしておきたいと思います。







雨あがりの翌日、空は実にユニークな様子。

IMG_0813.jpg








後編の更新記事を仕上げる前に先ずは恒例のランチへと出掛けることに
しました。







秘密基地から1号機をセレクト。

DSCF4651.jpg







向かった先はいつもの【回転すし伊太利亜’n】

DSCF4657.jpg







今日はアラカルトで適当に済ませることに・・・

DSCF4652.jpg







先ずはガッツリとあら汁をお椀によそります。
(赤い部分は金目のあらでございます^^)

DSCF4653.jpg







うーん・・・(^-^*)いいお味・・・








続いては好物の小ぶりの「コハダの握り」と「カツオの握り」を

DSCF4654.jpg







お次は「イカ三種の握り」と「さばきたて活きアジの握り」へ。

DSCF4655.jpg







更に「のど黒甘酢〆の炙りの握り」と「赤貝ひも軍艦」という具合に
おすすめネタを攻めるのでありました。

DSCF4656.jpg







食後は少々のお買い物へとお出掛け。
【COBRA】さんの前を通過します。

DSCF4658.jpg







こちらのホームセンター【 iite(イイテ) 】でお買い物。
巨大葦簾(よしず)を注文して後日届けて頂くことにしました^^

DSCF4659.jpg







その後、更に足を伸ばして千葉ニュータウンへと向かいます。

DSCF4660.jpg







1号機に燃料を補充し、その後今度は近所のGSまで戻り1号機の洗車
をしていただくことに・・・1号機は前回の「日帰り弾丸ドライブ」によって
飛翔物やら虫の死骸で見るも無残な状態でありました。







洗車があがった状態でも全然きれいになっていなくて異物が多数こびり
ついていました。洗車で除去しきれなかった虫の死骸や固まった体液
などを、洗車シートを使って擦り落とすハメに・・・







恐るべし遠出&秘境の魔力・・・







自宅に帰還後、デスクに向かい「日帰り弾丸ドライブ後編  【秘境!寸又峡編】
のブログ記事作成に取り掛かるのでありました・・・







今回は書き上げから更新までが当日に仕上がらず、丸一日以上かかってしまい、
翌日夕方のアップとなってしまいました(;´Д`)。これでも最速で頑張りました。
良かったら読んでみて下さいませ。














                       ●

                       ●

                       ●

                       ●

                       ●














こちらから「日帰り弾丸ドライブ 後編秘境!寸又峡編】」の内容となります。







          icon_003300_256.png







本編に入る前にBGMをポチッとな!(o'▽')σ ホレ!押してご覧!



「あの日のまま」  / Vocaland by Shidoh Hiroko







富士山静岡空港をあとにして、向かうは菊川市上倉沢千框(せんがまち)。
ナビに従い山道を走ります。道中の風景の殆どは茶畑かと思うほど、山の
斜面は茶畑でありました^^;







千葉県鴨川市の【大山千枚田】に触発され、新たな千枚田を模索してこちら
を知り、今回のドライブコースに組み込んだのでありました。







調べてみれば、静岡県には幾つかの棚田が残っていて、その内の2つが
貴重な存在の千枚田であるそうです。2つの千枚田のうちのその一つが
千框(せんがまち)の棚田なのでありました。
そしてもう一つの千枚田が西伊豆の松崎町の石部(いしぶ)にある
石部の棚田です。
西伊豆の石部の棚田は海を見下ろせるロケーションだということですが、
今回のドライブの目玉は秘境、魔境、絶叫と言われる「寸又峡」でありました
ので、ついでというか実に良い縁によって千框(せんがまち)の棚田へと
訪れることになったのであります。
石部の棚田はいづれ機会があったら訪れてみたいと思っています。







急速に失われつつある日本の原風景。そんな原風景の代表の様な棚田。
日本人として生まれたのだから見ておきたい、知っておきたいと思う様に
なったのでありました。
そんなことを振り返って1号機を走らせるのでありました。

DSCF4578.jpg







上倉沢千框の小さな公会堂の前に千框の棚田は残っておりました。

DSCF4588.jpg







嫁は日光アレルギーの他に、現在は膝と腰の塩梅が悪いので坂道は断念。
車の中でお留守番。オイラ一人で棚田を見学することになりました(´ε`;)

DSCF4579.jpg







稲は青々と天に向かって真っ直ぐに伸びていてまるで夏草のようです。

DSCF4580.jpg







ここまで来ると水田であることがはっきりと確認できますね。

DSCF4581.jpg







あまりの美しさに暫し呆然と立ちすくむほかなかったのであります・・・

DSCF4583.jpg







さらに坂を登って上から見渡そうと思います。

DSCF4584.jpg







戦国時代からあったとされる千框の棚田は今や三割にまで耕作地を減らし
すっかりと縮小してしまったようですが、NPO法人せんがまち棚田倶楽部など
によって棚田保全活動が行われているようです。

DSCF4586.jpg







昭和40年ころの千框の棚田の様子①

千框の棚田昭和の様子

写真は【棚田いこうよ.net 】さんのHPから勝手に拝借^^;サーセン







昭和40年ころの千框の棚田の様子②

about02.jpg

写真は【棚田いこうよ.net 】さんのHPから勝手に拝借^^;サーセン







昭和の千框の棚田の様子①

kurasawa1-01.jpg


写真は【国立東京農工大学農業経済学研究室】HPから勝手に拝借
サーセン^^;






昭和の千框の棚田の様子②

kurasawa2.jpg

写真は【国立東京農工大学農業経済学研究室】HPから勝手に拝借
サーセン^^;







どちらも勝手に無断使用申し訳ございません。千框の棚田の素晴らしさ
を伝えるために勝手に使用させていただいております^^;







現在の棚田の坂の頂上付近の道を降りていくと・・・

DSCF4587.jpg







この様な見晴らしになっておりました。

DSCF4585.jpg







【千框(せんがまち)の棚田】の光景を堪能すると、この日のドライブのメイン
といえる【寸又橋】を目指して1号機を再び走らせます。







【寸又峡】を目指して茶畑風景を進んで行きます^^

DSCF4589.jpg







道中、島田市川根町家山あたりで見かけた【マルイエしょうゆ 川根本家】。
偶然にも通りかかった知る人ぞ知る有名店でありました (´Д`;)

DSCF4590.jpg







対向車すれ違い不可な極狭な山道。ところどころの退避所が唯一の命綱。
カーブ鏡に運命を託してスピードを落とします。途中大型ダンプに遭遇するも
すぐ手前の待避所に逃れてギリセーフ ε〜( ̄、 ̄; A) 幾度となくのピンチ
を迎えるもナントカ凌ぐオイラたちなのでありました・・・!!!(ノll゚Д゚llヽ) 生きた心地がしないよ

DSCF4591.jpg







当面は国道473号線を大井川沿いに沿って山道を進む様です。

DSCF4592.jpg







国道473号線から静岡県道77号「川根寸又峡線」へと乗り入れます。
寸又峡・川根本町へと進んで行きます。

DSCF4593.jpg







たまにこんな広い道にも出たりしますが、基本狭い両側一車線の極狭
道路。油断大敵であります。

DSCF4594.jpg







県道77号を更に奥へ奥へと・・・

DSCF4595.jpg







大井川沿いに走る県道77号を暫く進むと大井川鐵道のバス「バーティー」
が停車しているではありませんか。すかさず1号機を停めて撮影。

DSCF4597.jpg







既に秋の気配が7月の山道にもこっそりと訪れているのかも。
燃え立つ夏の実りの時期の残滓がそう見せてしまうのかもしれません。

DSCF4596.jpg







停車した1号機から大井川の河川敷を覗き込むと偶然にもナイスな
タイミングで【機関車トーマス】が蒸気をあげてやってくるところを撮影
することに成功。一眼などではなく愛用のコンデジなので連写は不可
でしたが、なんとか撮影することが出来ました。

DSCF4598.jpg







大井川鐵道の機関車トーマスは本格的なSLで凄い迫力でした。
見せかけの蒸気機関車ではなくて本物でありました。 

DSCF4599.jpg







写真右下の手を振る子供に手を振って応えるのでありました^^

DSCF4600.jpg







<参考> YouTube から 大井川トーマス鐵道を走る機関車トーマス号









1号機を順調に走らせて行くと大井川鐵道の【下泉駅】前を通過。

DSCF4602.jpg







暫し、だだっ広い大井川の河川敷を見ながら先を進んで行きます。

DSCF4601.jpg







河原は広くどこまでも続く感じがします。
次回は金谷駅から千頭駅まで大井川鐵道で来ようかしらと思って
しまうオイラなのであった。SLでの観光もいいなぁ^^

DSCF4603.jpg







蛇行する大井川の上を何度か渡り、途中国道362号線に乗り入れましたが、
暫く走るとまた県道77号線へと戻されたり、こりゃナビがないとキツイよね(笑)

DSCF4604.jpg







桑野山トンネルを通って・・・

DSCF4605.jpg







【大井川75km地点】の看板を通り過ぎ・・・

DSCF4606.jpg







やがて【渡谷橋】を通過。
2橋梁構造で左右で上下線を分離する型となっていました。

DSCF4607.jpg







途中過酷な片側一車線になる直前は普通の道であるが車線規制がされ
片側づつ交互に車を通してくれる仕組みになっている(昼間だけだと思わ
れます)。

DSCF4608.jpg







ご覧の通り、メルセデスでは車線いっぱいで対向車とすれ違うことは不可。
( ((( ;゚д゚))))アワワワワ こえーよ!!

DSCF4609.jpg







【栗代橋】超えて【朝日トンネル】を通過すれば直ぐに【寸又峡橋】があり、

DSCF4610.jpg







【寸又峡橋】を超えて2Kmほど進んでいくと【寸又峡温泉地区】に出ます。

DSCF4612.jpg







【寸又峡温泉地区】の一番上まで進んでこちらに車を停めます。
この時ここでは駐車場代500円を支払いました(シーズン・時間帯・場所で
料金が変わる可能性があります)。

DSCF4613.jpg







ここから上は車両止めになっていて、車両進入禁止となっています。

DSCF4614.jpg







ここらでもう1曲 (o_^∀^)σ ポチッとな!


Sean Paul / Dream Girl Remix feat. lecca







この時点ですでに午後3時40分。
ここから先は徒歩での移動となりますので、先を急ぐことにします。
因みにここら辺は携帯もスマホも通じません。電波は届いておりません。







大井川上流や寸又川などの本支流は渓流釣り師にとっては大物釣り
が期待出来る有名な場所です。尺超えのアマゴやイワナなどを目指し
命懸けの沢わたりや沢登りを経て到達出来る魔境でもあります。
しかし土砂崩れや落石が当たり前の危険な場所であるため今まで多く
の釣り人が命を落としている場所でもあります。以前は渓流釣りが趣味
だった関係で【寸又峡】については多少知ることもあったのであります。







渓谷を覗いて眼下の【猿並橋】を見下ろします。この橋は今回は見るだけ。
【猿並橋】についてはこちらを参照下さい。マジに魔境!秘境!です(;´Д`)
野生の気配と香りが強いこの地域の凄さがおわかりいただけるはず。
野猿やカモシカのみならず、熊(´(ェ)`)も出没するエリア (´Д`;)

DSCF4615.jpg







この先にある【夢の吊り橋】がこの日の最終目的地。1.4Kmほど歩いて進みます。
こちらの橋はれっきとした人間用なので幾分安心出来ます^^;







天子トンネルを通って【夢の吊り橋】を目指します。

DSCF4616.jpg






あまりいい感じはしないトンネルでしたね・・・

DSCF4617.jpg







川のある渓谷側と反対の山側は落石跡も凄まじくまさに秘境中の秘境感
がハンパないっす。野性が強いとはいえ、洗練された都会人のボクには
理解出来ない世界であります((((;゚Д゚))))←考え違い or 思い込み?
あっ!ここで【夢の吊り橋】までの簡単なアクセスを教えてくれるWebを紹介
しておきます。こちらを参照して下さいね。
またこちらも参考になると思います。 ⇒ 奥大井観光ガイド






膝と腰に痛みを抱える嫁はこれを見て断念。
もと来た道を戻って1号機のところで待つことにしてもらいました。
嫁とはここでお別れです。我いざ行かん。

DSCF4618.jpg







細い道を渓谷沿いに降りて行きます。

DSCF4619.jpg







水面はエメラルドグリーンでバスクリン的な色合いですが
なんとも美しい景色であります。

DSCF4620.jpg







実はこの風景【夢の吊り橋】を渡るために待っている列に並んでいる
光景なのであります。

DSCF4621.jpg







この時点ですでに1時間弱待っている状態で前方にまだ150人ほどが
列んでいてます。ここは一方通行で戻ることは出来ません。よって橋
を渡り切る他ないわけです(@^▽^@)ハハハ既に後ろは身動きが
取れなくなっていますし・・・(≧∇≦)もう笑うしかない

DSCF4622-2.jpg

前方の様子(これでもかなり前の列は短くなっていますが^^;)







そこから更に30分後、前方に【夢の吊り橋】が見えてきました。

DSCF4623.jpg







あらためて後ろを振り返ると列はこんな状態に(;´Д`)
後ろの人たち真っ暗な中を渡るんでしょうか?
ここに電灯や照明なんてものありませんよ Σ(゚д゚lll) 知~らない・・・

DSCF4624.jpg







並び始めておおよそ100分が経過。
既に薄暗くなって来た頃、ようやく渡れそうな気配に。
Σ !! メッチャ揺れているじゃないですか~!

DSCF4625_20170720175830185.jpg






思えばここまで東名の大渋滞に耐え、アマゾンの奥地の様な未開な道にも
耐え、今またここに長い行列に耐えて、ようやくの【夢の吊り橋】が ゚(゚´Д`゚)゚

DSCF4626.jpg






一度に10人を超えて渡れない上、橋の上で長居する馬鹿どものせいで、待ちに
待たされたこの瞬間・・・いよいよ・・・

DSCF4627.jpg







Σ (;゚Д゚)! えっ! やだ、ナニコレ・・・思った以上にデンジャラスなんだけど・・・
渡る幅板、これしかないの・・・(・・;) おまけにウッディな素材なのね・・・

DSCF4628.jpg







吊り橋を1/3ほど進んでシャッター切ってみた。めちゃ揺れます・・・
ピントがズレてるがな・・・(;´Д`)

DSCF4629.jpg







橋の中央近くまで渡り、前方を撮影・・・
今度は取敢えずピントはあったかしらね・・・

DSCF4630.jpg







そのまま振り返って後ろを撮影。真後ろにいた奴、ビビって進んでない?
Σって!いやっ!おまっ、写真撮り過ぎだろう!!ヽ(`Д´)ノ
後ろに列んでいる奴らのこと考えんかい、と何故か腹ただしく思うのでありました。
ごめんね。人間が出来てないんです・・・。

DSCF4631.jpg







足元はこんな感じです。

DSCF4632.jpg






やっと渡り切りました。それにしても後ろのやつめ・・・
まだ記念撮影&自撮りしてるがな・・・┐(´д`)┌

DSCF4633.jpg






【夢の吊り橋】を渡り切ると【木こり橋】という小さな吊り橋があります。
【木こり橋】を渡ると長い階段道が待ち受けています。【くろう坂】とか
【えっちら階段】とか腹ただしいネーミングついているのも愛嬌なのか?

DSCF4634.jpg






【くろう坂】からちょっと前に渡った【夢の吊り橋】が見下ろせました。

DSCF4635.jpg







【飛龍橋】を渡って【寸又峡温泉地区】へと戻ります。

DSCF4636.jpg







嫁と1号機の待つ場所に戻ったのは6時半近くのことでありました。
嫁は2時間以上待たされ憔悴しきった様子。心配かけてごめんなさい。
オイラが崖下に落ちたんじゃないかと心配しまくってパニクッてました。
どこも寄り道はしてませんがまさかの行列にはまりました m( _ _ )m






休憩所でお茶を買うと急いで車に乗ります。来た道は大変でした。
真っ暗になる前に少しでも里に近づきたいと思いますので・・・(;´Д`)







朝日トンネルを経て、

DSCF4637.jpg







【渡谷橋】を通過・・・

DSCF4638.jpg






ナビは国道362号線をメインに帰りの案内をアナウンス。
行きとだいぶ帰り道が違うけど・・・不安だ・・・

DSCF4640.jpg







案の定、何度も「周囲の状況によりルートが変更されました」のアナウンス
が繰り返され、真っ暗な細い山道を長時間運転することになりました (´Д`;)







ようやく午後8時前には新東名の島田金谷IC乗り入れることが出来ました。







高速本線のそこかしこに「鹿 出没 走行注意」の看板が・・・

DSCF4641.jpg







千葉県に向けて帰路を急ぎます。

DSCF4642.jpg







途中、新東名の【NEOPASA駿河湾沼津上りSA】にて夕食をとることに
しました。

DSCF4643.jpg







フードコート内の【麺処 駿河庵】で晩飯を済ませていくことにしました。

DSCF4646.jpg







オイラは「富士山麓沼津ぶっかけうどん」を。
嫁は「富士山麓沼津ぶっかけそば」を、それぞれに注文。

DSCF4647.jpg







釜揚げシラスに桜えびに黒ハン。沼津を代表するものがトッピングされた
うどんに満足。

DSCF4644.jpg







嫁も同じものをそばで味わっておりました^^

DSCF4645.jpg







SA内のコンビニで【タリーズ】の【無糖カフェラテ】のホットを買い求めました。
暖かい飲み物は落ち着きますね。

DSCF4649.jpg







SA内の給油所で燃料を補給して行きます。

DSCF4650.jpg







この後、ノン休憩で東名から首都高、湾岸、東関道を経て午後11時30分には
自宅へ到着。







長い長い運転でした。渋滞や行列、それに想像を絶する秘境ぷっり・・・
これほど疲れたドライブは久しぶりでした。







この翌日には3時に起床して仕事へと赴くのでありました・・・







オイラも弱くなりました。年をとったと感じる今日この頃であります。







今回の「日帰り弾丸ドライブ 【秘境!寸又峡編】」 はこれにておしまい。







それではまた、See you next time. ꉂꉂ ( ˆᴗˆ )✌ 
















日帰り弾丸ドライブ 前編 【富士山静岡空港編】

毎朝午前3時に起きる生活を送る様になって、早十数年が経つ。







今ではこれがすっかりと生活のリズムとなってしまっている。
まぁ、もっとも成田勤務の時から早起きではあった。それでも
当時は午前3時半起きではあった(漁師さん並みですかね)。







羽田空港国際線ターミナルのオープン準備の頃から現在に至る
まで、毎朝電車と高速バスを乗り継いで羽田空港まで通勤している。
以前の成田の自動車通勤に比べれば、身体は幾らか楽ではある。
眠さに耐えて長い距離の運転を往復しないで済むからに他ならない。

IMG_0719.jpg







以前は一日の多くを国際線ターミナル内で過ごすことが多かったが、
ここ1・2年については国内線ターミナルにも業務の都合上頻繁に訪れる
様になった。

IMG_0802.jpg







日々の繁忙の中で、かつての海運関係や通関業務を懐かしむこともしばしば。
第2ターミナルから見渡せる滑走路と飛行機と東京湾の眺望のなせる悪戯の
せいか、この眺めはふとオイラにそんな仕打ちを仕掛けて来るのである・・・。

IMG_0804.jpg







業務の合間を縫って関係各所の歓送迎会や飲み会にも参加せねばならない
ことが多い現在、仕事帰りに独りで飲み屋に立ち寄る楽しみは失くなってしま
って久しい。独り酒場はオイラにとっての息抜きの場所であったが、今はその
余裕と楽しみさえも失ってしまった・・・。

IMG_0717.jpg







時間をやり繰りして公休日の日に成田空港に出掛けなければならないことも
あり、ここのところ心から安らげる時間が少ないと感じている。そうは言っても、
ブログの更新回数もここ数ヶ月よりはマシになった気がしている。どうにか書く
のだけで精一杯な状態ではあるが、もっと時間が取れればと思う今日この頃
なのであります。

IMG_0766.jpg












                       ●

                       ●

                       ●

                       ●

                       ●














そんな公休日に、またしても成田地区に所用で出掛けることになりました。
せっかくの連休が・・・ (※´Д` ※)

DSCF4686.jpg







2号機をセレクトしてオープンスタイルにしました^^

DSCF4687.jpg







準備も出来ていざ出発です。流石にこの日は早朝からとはせずに
ゆっくりと過ごしてからの出発。

DSCF4688.jpg







7月29日(土)せっかくの公休日もまたしても潰れてしまいました。
(꒪⌓꒪) なんで・・・なの?

DSCF4690.jpg







晴れとはいえないまでも、雲の隙間から青空がチラッと見えたりする
曇り空。真夏のオープン走行には案外といいのかも・・・

DSCF4693.jpg







そんな事を考えて先を急ぎます。
なんていったって一応はお休みなのですから・・・

DSCF4692.jpg







とっとと用件を済ませて疲れをとりたいものです(;´Д`)

DSCF4694.jpg







成田高速鉄道アクセスの高架橋に並走して先を急ぐのでありました・・・

DSCF4695.jpg







最初に訪れた弊社の関係施設で40分ほどを過ごします。
関係施設の写真はお出しできませんので適当にイメージしてね。

DSCF4696.jpg







用件を済ませると次の施設へと向かいます。

DSCF4697.jpg







貨物地区を抜けて芝山方面へと向かいます。

DSCF4701.jpg







次の施設へと到着。
関係施設の写真はお出しできませんので適当にイメージしてね。







ここで関係各部署に顔を出して要件を片付けていきます。








到着から1時間程を過ごして駐車場へと向かうと・・・







Σ( ꒪□꒪)!!やってもーた・・・(´Д`;) アカン奴やで・・・これは・・・(゚д゚lll)
オープンのまま・・・幌を開けたままの状態で、突然のゲリラ豪雨・・・
尚、降り出してから30~40分程が経過してた模様・・・orz

DSCF4702.jpg







使用後のシャワールームの様にびしょびしょです・・・(;´Д`)
オープンカーということで一応の防滴処理はされているのですが、
マットはベチョベチョ、凹みのある部分やシフトのレザーブーツ
といった場所には水がなみなみと溜まっておりました・・・(◞‸ლ)







急いで幌をすると外気取入れに切り替えてエアコンをMAXで稼働。
室内の乾燥に努めなければ. (;゚д゚;)。o○アワワ・・・







せめてもの救いだったのは、スエード調の本皮シートに保護用の
シートカバーを掛けてあったこと・・・(・ω・`;)
これ、やっておいて良かった・・・

DSCF4703.jpg








収納スペースを全くと言っていいほど持たないS660にタオルなど積んでいる
ワケもなく、2号機はオイラごとびしょびしょで帰るハメに・・・トホホ・・・
こんな天気になっているなんて、建物の中では全く気付かなかったので
ありました・・・ (**´ >ω<)゙;`;:゙;ヘッキッシー!

DSCF4704.jpg







とっくにお昼も過ぎていたのでお昼を食べて帰ることにしました。
成田といえば、そう、うなぎです。ということでいつもの【うなぎ 新川】さん
へと立ち寄ることにしました。

DSCF4705.jpg







ところが土曜日で昼過ぎということもありかなりの混雑ぶり。
お店の中に10人程が待っていて、更に店の外にも溢れた人たちが・・・
ここで迷うもせっかくの成田・・・やはり【うなぎ 新川】さんで鰻重が
食べたい・・・待つことにしました。

DSCF4706.jpg







1時40分やっとの着席・・・
ここから更に30分待つことに・・・

DSCF4707.jpg







濡れた服装でしかも一人、空腹に耐えて店で待つのも中々辛いものが・・・







そうこうしているうちに、キタ━(゚∀゚)━ !
待ってました^^

DSCF4708.jpg







ようやくの食事にありつくことが出来たのでありました・・・

DSCF4709.jpg







公休日を潰してまで散々な目にあうオイラなのであった・・・
なんてついてないんだ・・・( ꒪﹃ ꒪) ||| |

DSCF4710.jpg







こうして午後4時過ぎにようやく自宅へと戻ったオイラなのであった。

DSCF4711.jpg







連休で良かった。これ単休だったら死んでますよ。マジで・・・。







前置きが長くなりましたが前回単休公休日にお出かけした
「日帰り弾丸ドライブ前編 【富士山静岡空港編】」これよりスタートです。














                       ●

                       ●

                       ●

                       ●

                       ●













前回に続きまたしても単休でありましたが、せっかくの公休日。
心の安らぎを求めてドライブに出掛けることにしたのでありました。







訪れた公休日。この日は晴天でありました。
早朝の5時を少しまわった頃には出発準備は完了。

DSCF4530.jpg







ナビに行き先を入力して出発。
Let's Go ~ !

DSCF4531.jpg







それじゃいつも通りドライブミュージックスタート (*´・д・)σ ポチッとな。



MIND OPENER / CIMBA feat. lecca







千葉北ICから東関道に乗り入れるも、今回も怪しげな雲に不安を抱く。

DSCF4532.jpg







30分も走ると雲のない青空が再び広がった。

DSCF4533.jpg







今回目指すは静岡県の中部地区。
台場線に乗り入れて用賀ICから東名高速にエントリーするコース。

DSCF4534.jpg






順調に東名高速へと向かう。

DSCF4535.jpg







用賀ICから東名高速にノン渋滞で乗り入れるもそこからは延々の渋滞が
待ち受けているのであった (;´д`) 
用賀ICから東名高速に乗り入れ、はや30分以上(・・;) 
「またしても天は我を見放したか・・・」
やがて自然の摂理、尿意が訪れるのでありました・・・

DSCF4536.jpg







どないもなりしまへん・・・(´Д`;)
只管にトイレを我慢するオイラなのであった・・・
膀胱が・・・(*´д`*)ハァハァ Oh! マイガー・・・

DSCF4537.jpg






港北SAも混雑していてSAへの出入りも難儀している様子。
海老名SAまで更に我慢することを選択したのでありました・・・
( 〇□〇)ハァハァ.・・・_(´ཀ`  ウッ!・・・( 〇□〇)ハァハァ.・・・_(´ཀ`  ウッ!・・・
無限ループの苦しみに必死に耐えるしかありませんでした(╥_╥);シクシク
( 〇□〇)ハァハァ.・・・_(´ཀ`  ウッ!・・・( 〇□〇)ハァハァ.・・・_(´ཀ`  ウッ!・・・

DSCF4538.jpg







渋滞は大和トンネルを過ぎたあとも続いているのでありました(╥_╥);シクシク
( 〇□〇)ハァハァ.・・・_(´ཀ`  ウッ!・・・( 〇□〇)ハァハァ.・・・_(´ཀ`  ウッ!・・・







1時間後・・・海老名SAに到着。
急いでトイレに向かうも下半身がジンジン痺れて早歩きも出来ません(´ε`;)
そろりそろりと歩いてようやくの放出・・・膀胱メチャ痛かったっス・・・







海老名SA(下り)で朝食を食べて行くことにしました。朝からガッツリと攻めますよ。
こちらの屋台【食いしん坊将軍】で肉串を購入。

DSCF4541.jpg







厚切り豚タン塩串500円と、

DSCF4539.jpg







牛ロース串520円。

DSCF4540.jpg







どちらもかなりのボリューム(´Д`;)ですが、既に消耗した体力の回復を願って
嫁とシェアしていただきました -人- 殆どはオイラが食べましたけどね^^ゴチソウーサマ







海老名SAを通過すると渋滞は解消。

DSCF4542.jpg







富士山を眺めつつ快調に遅れを取り戻そうと先を急ぎます。

DSCF4544.jpg







右ルートを選択して先を進むも新たな渋滞情報が・・・
御殿場JCで事故渋滞発生。9Kmの渋滞で通過に90分とあります・・・
マジか・・・Σ(@゚Д゚)-。。嘘でしょ?

DSCF4545.jpg







順調な走行は間も無く終了。再びの渋滞地獄が始まりました(´Д`;)

DSCF4546.jpg







富士山を横目に渋滞を耐え忍びます。この渋滞に堪り兼ね途中幾度も
行き先を変更しようかと迷いましたが、今回のドライブの行き先は一度
諦めてしまったら二度と行こうと思える場所ではなかったので、どんなに
困難であっても成し遂げようと思い、初心貫徹で行くことにしました。

DSCF4547.jpg







最初の渋滞で到着予定の大幅な遅延時間の9時58分をナビが示した時点
でも心が折れたのですが、更に御殿場JCでの渋滞により、最初の目的地
到着時間の表示が11時54分と更にずれ込み、完全に今回のドライブは失敗
だったと沈み込むオイラ (-_-|||)・・・ハァ~ァ・・・

DSCF4548.jpg







いつも諦めそうになったときに諦めずにやり通した時なんとかなったじゃない
かと、もう一人の自分が諦めかけている自分に語りかけてくるんですよね・・・







よーし、どうせなら駄目もとでやってみよう。失敗だったらまたそんとき考えよう。
取敢えずは決行しよう。そう思うのでありました・・・。







何度も挫けそうになるも渋滞を乗り越えて再びのSA休憩。実際ここの渋滞を
抜けるのに90分どころか120分超でありました・・・(›´ω`‹ ) ゲンナリ
駒門SAでトイレ休憩&お茶購入で気合いを再注入。エネルギー充填を図る
のでありました・・・ラブ(*・ω・pq)チュウニュッ♪古っ!

DSCF4550.jpg







渋滞を抜けた今、決意も新たに先を急ぐのでありました。

DSCF4549.jpg







もう一曲いっとく? ю┐ ̄ε ̄) ポチットナ



lecca / TSUBOMI feat.九州男







やがて由比蒲原地区に差し掛かり東名も海岸線沿いの走行になりました。
この区間は海も間近でテンション上がるなぁ・・・v(○⌒∇⌒○) (o ̄∇ ̄o)v

DSCF4551.jpg







相良牧之原ICを目指して駆け抜けます。

DSCF4552.jpg







最初の目的地まではもう少しです。

DSCF4555.jpg







相良牧之原ICで下車して目指すは【富士山静岡空港】。

DSCF4556.jpg







【富士山静岡空港】入口を通過。

DSCF4557.jpg






【富士山静岡空港】に隣接した【フジドリームエアラインズ(FDA)】の社屋。

DSCF4576.jpg







午前11時40分【富士山静岡空港】に到着です。
実に午前5時過ぎに出発して11時40分の到着。
ここまで6時間以上を費やしてしまいました。

DSCF4559.jpg

無料駐車場に1号機を停めてターミナルの見学と昼食をとることに
しました。本来であれば(あれほどの渋滞がなければ)、静岡市丸子
の【元祖 丁子屋】さんでとろろ飯と行きたかったのですが・・・
それはまたの機会に譲ることにしました。







富士山静岡空港のターミナルは改装工事中でありました^^;

DSCF4560.jpg







日本の国旗と静岡県旗が風に翻っていましたが写真は失敗^^;

DSCF4561.jpg







静岡県の旗はこちらになります。

Flag_of_Shizuoka_Prefecture_svg.png







ターミナルロビーのホールになります。

DSCF4573.jpg







こちら就航している全日空便のカウンター。

DSCF4574.jpg







国内線(左)と国際線(右)の出発口。

DSCF4562.jpg






そのほか、JALやFDA、AIR SEOUL、中国東方航空、北京首都航空、中華航空
などが就航しています。
詳細については【富士山静岡空港】公式HPをご参照下さい。

DSCF4563.jpg







先ずは昼食をとることにします。こちらフードコート【沼津魚がし鮨】。

DSCF4564.jpg







侮るなかれ。フードコート内店舗といえどもお味は本格的。







但し、【近海握りセット】一人前のお値段は税抜き価格¥1,700.-とお高め
の空港設定価格。空港はテナント料が高いからなぁ^^;

DSCF4565.jpg







お味の方は満足でありました^^

DSCF4566.jpg







食後はサッとターミナルの見学^^
カフェを覗いて・・・

DSCF4572.jpg







グッズの物販店を覗いて・・・

DSCF4567.jpg







フジドリームエアラインズ(FDA)のプレーンクラフトのモデルを見て・・・

DSCF4568.jpg







展望デッキから、ボーディングブリッジに接続した【AIR SEOUL】機を
見下ろして・・・

DSCF4569.jpg







沖停めされたセスナ機を眺めて・・・

DSCF4570.jpg







ターミナルの雰囲気と施設を、興味を持ってしかっりと見学させていただきました。

DSCF4571.jpg







余裕のない日帰り弾丸ドライブ。翌日は仕事であります。
最終目的地は「秘境」と呼ばれる場所。まだまだ時間は掛かります。

DSCF4575.jpg







【日帰り弾丸ドライブ】このあとは、菊川市にある千框(せんがまち)の棚田を見学。
その後は大井川の上流に向けて進み、静岡県最強の秘境【寸又峡】まで行く予定。
静岡の名物風景「茶畑」を横目に次の目的地へと向かうのでありました。

DSCF4577.jpg







次回、「日帰り弾丸ドライブ 後編 【秘境!寸又峡編】」へと続く。







次回後編の更新までお時間がかかるかもしれませんが、その場合には
何卒ご容赦下さいませ。極力更新急ぐことに致します。







それではまた次回お会いしましょう。







See you next time. ꉂꉂ ( ˆᴗˆ )✌












« 新しい記事へ  | HOME |  古い記事へ »

文字サイズの変更

プロフィール

きいちゃん

Author:きいちゃん
休日の外食の多くはラーメンと寿司
を食い歩く。
車好きではあるが、走り屋にあらず、
洗車嫌い、カスタムにも興味がなく、
デコもしない。ニッチな独自の
世界に耽る傾向にあり。現在の愛車は
相棒号1号機のMersedes-Benz C
クラスと2号機のHONDA S660。
貿易・通関士・国際複合輸送、海事代理士・
港湾・国際空港ターミナル・免税売店・
ブランドブティックがキーワード。
現在は羽田空港国際線ターミナルと
千葉県にて生息が確認されている。
美味しい料理と美しい車が好物。
ハードボイルドな一面とギャグ漫画の
要素を併せ持つ、見た目は中年、頭脳
は子供、その名は「きいちゃん!」

※写真はターミネーターでもキャシャーンでも
 ありません。本人です。 

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (34)
W205 (23)
Mercedes-Benz (7)
グルメ (56)
過去帳 (6)
ブランド (3)
道中記 (49)
ミュージック (7)
羽田空港 (18)
成田空港 (1)
Kiichi's Domination (10)
S660 (12)
オイラの独り言 (11)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

FC2Ad

Template by たけやん