Kiichi's Cafe 別冊  愛車達とともに・・・  メルセデスの風  

徒然なる Mercedes Benz W205記 

【Cクーペ試乗しました】の巻き

先だっての「【由比の桜海老】&【三島のスカイウオーク】の旅の巻き」の道中記
の中で、ナビが突然フリーズするハプニングが発生したのはご紹介の通りです。
今回はYANASEに1号機を持ち込んでの診断と対策をお願いすることにしました。







1号機にて国道16号線沿線沿いにあるYANASE 園生町店まで向かいます。

DSCF3031.jpg







こちらがお世話になっている園生町のYANASEさん。
千葉県ではかなり規模の大きなお店の一つと思われます。

DSCF3032.jpg







不具合の状況を説明して、その時に撮った写真を参考に見て頂きました。
解析の間、展示場で暫し待つことになりました。







アイスカフェラテをいただきながら営業マンの方と暫しの間、世間話。

DSCF3060.jpg







お菓子なんかも付いて来たりして^^

DSCF3061.jpg







その後、展示されている最新モデルを見てまわって診断を待ちます。







SL 63 AMG 間近で見ると凄い迫力です。お値段も当然軽く2,000万円越え。
 
DSCF3041.jpg







写真では何故か真紅の内装に見えますが実は意外と地味なエンジ色。
バーガンディ・カラーのレザー張りなのです。写真の赤と実物の赤は随分と
異なって見えるから不思議なものですね^^

DSCF3042.jpg







ツーシーターの割には巨大で長い車体は取り回しに苦労しそうですが、
無駄な心配、要らぬ考えであることは百も重々承知之助でありんす。

DSCF3043.jpg







ダッシュのIWCの時計とカーボンとレザー張りの内装がやはり目を引きます。

DSCF3044.jpg







こちらは近頃発売となったSLC。
SLKからSLCと改名され、新たにCクラスに編入。ボディーもかなりワイドに
なりました。詰まった感じのSLといったところでしょうか。

DSCF3033.jpg







内装もSLのスケールダウン版といったところか。素敵な内装ですが、SLと
比べてしまうとどうしても豪華さに欠けてしまいますが、そこはプライスの違い。

DSCF3034.jpg







シートも着座してみると流石に良い出来です。SL 63 AMG は着座及び
触れる事は出来ませんでしたが、どれだけ豪華なのでしょうか?
以前AMG GTS に着座して存分に触れた時と同等以上の感動はあるのか、
気になるところではありますね^^

DSCF3035.jpg







やはり先代SLKよりも数段洗練された内装となりましたね。

DSCF3036.jpg







こちらは既にオイラのブログでも数度登場しているCクラスクーペ。

DSCF3039.jpg







サイドビューは流石にカッコイイ。歴代Cクーペのみならず、Mercedes史上
屈指のスタイル。Sクラスクーペのまさにダウンサイジング版といえる美観です。

DSCF3038.jpg







内装はCクラスとほぼ同じ形状とデザインを踏襲するも、やはり内装はセダン
に軍配があがりますね。

DSCF3040.jpg








そしてリアのスタイルは本当に美しい。このスタイルに惚れ込む奴らは多い筈。

DSCF3037.jpg







1時間程そうこうしていると、サービスの方からナビ不具合についての説明が
ありました。解析の結果、ハードディスクに異常は見当たない。また積載されて
いるコンピューターにも故障の記録がない。考えられることとしてはソフトの異常
や不具合が考えられるので、ソフトの再インストールの実施を検討したいとのこと。







オイラは当然対策をお願いすることにした。ソフトの再インストールには2時間程
時間がかかるということなので、2時間程代車をお借りして不具合対策をお願い
している間、食事&ドライブという名の試乗へとお出掛けすることにしたのです。







お借りした代車はこちらの試乗車にもなっているCクラスクーペ。
それではランチにレッツラゴー!!このカットだとCクラスセダンと
の区別が不可能ですね^^;

DSCF3059.jpg







実に乗りやすい。操作系はまんまCクラスなので当たり前なのですが・・・
実に安心して落ち着いて乗っていられるクーペであります。







向かった先は千葉ニュータウンにある【麺 やまだ】さん。
印西まで若干の遠出。折角の代車ですから試乗の様に楽しみたいですね。
Cクラスクーペの乗り味は極めてフラット。抜群の操縦安定性はやはり
Mercedesならではの味付けです。
鮮やかなブリリアントブルーのクーペは本当にカッコイイですね^^

DSCF3045.jpg







スタイリッシュなクーペに嫁もテンション上がっています^^;
「S660売ってこれにしようか」と能天気な嫁。いくらの追加になると思ってんじゃ!

DSCF3046.jpg







【麺 やまだ】さんは、こちらも数度登場しているラーメン屋さん。
お忘れの方はを参照。
店の中は順番待ちの方で溢れてます^^;

DSCF3047.jpg







こちらのお店も1ヶ月ぶり位ですね。
実は外にもお客さんが溢れていました。

DSCF3049.jpg







オイラも嫁も濃厚中華そばをオーダー。オイラは大盛りプラスメンマを
トッピング。嫁はメンマのトッピングにてオーダー。食券を先に買って名前を
書いて順番待です。土曜・日曜の外食の混雑については諦めていますので
このまま待機。30分後にようやく着席出来ました。

DSCF3048.jpg







濃厚中華そば大盛りプラスメンマのトッピング盛り登場です。
こちら魚介の旨みと香りが濃厚でとても美味しいのです^^
上の白いのは生の刻みタマネギ。千葉のご当地ラーメンである竹岡式や
勝浦タンタンメンなどでも生の刻み玉ねぎが特徴ですよね^^

DSCF3050.jpg







途中まで食べ進むと追加の和風出汁をいただいてすべて投入。
2種類の味を楽しむ2度美味しいラーメンを堪能致しました。

DSCF3051.jpg







食事終了後は千葉ニュータウンにあるショッピングモールまで移動し、
Cクーペのパシャパシャタイムを設けました。園生町からここまでの移動
時間と食事時間を合わせて既に1時間20分が経過。これ以上の遠出は
時間的に厳しいことからここで少し写真を撮ったら園生町に向かわなけれ
ばなりません。

DSCF3053.jpg







Mersedesの歴代クーペではやはり現行Sクーペと並んで最もカッコイイクーペ
だと思います。以前のオイラの愛車W208もそれなりにいけてましたけどね^^

DSCF3054.jpg







なんていったってこの後ろ姿が堪りません。思わず追い越して何気なく顔を確認
したくなる男の本能をくすぐる容姿をしています。

DSCF3055.jpg







アメリカなどでは車はHerなどの女性をあらわす人称で例えられることもありますし、
フランス語では女性名詞でもあります。オイラのかつての愛車たちもゲルマン系の
女性の名前を付けておりました(すんません馬鹿で・・・)。要するに車は男にとって
のパートナーでもあるわけです。だから男は平気で車に恋をするわけです。擬人化
の最も最たるものが車と船なんですよね^^



昔の船乗りは女性を船には載せませんでした。なぜならば船がヤキモチを焼くから
なんですね^^航海の安全には船の機嫌を損ねてはなりませんので・・・。



昔、硬派な車乗りも愛するスポーツカーにだけは女性を乗せないという馬鹿な話が
あったのも事実。車がヤキモチを焼いていう事をきかなくなると広く信じられていま
したから・・・(いつの時代かって、実は20年位前までは結構いたんですよ)。



今の人たちには理解できない感覚だと思いますが、オイラの様なピカレスクロマン
信望者がまだイッパイいた時代のお話なんですけどね(でもオイラはちょっと違って
いてそんな考えはなく、ただ女性としての擬人化はどこかでしていた程度です)。



最早そんな時代ではありませんが、たまにそんな化石の様な人に出会うと「出た
変態」と興味が沸くのも事実なんです。人間なんて特徴のない多数派の人よりも
特徴のある少数派の方が味があったりしますでしょ(全てに於いてではありません
よ。念の為。無論、個性の範囲ですし、世間の迷惑になるのは論外ですからね)!



車も人もそんな見方で接するとまた視野が広がり、新たな発見や刺激に繋がる
かも知れませんので・・・。

DSCF3056.jpg







気付いたのがこちら。W205セダンなどではフロントガラスの片隅にカール・ベンツ
のサインが添えられているんですが、クーペではメルセデスのサインが添えられて
いますね^^

DSCF3057.jpg







最近のメルセデスはモデルにより、ゴットリープ・ダイムラー、カール・ベンツ、
メルセデスの本人直筆サインをフロントガラスに転写印刷しています。これが
オシャレに見えたりもしますが、車好きでないと理解出来ない部分でもあります。


ご存じの通り、ゴットリープ・ダイムラーとカール・ベンツは、世界で始めて内燃機関
(ガソリンエンジン)を動力とする自動車を作り出してメルセデス・ベンツの基盤を築
いた人物の名前ですよね。フロントガラスの片隅に添えられたこれらのサインに
メーカーは何を託しているのでしょうか。そんなことを考えてしまうオイラってやっぱり
ロマンチストなんでしょうか(誰も言わないですけどね)。







そうこうしている内にプログラムの書き換えが終了する時間となりました。
園生町のYANASEさんまで戻ることにしました。まあ、長めの試乗と思えば
得した気にもなりますね^^あっという間の2時間でした。名残り惜しいですが
Cクーペともお別れです。

DSCF3058.jpg







ナビのプログラムの再インストールを済ませた我々はナビが問題なく作動する
ことを確認、その日はそのまま秘密基地へと帰還することにしました。







また次の日から仕事です。今度の公休日にはS660でお出掛けするつもりです。












                       ●

                       ●

                       ●

                       ●

                       ●












日々ストレスを抱えて仕事へと赴くオイラですが、高速リムジンバスの窓越しに
目をやると黄色いピッキーなアイツが見えています。これを見ると気分がアガる
のは事実。マフラーとホイールは変更。無限のカーボン製リアスポイラーを装着。
エアロはノーマルですが、ピッキーで陽気なエグゾーストノートが窓越しに多少
聞こえてくる様は正に元気印。疲れた気持を解きほぐしてくれるかのようです。

DSCF3028.jpg







現在、羽田国際線ターミナルは七夕★。.::。.::・'゚☆。.::・'゚★仕様となっています。
この七夕のディスプレイ展示は舞台の飾りを除くと7月7日以降には撤去されて
しまう為、極めて短い展示期間になっているのが恒例であります。

DSCF3062.jpg







この後は朝顔や風鈴のディスプレイになるのもまた恒例。見事な七夕飾りは、
七夕以降もしばらくの期間は展示されています。オイラも短冊に願いを書いて
見ますかね。

DSCF3064.jpg







笹竹の葉に吊るされた願いはきっと天に届くと信じて日々を送ることに
します。笹竹の葉が涼しげに感じる季節になって来ましたね^^
ターミナルの外は高温多湿。サラサラとした葉音が涼を想像させるので
しょうね。7月以降はJALANAのグランドスタッフの浴衣のサービスで
マニアが訪れることは必至。これも最早恒例の事となってしまいました。
確認していないけど今年も両社ともやるのかなぁ?

DSCF3063.jpg







七夕もいいけどやはりラーメンもいい。せたが屋さんでせたが屋ラーメン
を昼食として楽しむオイラ。

IMG_0517.jpg







ガツン汁を回しかけて魚介出汁を味わえば、この日の残りの仕事も
耐えられそうです^^;

IMG_0518.jpg







その翌日もやはり昼食はラーメン。
【品達 羽田】へと足を運びます。

IMG_0512.jpg







この日は【金澤濃厚味噌ラーメン 神仙】さんをチョイス。
【金澤濃厚味噌ラーメン 神仙】さんは【品達 羽田】の中ではオイラ的に指名率
NO.1のお店。濃厚味噌スープは実にハマります^^

IMG_0513.jpg







またしても挑戦するは【味噌ラーメンMEGAスペシャル】1,150円の大盛り。
これうまいんです。

IMG_0514.jpg








中央に天盛りになっているのはオロシ生姜と柚子。ニンニクではありません^^;
ボリュームもガツンと実に食べ応えのある一杯でありました。

IMG_0515.jpg







ラーメンの後にはコンビニでアイスクリーム。
こんな中年っていかがですか。やはりおかしいですかね。
「そもそも食い過ぎだろ」のお声が想像出来ます 

IMG_0516.jpg







こちらは2タミ(国内線第2ターミナルビル)にある【Mersedes Me】品川シュテルン
さんの展示ブース。ブリリアントブルーのSLCの展示を通りすがりに見学^^

IMG_0521.jpg







先だって千葉園生町のYANASEさんではファイアオパール・カラーのSLC180
SPORTS をオープン状態で展示しておりましたが、こちらはブリリアントブルーの
SLC200 SPORTS がクローズ状態で展示されておりました。

IMG_0522.jpg







葉園生町のYANASEさんで試乗したCクーペとほぼ同じ色のSLC.。オイラは
赤よりもブルーかホワイトがいいかなぁって、勝手に思ったりしていますが、
人それぞれの好き好きの問題ですからねぇ^^

IMG_0523.jpg







何日か耐えれば公休日が巡って来ます。
指折り数えて次の休みを楽しみにしているオイラなのです。







それでは、See you next time. ꉂꉂ ( ˆᴗˆ )✌














スポンサーサイト

【由比の桜海老】&【三島のスカイウオーク】の旅 の巻き

6月18日(土)、この日は快晴。超久しぶりの連休となりましたので
思い切って遠出することにしました。但し日帰りの予定であります。
早起きして支度を済ませて午前5時位までには出発です。







秘密基地の地下格納庫から1号機を呼び出します。

DSCF2828.jpg







一週間ぶりのご対面です。

DSCF2829.jpg







静岡県の由比に向けて出発です。由比はかつて庵原郡(いはらぐん)という地区
に属していましたが、例の市町村合併の嵐の時期に清水市と同様に静岡市に
合併されて、現在は静岡市清水区由比となっております。

DSCF2830.jpg







ナビに行き先をインプットして出発です。Let's Go ! o(・ω・ヽ)(/・ω・)o =3 =3 =3

DSCF2831.jpg







国道16号線から千葉北ICより東関道に乗り入れ、湾岸線から東京首都高へ。
そこから一路東名高速道路を目指します。順調に幕張地区を通過。

DSCF2832.jpg







羽田方面まで順調に進むも、ここで衝撃的な情報が入ってきました。
東名高速で重大事故発生のため、御殿場⇔沼津 間全面通行止め (๑º ロ º๑)

DSCF2833.jpg







用賀あたりから完全ストップ。大渋滞の開始です。どうにか東名に乗るもその先
も渋滞。トイレ休憩を兼ねて朝食をとるために港北SAに立ち寄ります。








お茶と【まい泉】の【ミニメンチかつバーガー】と【かつサンド3P入り】を購入。

DSCF2835.jpg







このクオリティーは流石に【まい泉】。ミニバーガーにも手を抜きません。
しかし少々お高いですね^^

DSCF2836.jpg







こちら本命のサンドウィッチ【かつサンド】。

DSCF2837.jpg







やっぱり美味しいななぁ・・・。大学生の頃、青山レオンでバイトしているとき、度々
表参道店で買って持ち帰って食べたっけ、と昔を思い出すオイラなのでありました。
あぁ、青山とか表参道が懐かしい・・・

DSCF2838.jpg







食事も済み、東名を静岡方面に向けて進むオイラたち。
暫くは辛抱の連続です。

DSCF2839.jpg







海老名を過ぎると順調に車が流れ出しましたが、御殿場⇔沼津 間全面通行止め
となるとどうしたかものかと考えあぐねておりましたが、ビーコンによる情報や高速
の掲示板により新東名は使えることが判明。御殿場を過ぎ新東名へと向かいます。

DSCF2840.jpg







ナビの情報で「周辺の道路状況により経路が変わりました」のアナウンスで、
長泉沼津ICで下ろされたかと思うと、今度は再び沼津ICから本東名に再度乗る
様に指示されました。オイオイ金ばかりかかんじゃねぇかよ、と思うも周りの状況
がわからない為に、ナビに従うことにしました。こいつ(ナビ)にはよく騙されるか
らなぁ・・とだいぶ不安なオイラたちでありました。







そうこうしているうちに由比のPAの案内掲示板が見えてきましたので、こちらで
休憩して行くことにしました。

DSCF2841.jpg







海面が反射し眩しいですね。肉眼では真っ青に見えた海も写真では白っちゃけて
見えますね。

DSCF2842.jpg







由比のPAに駐車。柵の向こうは駿河湾です。

DSCF2843.jpg







細長く縦一列駐車の由比PA。ガードレールの向こうは東名の本線です。

DSCF2844.jpg







柵の前に立つと海が眺望出来ます。視界の先は沼津方面ですね。

DSCF2845.jpg







由比PAの展望室からの眺望です。

DSCF2846.jpg







1号機もしばしの間クールダウン。

DSCF2847.jpg







喉が渇いたなぁ・・・。そうだ飲み物を買おう! 
「今度は何だ?」 「サイダー!」
といわけで【いろはす サイダー】を購入。
ゴクゴク、プハー! クー!うんまいなぁー。

DSCF2848.jpg







オイラ演技が下手クソなんでこちらでイメージしてね。ポチッとな!











「何だ?」・「サイダー!」ごっこをしているオイラと嫁は、互いに我に返り、
何もなかったかの様に由比PAをあとにするのであった・・・

DSCF2849.jpg








清水ICで高速を降りたオイラ達は【桜海老の販売問屋の豊島信行 商店】
へと向かうのでありました。そう今回のこの道中記はFC2ブログでたいへん
お世話になっている【トイプーももとナナとココのきもち】の管理人である
【ももぱぱ】様に教えて頂いたお店がメインなのであります。







【ももぱぱ】様の愛車もW205(しかもブラック)であることから、常日頃より
ブログを拝見させていただいており、今回はお断りもなく勝手に紹介させて
貰いました。【ももぱぱ】様、申し訳ございませんm(_ _)m







今回の由比での予定(お土産・メインの昼食)は【ももぱぱ】様から教えて
いただいたスポットなのであります。毎年、春・秋の桜海老の季節には
忙しさ故、中々訪れることが出来なかった由比ですが、遂にこちらへと念願
叶って訪れることになったのです^^

DSCF2850.jpg








【桜海老の販売問屋の豊島信行 商店】さんは一般民家でわかりづらい
のですが、以前教えていただいた住所を頼りに何とか到着です。

DSCF2852.jpg








このノボリが目印。

DSCF2851.jpg







【豊島信行 商店】さんで先にお土産(自家使い用)の冷凍生桜海老を
2パック購入。事前情報により保冷剤と保冷箱を用意していきました。

DSCF2853.jpg







【豊島信行 商店】さんに関する関係記事はこちらから。







先にお土産を購入した我々は、本日のメインである由比【開花亭】でのランチ
に期待で胸を膨らませて、【開花亭】へと赴くのでありました。

DSCF2854.jpg







こちらがその【開花亭】さんとなります。
【開花亭】さんに関する関係記事はこちらから。

DSCF2855.jpg







一応メニューを見て悩むも、実は決めておりました。
【ももぱぱ】様が召し上がっていらした【生桜海老と生しらすのハーフ丼】。
これしかないでしょう! Σ ど~ん!!(ワンピース並みのドーン!です)

DSCF2856.jpg







それと単品でこちらの【桜えびかき揚げ】をオーダー!
Σ ドーン!!!!

DSCF2859.jpg







ド・ドーン!!
こちらが生桜海老と生しらすのハーフ丼御膳 ドーン!!

DSCF2860.jpg







ド・ドーン!!これがハーフ丼!!
これが美味いの何のって。しらすの鮮度半端ないっす。

DSCF2862.jpg







ドーン!
こちらが桜海老三兄弟(佃煮・ボイル・生)の三強ですね!

DSCF2861.jpg








どーん!
生の桜海老のかき揚げです。これがメチャ美味い!!
ころもなんてなし。海老をまとめる粉少々とミツバの他はすべて桜海老。
香りが違いますね^^

DSCF2863.jpg







ようやく念願叶いました。
【ももぱぱ】様、ありがとうございます。







メインの食事が済んだら少しだけ観光して帰ることにしました。
今度は国道1号線を三島へと向かいます。

DSCF2864.jpg








東海道本線の踏切を渡り、沼津方面へと1号機を走らせます。

DSCF2865.jpg







浜辺に建つ工場地域を駆け抜けて富士市を通過、そして沼津を目指します。

DSCF2866.jpg







そして沼津から駿東郡清水町を通過。更に三島へと向かいます。 

DSCF2867.jpg







やって来たのはこちら三島市笹原新田にある日本最長の大吊り橋
スカイウオーク】です。

DSCF2869.jpg







相棒1号機を施設内駐車場に駐車。

DSCF2868.jpg








こちら男性用トイレの入口。花が綺麗にオブジェされていてトイレ自体も
清潔そうな感じ。まだ新しい施設のようです。

DSCF2870.jpg








メインの大吊り橋に行く前に「花のシャンデリア」を謳う【スカイガーデン】へと
立ち寄ります。こちらのエスカレーターから施設へと向かいます。

DSCF2871.jpg







エスカレーターを登ると目に飛び込んできたのは大吊り橋。
まさにスカイウオーク。絶景ですね^^

DSCF2872.jpg







こちらが【SKYGARDEN】の施設。ミラーガラスの美しい建物です。

DSCF2873.jpg







生の花の美しい大きなアーチがお出迎え。

DSCF2874.jpg







花が降るショップの名に恥じない美しさ。天井を埋め尽くすような
圧巻の花のシャンデリアは見物です。これ全部本物の生花なんです。
ここは花の香りに包まれたパラダイス。うっとりする美しさでありました。

DSCF2875.jpg







いよいよ【スカイウオーク】大吊り橋へと挑みます。

DSCF2876.jpg







こちらにいろいろ工法やパーツについての解説がなされていますが、
取り敢えずこちらは流し読み。要は歩行者専用の日本最長の吊り橋ね^^;

DSCF2877.jpg







橋の渡り賃 大人1人1,000円!! Σ 高!!
渡るのに度胸のいる金額ですね。
チケット売り場で思わず「中高年二人で1,000円にならない?」と交渉
するも、おねぇさんには大受でしたが料金は負からず計2,000円なり^^;

DSCF2878.jpg







吊り橋の高さ同様にお高いのぉー。

DSCF2879.jpg







思わず大江戸捜査網のエンディング曲の「ながれ橋」の歌詞が思い浮かぶオイラ。
シュールだ・・・オイラの気持ちを知っていただきたいので是非ポチッ!とな 










ヒー!高い上に、あちら側が遠いのぉー!!

DSCF2880.jpg







なんと遠目にも橋が揺れているのがわかるではないか!! (゚д゚lll)マジか?

DSCF2881.jpg







いざ、渡らん!!
渡り始めるも風に煽られてめちゃくちゃ揺れる。

DSCF2882.jpg







風から受ける力を逃すため橋の渡しの中央部分は格子のスケルトン。
足元を見ただけで目が眩みます。

DSCF2884.jpg







橋のほぼ中央から眼下を見下ろせば川の瀬と森がこのように見えます。

DSCF2885.jpg







揺れる橋をどうにか渡り切ると謎のどんぐりの様な奴らがお出迎え。
これは何???

DSCF2886.jpg







こちらにも・・・

DSCF2887.jpg







【スカイウオーク】を渡り切った側からの眺望です。

DSCF2888.jpg







【スカイウオーク】を支えるワイヤーは実に凄い迫力です。

DSCF2890.jpg







渡り切ったこちら側にはこの様な遊歩道が設けられています。

DSCF2889.jpg







この季節に実に見事な紫陽花が咲き誇っておりました。

DSCF2891.jpg







紫陽花の植え込みから【スカイウオーク】を臨みます。

DSCF2892.jpg







遊歩道の上まで登ると【スカイウオーク】がこのように見渡せます。

DSCF2893.jpg







こうして見ると【スカイウオーク】の吊り橋の規模がわかります。
本当に長いですね。

DSCF2894.jpg







展望デッキからの眺め。雲がなければ富士山はちょうどこの辺に
見えているはず。雲が多いのが残念です。

DSCF2895.jpg







こちらの遊歩道の森は【Kicoroの森】と名付けられている様です。

DSCF2898.jpg







差詰めこいつらが【Kicoro】なのか?
オイラには【ばかうけ】のバリンボリンにしか見えないのだが・・・(;´Д`)

DSCF2896.jpg







何はともあれこの物体が森のいたるところにいるのでした。
まるで【もののけ姫】の【こだま】をイメージしているかの様です。

DSCF2897.jpg







杉木立の根本には所々にこんな扉が付けられていて、この扉を開けてみると・・・

DSCF2899.jpg







メッセージが書かれていたりします。内容はまちまちでした。

DSCF2900.jpg







紫陽花の小径を下って再び橋のあちら側に戻ることにします。

DSCF2901.jpg







復路となる帰りの橋渡りとなります。

DSCF2902.jpg







橋の中央部とその周辺はより揺れを感じる様で、眼下の景色は更に高さを
感じる仕組みでスリルは十分。この日は風も強くて、吊り橋に当たる風が時折
大きな風切り音がを発生させていて、足りないのは富士山の姿だけでした。

DSCF2903.jpg







往路の人々の引きつる顔がすれ違いざまに確認できます。復路では多少
慣れていて余裕が生まれるのでしょうね^^;

DSCF2904.jpg







【スカイウオーク】を満喫した我々は帰路の途へとつくのであります。

DSCF2905.jpg







既に三島の山奥まで来てしまっていますので、新東名の長泉沼津ICから
帰るよりも、箱根を通り抜けて、御殿場ICから東名高速にエントリーする
ルートを選択しました。まだ、沼津⇔御殿場 間完全通行止めのままで
あって、新東名が渋滞していたとしても、これで問題ありませんので・・・。
ということで、芦ノ湖スカイラインを目指して進むことになりました。

DSCF2906.jpg







箱根町を通過し、山道を進んで行きます。気持ちのいい天気です。

DSCF2907.jpg







芦ノ湖スカイラインの料金所前に到着。お約束のスナップを撮影。

DSCF2908.jpg







ここから御殿場ICまでのルートを確認し、行き先を決定、案内開始のボタン
を押すと、何と!ナビが固まってしまいこのままフリーズしてしまいました。
エンジンを切って何度も再立ち上げをするも、ここから画面が変わりません。
完全にフリーズしてしまいました。このままここにいても仕方がないので、
取り敢えず芦ノ湖スカイラインを進むことにしました。トホホ・・・

DSCF2909.jpg







山伏峠を過ぎ【レストハウス・レイクビュー】で1号機を停めます。
こちらで少し休憩して、時間を置いた後再びナビの様子を見てみることに
しました。ちゃっかりと白のSクラスハイブリットの横に駐車できましたが、
既にパーキングはイッパイで停める場所の取り合いとなっていてラッキー
でありました。

DSCF2910.jpg







【レストハウス・レイクビュー】の建物の裏方はこんな感じになっていました。
ウオーキングを楽しんでいる方々が大勢いらっしゃいましたが人の消えた
瞬間を狙ってパチリと撮影。

DSCF2912.jpg







ヤギが放たれていたのにはビックリしました。懸命に草を食んでいました。

DSCF2914.jpg







1号機を停めた駐車場の横側に、芦ノ湖を見下ろせる絶景ポイントがあります。
絶景ポイントからしばし芦ノ湖を眺めます。あー!晴れていて良かった^^

DSCF2911.jpg







売店でお高目のソフトクリームを購入。自由の女神よろしくポーズを付けて撮影。
乳脂肪分が高めで濃いお味。とても美味しかったなぁー^^

DSCF2913.jpg







車に戻りエンジンをかけて見ると、今度はこの画面のまま、ずっとお待ちのまま
の状態に・・・orz ここで何度もエンジンのOFF、ONを間隔を置いて行うもやはり
駄目。(´Д⊂モウダメカナ・・・ 諦めて再びこのまま出発することにしました。

DSCF2915.jpg







途中、三国峠に立ち寄ります。
数台既に駐車済みでしたが、何故かこちらの絶好ポイントがガラ空きだったので
すかさず横付けに駐車。石碑を入れて記念にパシャリΣ!!

DSCF2917.jpg







ここ三国峠は富士山絶景ポイントとしても知られた存在ですが、この日は生憎雲
の多い一日。富士山方面は雲で真っ白な状態でした。







やはりこちらでも再びナビは復旧せず・・・(;´Д`)

しかしエンジンをかけ直すと、画面が初期状態に戻ったのでこの隙に
ナビ操作で目的地案内の中止を選択。古い案内が残ったまま新しい
目的地を設定してしまったため、前のタスクが残った状態でフリーズ
してしまったことが判明。嫁のナイスアドバイスによりピンチを脱出する
ことが出来ました。かぁちゃんありがとう^^

DSCF2918.jpg







取り敢えず地図の表示が出来る様になったので目的地設定は行わず
そのまま走行することにしました。それにしても一時はどうなるかと思い
ました。

DSCF2920.jpg







途中、乙女峠に立ち寄り、一目だけでも富士山をと思ったのですがご覧の
通りの空模様。前方は厚い雲に覆われていて、こりゃ無理そうですね^^;
あぁ、晴れていたらあそこに見えているんだろうなぁと未練がましく立ち去る
のでありました。

DSCF2921.jpg







御殿場ICから東名高速に無事にエントリー。東京首都高の渋滞を避ける為、
横浜・町田ICで東名を降り、保土ヶ谷バイパスから湾岸方面へ向けて神奈川
首都高に乗り入れます。

DSCF2922.jpg







ベイブリッジを通過して大黒PAにて休憩をしていくことにしました。

DSCF2923.jpg







こちらのPAでコーヒータイムにします。

DSCF2924.jpg







コーヒーを飲んで、トイレを済ませて、一息つけました。
東名高速 沼津⇔御殿場間通行止めというアクシデントの中、諦めずに
決行した今回の道中記。富士山が拝めない、ナビのフリーズなどのプチ
トラブルもありましたが、【由比の桜海老】と【三島のスカイウオーク】も
存分に楽しめて本当に楽しかったです。機会を見つけて今度は伊豆に
出掛けたいと思っています。夏か秋かわかりませんが、楽しみが出来ました。

DSCF2925.jpg







ここからは湾岸線を通って、東京を通過、東関道の千葉北ICまでのまっすぐ
な経路となります。







翌日の休みは何処に行こうかなぁ・・・そんなことを考えながら今回の道中記は
無事に終了することが出来ました。







それでは次回のお出かけまで・・・







See you next time. ꉂꉂ ( ˆᴗˆ )✌













【気ままなドライブで南房総へ】の巻き

日々忙しく、ブログの記事の更新も出来ず、ブログを開くこともまま
ならない状態が続いておりますが、過ぎ去った日々を思い出して、
どうにか仕上げ様と四苦八苦しているオイラなのであります^^;







6月10日(金)、この日は単休の公休日。そして梅雨の晴れ間 
お出掛けしない手はありません。だいぶ疲れてはいますが、気合を
入れて早起きしました^^; 







6日ぶりに相棒号達とご対面。

DSCF2764.jpg







この日のお出掛けは2号機をチョイス。

DSCF2765.jpg







行き先は南房総までの気ままドライブ。

DSCF2766.jpg







前回のお出掛けから帰宅後、シートカバーを取り付けました。
こちらスタイリング重視のオートウェア製ではなく、サイドエアバック対応品の
G‘BASE製を選びました。オートウェア製はデザインが良いのですが、サイド
エアバッグに非対応な為、安全性最優先の観点からこちらを選択。
派手さはありませんがシンプルさがかえって良かったかもしれません。

DSCF2761.jpg







国道16号線から千葉北ICへ。東関道から館山自動車へ合流します。
館山自動車では早々に、Eクラス W210 がピタリと背後に・・・
ルームミラーを見てちょうだい^^

DSCF2769.jpg







こいつ軽だと思ってなめんてんなと思うも、ここは大人の対応。車線変更
してEクラスを先に行かせます。追い越していく W210 の後ろにはAMG
のエンブレムが。サノバビッチ!心の中で中指を立てるオイラなのでした。







朝ごはんが未だなオイラ達は市原SAにIN!

DSCF2770.jpg







前回同様【蕎麦蔵 結】さんで軽目の朝食をいただきます。

DSCF2771.jpg







この日は奥のボックス席にて眩い景色を見ながらの朝食です。

DSCF2773.jpg







こちらの席は妙に落ち着くんですよね^^
だから先を急ぐ時にはこの席は考えものなんですよ。居心地が良すぎて^^

DSCF2772.jpg







今回はいつもの【ミニ穴子丼】や【ミニしらす丼】ではなく、【ミニカレー丼】
をチョイス。たまには朝からカレーもいいかなぁってことで^^

DSCF2774.jpg







小さな丼一杯のカレーはどこか和風な感じがしてホッとするお味でした。

DSCF2775.jpg







折角の晴天。前回と同様にここからオープンで高速を疾走します。

DSCF2776.jpg







左右の窓はきっちり上げて、リアウインド全開です。
梅雨の合間の晴れ間ですが日差しは既に夏のそれであります。

DSCF2779.jpg







ジャパニーズ・カンツォーネを奏でるべくアクセル踏み込みます。
クオーンという音が背後から心地よく響きます。アクセルペダルを
緩めるとシュコー、シュパーとブローオフバルブの音が相の手を
入れる様に二重奏(デュオ)演奏。オイラはコンダクターになった気分。

DSCF2777.jpg







平日のこの時間とはいえ、前方にも後方にも車なしとは珍しい。
対向車のみ見かける感じで、暫くの間ソロでロッソ・モデロとBLITZ
のデュエットを堪能する贅沢を得ました。

DSCF2781.jpg







トンネルの中では音響効果は更に発揮され、1台のみの通過の為、
自分の車のエンジン音だけがはっきり聞き取れます^^
ヒャホーイ!!

DSCF2782.jpg







オイラはひとり楽しんでおりましたが嫁が一言。
今日は日差しが強すぎて肌が痛い。
これは気付かずに申し訳ない。次のSAでホロをするね^^
思わぬ落とし穴がありました。

DSCF2780.jpg







【ハイウエイオアシス富楽里とみやま】で2号機をクローズスタイルに
変更することにします。

DSCF2783.jpg







最初は面倒と思っていた簀巻き作業も、やってみれば然程の手間では
なく楽しい儀式みたいですが、やはり電動ハードトップは羨ましいですね^^;

DSCF2784.jpg







クローズし終えたら【富楽里とみやま】道の駅でお買い物をしていくことに。
ご存知のとおり荷物は積めませんのでほんの少量だけのお買い物。
朝の時間帯を逃すと野菜や山菜はほぼ完売してしまうんですよね^^;
朝が勝負なのです。

DSCF2785.jpg







アイナメにマツカサウオ、伊勢海老などの活魚は買って行けませんので、
水産物はサッと見学に留めて生鮮野菜売り場へと足を向けることに・・・

DSCF2789.jpg







枇杷は今が時季。値段もピンキリですがこちらは安い棚の方でございます。
こちらの棚は500円~800円。他の棚は1,000円超えからのものが中心でした。

DSCF2788.jpg







こちらはハチク竹の竹ノ子。お安く美味しいそうですがS660では無理ですね^^;

DSCF2786.jpg







野菜たちをざっと見て回ると・・・

DSCF2787.jpg







肉厚のどんこ状の椎茸。オイラの好物です。
こちらを購入。バターで焼いてステーキでいただきます。
醤油をチョロッとかければこりゃ陸のアワビですよ^^

DSCF2790.jpg







今回は嫁の陽射しギブで短いオープン走行でしたが、確かに暑かった。
買い物の後は、ノドもカラカラなので水分補給。モモッ、モモー!というわけで
いろはすの桃をグビグビと^^ プハー、美味しいですね^^

DSCF2791.jpg







買い物と休憩が済んで出発です。







終点の【富浦/館山IC】で高速を降りると南房総方面を目指して海岸線沿いを
楽しくドライブ。日光に弱い嫁の為クローズドにての走行です。







途中、中々のロケーションを発見。2号機を停めてパシャリ ( -_[◎]o カシャ!

DSCF2793.jpg







目の前はこの様な磯場になっております。

DSCF2794.jpg







真横からも カシャリ! Σ[ ◎ ]}Д`@)

DSCF2792.jpg







     優しそうなお兄さん
こちらの凶悪そうなおじさんはオイラ。怖がらないでね^^

DSCF2795.jpg







館山市伊戸にある【海の駅だいぼ工房】への入口付近にてこんな大邸宅
を見かけました。海岸沿いに建つお屋敷が素敵ですね。

DSCF2796.jpg







こちら【海の駅だいぼ工房】の駐車場から海を見下ろします。

DSCF2799.jpg







【海の駅だいぼ工房】については、こちらの過去記事で触れておりますので
ご参照下さい。







こちらの駐車場にてちょいと一服^^
車から降りて背筋を伸ばします。潮風が気持ちいいですね^^

DSCF2798.jpg







5分程海を眺めたら再び出発します。
平日ならではの静けさはやはりお得感満載ですね。
美しい風景と贅沢な空間を独り占めにした様な感覚は何ともいえません。

DSCF2797.jpg







南房総を再び海岸線を辿って走り出します。

DSCF2800.jpg







道の駅南房パラダイス】へと立ち寄ります。
【道の駅南房パラダイス】については、こちらの過去記事をご参照下さい。

DSCF2807.jpg







【道の駅南房パラダイス】は有料施設【アロハガーデンたてやま】を併設する
複合娯楽施設でもあります。

DSCF2806.jpg







青空の中に凛と佇む2号機を撮影。中々かっこよく撮れたかしら^^

DSCF2805.jpg







左右2本出しのチタンマフラーに様々なドレスアップが施されたコペン。
このあとオーナーの方が戻ってこられて、互いに目だけで軽く会釈。
軽快な排気音とブローオフバルブ音を響かせて去って往かれました。

DSCF2801.jpg







「ああいう音なんだ。うちの車もあんな風に聞こえているのかしら」と嫁の感想。
車内で聞いている音と外から聞く音では違いがあることは理解している様です。







2号機から離れて暫し施設を散策します。

DSCF2802.jpg







こちらが有料施設の【アロハガーデンたてやま】の入口。
以前は千葉県南房パラダイスの動植物園でありましたが、現在は民間事業
として譲渡されており、引き続き熱帯の動植物を楽しむことが出来る施設と
して運営されている様であります。

DSCF2803.jpg







【道の駅南房パラダイス】で一息ついた我々は再び走り出すことにします。

DSCF2804.jpg








千倉白間津周辺まで足を伸ばしてそこから海岸線を折り返して帰ることにします。

DSCF2808.jpg







白間津周辺は花畑で有名な場所。当ブログ絶賛のあの幻の豪華海鮮丼が頂ける
松大丸
さんも白間津の海岸の目の前にあるのです^^







そんな千倉白間津でUターンをかまし、再び海岸線を辿るのでありました^^







えっΣ(゚д゚lll) なんでそんな無駄なことしてるんだって?







楽しいからに決まってんじゃん!ここは空気も潮風も気持ちいいんですよ。
特に天気が良ければ。街中や高速を走るよりワイディングの多い海岸線や
高原を走りたいんです。そのため館山までは移動で、館山からはドライブ
なんですよね^^ この車はドライブ用に買ったんです(移動も兼ねますが^^;)。







これがオイラの考え方なんですよね^^
まっ、この為にいろいろ頑張って我慢しているわけです^^;
お馬鹿は承知之助、笑って見てて下さいませ^^







館山方面へと踵を返す2号機。海が眩いです (+_+)

DSCF2809.jpg







またしても風光明媚な場所を発見。すかさず2号機を滑り込ませて記念撮影。

DSCF2810.jpg







いい感じにおさまりましたかね?

DSCF2811.jpg







念の為、引いた感じでも1枚追加^^

DSCF2812.jpg







そうこうしているうちに午後12時も過ぎてしまったので帰路の途につきます。







富浦/館山ICから東京方面へ・・・







この日も単休の公休日。これ以上の疲れは禁物ですからね。

DSCF2813.jpg







途中昼食に富津竹岡ICで下車。
竹岡式ラーメン発祥のお店【梅乃家】へ赴くも長期休みの張り紙が・・・
確か2ヶ月間休むとか・・・楽しみにしていたのですが・・・
諦めて再び高速に乗り直すハメに・・・

DSCF2814.jpg







もう既に全身クタクタで疲れてしまって戻る気はありませんので、市原PA(上り)
で何か食事をして行くことにします。本当にS660は乗っていて楽しいのですが
非常に疲れるんですよね。オイラ軽は初めてだし、いろいろ気をつかうことが多い
車なのも事実なわけで、何故か身体が馴れないんですよね。多分に加齢が^^;

DSCF2816.jpg







取り敢えず先を急ぐオイラなのです。

DSCF2815.jpg







市原SA(上り)に到着。

DSCF2825.jpg







こちらの【WIRED CAFE】で食事と休憩をしていくことにします。

DSCF2826.jpg







何にしようと悩むも結局はカレーを選択。【キーマ・カレー】とアイスコーヒーの
セットをオーダー。朝も市原SA(下り)でミニ・カレー丼を食べたのですが・・・。
まぁ、こういう日もありますね || | orz

DSCF2821.jpg







おお、腹が減っているとはいえ、何とオイリーなカレーなんでしょうか( ̄д ̄)

DSCF2819.jpg







健康に気をつかおうと最近思い始めた矢先に・・・
でもまぁ美味しかったからいいかと思うオイラなのでした(勿論完食)。

DSCF2820.jpg







その後自宅用のお土産を物色するオイラ達。

DSCF2824.jpg







好物の漬物を探すも・・・

DSCF2823.jpg







今回はこちらの【タラチャンジャ】を3つお買い上げ。
勿論、ノンアルビールのツマミとしてですが・・・

DSCF2822.jpg







こうしてこの日は半日程度のドライブで帰宅するオイラなのでした。

DSCF2827.jpg







しかし自宅に着いたのは午後5時過ころ。
途中から渋滞が酷かったのです。
次の日からまた仕事です。







最近特に疲れが酷くて・・・
体調も今一つなんですよね・・・







このクルーを越せば久しぶりの連休が待っています。
次の連休は少しばかり遠出をしたいと思っているのです^^








それでは次回までSee you next time. ꉂꉂ ( ˆᴗˆ )✌















館山ドライブ道中記 2号機編

ここ最近またまた繁忙に追われています。
中々ブログの更新が思うように進みませんが、どうにか更新する
事が出来そうです。少し時間が経ってしまいましたがご容赦の程
願います。







6月4日(土)、この日は午前中は快晴、午後より曇りの予報を得て、
早朝よりお出掛けすることになりました。2号機を秘密基地の地下
格納庫より召喚。







S660 2号機のインプレッションレポート・ドライブに出掛けたいと思います。

DSCF2681.jpg







出発前にちょっと2号機を弄ってみました。フロントフェンダーのインテークに
カーボン柄のステッカーを貼り付けて、インテークのスリットが大きく見える様
にしてみました。即席メイクです^^

DSCF2682.jpg







アップで見るとこんな感じです。まぁ、付けまつげ的な簡単メイクですかね^^

DSCF2683.jpg







館山方面向かって出発です。

DSCF2684.jpg







千葉北ICから東関道に乗るも館山自動車は分岐点手前から長蛇の渋滞。
館山自動車への分岐点へ割り込めず、その先の幕張にて高速を下車して
市原ICから館山自動車道へのエントリーを試みます。蘇我を経由して市原
ICを目指します。下道も中々の混みっぷりです (;´Д`)

DSCF2685.jpg







下道ではストレスなく細い路地や急なカーブにも無理なく対応、気持ちよく
キビキビとした走りが堪能出来ました。







市原ICから館山自動車道にエントリー。幕張ICから下道で市原ICまで
1時間程かかりました。梅雨の合間の晴れ間。しかも土曜日ともなれば
渋滞は仕方ないかもしれませんね^^;

DSCF2686.jpg







市原SAにて休憩です。

DSCF2687.jpg







駐車した近くにはこの様な自動車運搬車が・・・
スライド式キャリアカーの荷台には面白げな車が2台積まれておりました。

DSCF2694.jpg







スーパーセブン的なこちらと・・・

DSCF2693.jpg







チキチキバンバンに出てきそうなこちらのカート・・・
天気の良い休日はこんな車たちにも出会えるんですね^^

DSCF2692.jpg







市原SAで朝食をとることにします。こちらもオイラのブログに度々登場している
ので皆さん見慣れていると思いますが^^

DSCF2691.jpg







市原SAでは毎回こちらの【蕎麦蔵 結】さんでの朝食が定番となっています。

DSCF2688.jpg







オイラも嫁も、いつもの【ミニ穴子丼】をオーダー。

DSCF2690.jpg







こちらの【ミニ穴子丼】1人前350円は朝食にピッタリなメニュー。
お財布にも優しいメニューです^^

DSCF2689.jpg







軽めの腹ごしらえが済むと再び出発です^^







先ず先ずの快晴ですのでここから先はオープンスタイルでドライブです。
ここまでは都会を通過してきてますのでクローズスタイルで走行して来ました
が、ここから先はトラックやバスなど大型車から覗き込まれることも少ないので
安心してオープンで走りたいと思います。

DSCF2695.jpg







フロントのフードを開けて、窓を開けホロを外します。

DSCF2696.jpg







タルガトップ状のホロを外すと、こんな感じです。

DSCF2697.jpg








外したホロをフロントフード内の収納BOXに収めます。
収納BOXの蓋をロックして、フロントフードを閉めたら出発です。

DSCF2698.jpg







初のオープン走行です。目指すは鋸南保田ICです。







最初は左右の窓も開け放って走ってみましたが、強風下での高速走行のせいか、
風きり音だけでエンジン音さえわかりません。また風の巻き込みも凄く髪の毛は
乱舞し放題で収集不能な状態です。FC2ブログの【VTECサウンド】でオバrev様
がレポートしていた通りの状態を身をもって経験致しました。実に風音が喧しい
です (||´Д`)o◎ 







左右のウインドウを上まであげての走行は、風はやや治まりますが相変わらず
凄い風音がします。オイラは髪は心配無用な方ですが、髪は後で触ってみると
ゴワゴワになっておりました。脂分と水分が風に持っていかれる感じですかね^^;
これはやはりキャップは必需品ですかね。また、オープンにすると紫外線をモロ
に浴びるので顔や腕はあっという間に赤くなってきます。オデコや鼻の頭、頭皮の
日焼けを防ぐにはやはり帽子は買おうかなぁ・・・。







リアウインドを開けてみると、風の巻き込みが減って開けたリアウインドウから
風が抜けて行き、いい感じでオープンが味わえました。また風きり音が激減して
ロッソモデロが奏でる排気音がクオーンという具合に鳴り響きます。アクセル
を踏み込んでエンジン音を奏でてみます。もはや大きな排気音は軽自動の
それではありません。アクセルを緩めるとブローオフバルブの音がシュパー、
シュパーと響いて、とても3気筒エンジン軽自動車とは思えない演奏を聴かせて
くれるのです。

DSCF2700.jpg







オープン走行時には、左右ウインドウ全閉め、リアウインド全開の状態が、最も
風の巻き込みやストレスを感じない状態であることがわかりました。よって、この
状態での走行ですとエンジン音なども十分に楽しめるという事がわかりました。
今後はオープン時にはこのスタイルで行こうかと思います。







最初の目的地は【道の駅 保田小学校】です。
鋸南保田ICを降りて直ぐに位置しています。

DSCF2702.jpg







こちらの道の駅は120年以上続いた伝統ある小学校が廃校となり、新たに道の駅
として生まれ変わった変わりダネの道の駅なのです。2号機を駐車すると、一旦
ホロを被せてクローズします。

DSCF2701.jpg








何と素敵な道の駅なんでしょうか。オイラの好きな【枇杷倶楽部】や【富楽里】といい
南房総方面には良い道の駅がいっぱいありますね^^

DSCF2703.jpg








ここからはBGMをどうぞ( ^ω^)_凵 どうぞ ポチッとな!



Enya. / Orinoco Flow








【道の駅 保田小学校】の校旗が青空にはためいています。

DSCF2704.jpg







126年続いた保田小学校の閉校記念碑に刻まれた校歌が郷愁を誘います。

DSCF2705.jpg







こちらは物販専門の施設【里山市場 きょなん楽市】。如何にも元体育館的な
佇まいですね^^

DSCF2731.jpg







【里山市場 きょなん楽市】の様子です。野菜や切花、名産品が所狭しと並ん
でいて、訪れた人々を楽しませています。

DSCF2708.jpg







ミニ観賞植物のコーナー。オイラんちではミニ観賞植物や苔玉がすべて巨大
に育ってしまう傾向にあるため、我が家では購入は厳禁となっています(本当
の話でジャングル状態になってしまうため嫁御法度により禁じられています)。

DSCF2709.jpg







こちらはここの名物の穴子丼弁当だそうです。

DSCF2710.jpg







流石関東屈指の捕鯨の地。鯨のふりかけに鯨の佃煮。
各種鯨カレー。鯨好きなオイラもヽ(´Д`;)ノビックリの品揃えです。

DSCF2711.jpg







鯨肉はいいツマミにもなるんですよね^^;

DSCF2712.jpg







この品揃えは半端じゃないですよ。パラダイスです。

DSCF2713.jpg







鯨の缶詰の種類も実に充実しております (๑¯﹃¯๑) *

DSCF2714.jpg







ハッ! ∑(゚∇゚|||)  イケナイ、自分の世界にはまっておりました 







今度は校舎側の建物を見学してみます。

DSCF2707.jpg







昔の学校に付き物の二宮金次郎(二宮尊徳)像。
オイラの学校にはありませんでしたがオイラ世代なら誰しもが知る懐かし
のアイテム。幼少時代にタイムスリップした気になるのは老いぼれたから
なのでしょうか?

DSCF2706.jpg







実はこの銅像(石像)は【Cafe 金次郎】のマスコットでもありました 

DSCF2715.jpg







こちらの【鯨カツカレー】とても気になるんですが ε= ( ̄‥ ̄) 

DSCF2716.jpg







【Cafe 金次郎】の店内の様子。黒板がまた郷愁を誘うなぁ・・・

DSCF2717.jpg







【まきばの学校濃厚ミルクソフト】を店内でいただきます。
この日は暑くて撮影前に溶け始めちゃったので思わずペロリ (◍´ಲ`◍) 

DSCF2718.jpg







ソフトクリームを堪能した後は校舎1Fにあるレストランを見学。







【中華料理3年B組】って、WWWWWWWWWWWWWW・・・
こちらは以前、職員室だった様です^^

DSCF2719.jpg







【里山食堂】は鋸南町の里山・里海料理を提供する「おふくろの味」が
売りだとか。スタッフやお客にも卒業生がいらっしゃるとか。

DSCF2729.jpg







イタリアの大衆食道を模したピザレストラン【Da Pe GONZO】
「だっぺ ごんぞう」って、WWWWWWW・・・ 笑えるネーミングですね^^

DSCF2730.jpg







【Cafe 金次郎】の2階は、なんと【里の小湯】という銭湯になっておりました。
宿泊客のほか、日中は日帰り入浴も可ということで、実はこちらの道の駅は
宿泊施設を備えているんですよね。予約はいっぱいだそうですが、いつかは
是非宿泊してみたいと思っております^^ ハイ!

DSCF2722.jpg







なんて素敵な施設なんでしょう。馬鹿らしいハコモノをいまだに建てている
どっかの自治体とは大違い。少子化で廃校となった学校もこんな素敵な使い
道があるんですね。これぞ、まさに町おこし。青空が綺麗だなぁ・・・。

DSCF2723.jpg







こちらが宿泊施設となっている教室のあるエリア。何故か廊下が妙に
ノスタルジックに満ちて見えます。

DSCF2720.jpg







宿泊施設の洗面所。学校の流しって懐かしい。レモン石鹸がネット入で蛇口
にぶら下がっていたら満点ですかね。オイラの頃はキレイキレイの様なポンプ
式液体石鹸てなかったなぁ・・・

DSCF2728.jpg







こちらは使用中となっておりました。

DSCF2721.jpg







こちらが宿泊施設の個室(ベット4つ)。教室のまんまですね。

DSCF2726.jpg







黒板やテレビ、エアコンも付いている中々のスイートルーム。
是非、宿泊してみたいですね。大勢で^^ 夜は懐中電灯持って肝試し。
いいなぁ。オイラやっぱり年をとったんですね^^ 日和ってきている様です。

DSCF2727.jpg







外人さんにも嬉しいハラル対応メニュー。インターナショナルに価値観が
共有出来るかは不明ですが、オイラには十分に魅力的な施設であります。

DSCF2725.jpg







食事はもう少し小学校というバックボーンに沿ったメニューがあったらいいと
思うオイラ。例えばランチにはミルメークと牛乳、主食は揚げパンやきな粉パン
または、ソフト麺にミートソースなどから選択出来る様にして、おかずは千葉
らしさを活用してクジラの竜田揚げなどを用意。学校給食の食器仕立てで
メニューを提供するっていうのを考えちゃうんだけどなぁ。
こういうリアリティって大切で、中高年層に大いに受けると思うんだけどなぁ・・・







最早中継地点ではなく旅行の目的地となりうる【道の駅 保田小学校】。
皆様は如何お感じになったでしょうか?
オイラ、こんな素敵な道の駅は初めてです。
いつの日か是非宿泊してみたいと思っています。

DSCF2732.jpg







余裕があった駐車場もいつの間にかほぼ満杯に・・・
再びオープンにしていざ出発です。

DSCF2733.jpg







最寄りの駅、内房線の【保田駅】にて記念撮影。

DSCF2734.jpg







どこか同じ内房線の【那古船形駅】と似た感じがするのは気のせい
なのだろうか・・・しばし、タイムスリップの感覚に浸るオイラなのであった。

DSCF2735.jpg







鋸南保田ICから再び館山自動車道に乗り、終点の富浦・館山IC間際で
兄貴分の旧NSXに遭遇。随分手の入ったNSXでした。その先に、富浦の
海が見えています。

DSCF2736.jpg







高速を降りて館山へ向かいます。屋根がないと思った以上に頭上からの
光が眩しく感じます。やはりつばの大きめのキャップは必要ですね^^

DSCF2737.jpg








南房総を感じる街路樹を通り抜けて【館山城】へと向かいます。

DSCF2738.jpg







館山城のある【城山公園】内のパーキングに駐車。
三度ホロを被せてお出掛けです。

DSCF2739.jpg







天守閣を目指して山道を登って行きます。

DSCF2748.jpg







途中【孔雀園】があって孔雀の凄まじい鳴き声に驚かされます。

DSCF2740.jpg







羽根を広げて、「おれば見んかい」とばかりに鳴き声を上げてメスに猛アピール。
「オレオレばかりじゃもてませんぜ」と苦い実経験を孔雀に言い聞かせるオイラ
なのであった・・・

DSCF2741.jpg








おお、こちらがあの里見氏の・・・

DSCF2742.jpg








♪~仁義、礼智、忠、信、孝、悌~♪ いざとなったら玉を出せ~♫
力が溢れる不思議な玉を~♦♫♦・*:..。♦♫♦*゚¨゚゚・*:
とオイラが思わず
口ずさむと、嫁が「またそんな下品なこと言って」とおかんむり。







はぁ~(゚Д゚≡゚Д゚)? と、オイラ・・・







昔オイラが子供の頃NHKでやっていった人形劇「新・八犬伝」の主題歌
を下ネタだと勘違いして気分を害した様だが、オイオイ、オイラ下ネタなんか
云ってないし・・・お前がバカなんじゃねぇ?とオイラ。更にそれに逆ギレの嫁。
オイラ間違っていますか?







解説しよう。人形劇「新・八犬伝」は滝沢馬琴の南総里見八犬伝を、人形師
辻村ジュサブロー氏の人形で再演した人気番組なのであった。こちらの館山
城の里見氏がモデルとなったお話である。







尚、上記の唄の件はこちらにて証拠を確認していただきたい。
1分13秒あたりから、その唄になります。
真面目なオイラが下ネタなんかいうわけないでしょう。ねぇ皆さん^^









オイラも心の中にいつも玉を持っています。状況に合わせて、いざ
となったら玉を出します。その玉は仁・義・礼・智・忠・信・孝・悌の
どれなのかわかりませんが、全部持っていると思いたいオイラです。







気持も新たに館山城を拝みます。

DSCF2743.jpg







( ̄□ ̄;)げっ!、金取るの・・・!
おケチなオイラは入館はせず周りを見て満足。だってお金いっぱい
あちこちで集られるので節約、節約。

DSCF2747.jpg







実際の城じゃなく模擬城なんでまぁいいか、と無理矢理納得するオイラ。
後に「あー!八犬伝博物館見とけば良かった」と後悔するのであった

DSCF2744.jpg








こちらからの眺めは絶景。右手奥に館山港の造船所ドック、ほぼ中央に
沖ノ島がみてとれます。

DSCF2745.jpg







何度も館山に足を運んでいるにも関わらず、敢えて寄らなかった館山城。
本物の城ではないことを知っていたからなのですが、あの南総里見八犬伝
を思えばやはり一度はくるべきだったなぁと思うオイラ。今度来たら入館料
を払って博物館も覗いてみようと思うオイラなのでありました。結果もう一度
訪れる動機は出来ましたね^^

DSCF2746.jpg







午後1時も遠にまわり、お腹も減りましたので食事に向かいます。
既に青空はなく、どん曇りとなってきましたので近場で済ませることに。
【南房総道楽園】さんへと向かいます。

DSCF2749.jpg







前回1号機で訪れた時に興味を持ったお魚バーガーのお店「マンボウバーガー
さんでランチをいただくことにしました。食べたかったんですよね^^

DSCF2750.jpg







オイラは【くじらバーガー】と【いかメンチバーガー】を、嫁は【さばサンド】と
【いかメンチバーガー】をオーダー。待つこと20分。熱々の出来立てです。

DSCF2751.jpg







こちら【いかメンチバーガー】。揚げたての熱々がタルタルソースに絡んで
絶妙です。ンー美味ですぅ!!

DSCF2752.jpg







【くじらバーガー】こちらはやはりお値段はお高目ですが、くじらの竜田揚げ
が揚げたてで何とも美味しそうです。

DSCF2753.jpg







【くじらバーガー】超絶美味し!! くじらの竜田揚げはやっぱり美味しいなぁ。

DSCF2755.jpg







こちらは嫁の【さばサンド】。試食させてもらいましたが、揚げたてのさばが
カレー風味でメチャ美味い。車でなかったらビールを飲みながら食べたい
お味でありました。

DSCF2754.jpg







クローズにした2号機で一路帰路の途につくオイラたち。
頭文字K的な演出にしてみました^^

DSCF2756.jpg







運転するのが凄く楽しいS660なのですが、やはり猛烈に疲れます。
Mersedesが物凄く乗りやすくて快適なのに対してこちらは対極的な
存在。途中疲れから猛烈な睡魔に襲われました。下りも市原SAにて
休憩していくことにしました。

DSCF2760.jpg







こちらのお店でコーヒータイム■D~ダバダー、ダ、ダバダー、ダバダー♪

DSCF2758.jpg







ブラックコーヒーで眠気を撃退します。

DSCF2757.jpg







これ以上年をとったら乗るのがしんどいですね^^
今のうちに買って乗れて良かったと思うオイラなのでした。
こいつと暫くは付き合って行く予定なのでギリギリ楽しめるという
感じでしょうか? いやはや歳はとりたくないですねぇ^^

DSCF2759.jpg







今回のS660で一番困ったのはやはりナビ。携帯ナビを使って見ましたが
ナビは見づらいし、情報が不足。しかも半日で電源切れ。パケ料金も心配。
遠出にはやはりナビは必需品。HONDAさん対策品の開発急いで下さいと
祈るばかりの毎日です 









See you next time. ꉂꉂ ( ˆᴗˆ )✌













館山ドライブ道中記 1号機編

毎度毎度の館山ですが、房総半島ではやはり一番のお気に入りの場所。
今回は会社の関係で日帰りにて数名で館山に出掛けることになりました。

DSCF2539_2016060609095728c.jpg








プライベートなレジャーではありませんので詳細には触れませんがオイラ
が相棒号1号機でお連れしましたので、その辺の公私混同はお許し願い
ます。同僚のお連れのお子さん以外は基本人物は写しておりませんので
悪しからず。








また、この後に2号機で館山を訪れていますのでそのインプレの為の事前
準備的要素も含んでの事でもあります。勿論1号機編と2号機編で訪れた
スポットは異なりますが、1号機編はレジャー目的ではありませんのでご容赦
願いたいと思います。尚、2号機編は新たなスポットの紹介とS660のインプレ
中心となっておりますので比較していただいても良いと思います。









先ずは羽田空港国際線へと向かいます。こちらで待ち合わせてスタッフをピック
アップする予定。東関道・湾岸線を直進します。

DSCF2556.jpg








待ち合わせの時間より30分程早く到着。








伊勢志摩サミットで要人来訪のため普段よりもセキュリティーが数段厳しく
なっており、そこら中、警官だらけ・・・(ノ∀`)アチャー
一旦、国際線の有料駐車場棟に車ごと避難します。

DSCF2557.jpg








お茶を飲んで一服していると、その後携帯に連絡が入ったのでピックアップ
場所まで車で迎えに行きます。入場後20分以内に出場すれば料金はかかり
ませんので運良くここでの駐車料金は不要となりました。

DSCF2558.jpg








待ち合わせ場所で無事に人員をピックアップすると、速やかに出発です。
既に羽田まで来ていますのでここからは川崎まで向かいアクアラインを
使って館山方面へと向かうことにします。
しかし、アクアラインの海底トンネル内は大渋滞でありました。








海ほたるにて一服することにします。比較的長い時間海底トンネル内に閉じ込め
られていたので海ほたるPAの開放感はハンパありませんでした^^

DSCF2559.jpg







東京湾の海上にこんな建造物が建っているなんて本当に凄い。しかも地下隧道
と海上に掛かった橋との中継も兼ねているなんて。やはり日本の土木技術は世界
最高基準なんですね^^

DSCF2560.jpg







こちらは同僚の娘さん。本当に可愛い小学4年生で4歳の時から見守って来ました。
オイラには子供がいないのですが、こんな子供なら欲しいですね^^

DSCF2561 - コピー







海ほたるは羽田沖でもあるわけですから航空機が頻繁に頭上を
行き交うのを見ることが出来るんですね^^
こちらで十分休憩を取ることが出来ました。

DSCF2562.jpg







海ほたるから先の橋は意外にも空いていて、木更津から館山自動車道
に入り順調に進むも、途中のPA富楽里にて朝食を食べることにしました。








オイラ行きつけの【菜の花】さんで【いわしのつみれ汁】と【いわし団子】
を頂きました。

DSCF2563.jpg







皆さんに大層気に入っていただけた様で、美味しい美味しいを連発。
こちらへ寄った甲斐がありました^^

DSCF2564 - コピー







毎回のお約束になっておりますが、こちらの【那古船形駅】にて記念撮影。
オイラ以外の人は館山は初めてなんですよ。無人駅って都心の人々には
無縁の世界なんですよね・・・。毎回同じ場所ですが、どうか、ご容赦を^^

DSCF2565 - コピー







そしてこちらも度々オイラのブログに登場する【渚の駅たてやま】。
無料の小さな水族館を見学です^^ 子供が喜んでくれるので^^

DSCF2567.jpg







タカアシガニやら鯛などの入った大型の回遊水槽を見て回った後は
小さな個別の水槽を見学^^

DSCF2568.jpg







その後、こちらの【渚の駅たてやま】脇の桟橋を暫しお散歩です。
桟橋の両左右では釣り人達で大賑わいでした。 (;^ω^)o/――~>゚))))彡

nagisanoeki 桟橋







次も恒例の沖ノ島

P2210497-01.jpg







暫しこちらの島に上陸。島の中を探検してまわります^^







こちらは戦時中に掘られた壕の跡。洞窟探検ごっこを楽しみます。

DSCF2569.jpg







磯場でヤドカリや小魚を観察。思わず童心にかえってしまいました。

DSCF2570 - コピー







お腹も減った様なので船形漁港まで食事に向かうも【伊勢海老天丼
のお店はやはりクローズ。どうやら廃業してしまった様ですね。







ハラ空かしがうるさいので近場の【南房総道楽園】さんへと向かいます。







するとどうでしょうか?【南房総道楽園】さんの駐車場にはなんとマクラーレン
が駐車されているではありませんか。

DSCF2571-01.jpg







かなり年配のご夫婦が颯爽と降りてこられましたが、実にカッコいい!!

DSCF2572.jpg







滅多に見かける事の出来ない【マクラーレン650S スパイダー】を間近で
拝見する事が出来ました。有り難や~^^

DSCF2573.jpg







オーナーのご夫婦の方々は年配のご様子にも関わらず、こういう車に乗られて
いらっしゃるという事はかなりの車好きの筈です。勿論、ロールスやベントレー、
場合によってはマセラッティやアストン、フェラーリーでもおかしくはないのですが、
マクラーレン650S スパイダーの選択はやはり相当の車好きだと思われます。

DSCF2578.jpg







この過激な内装も実にいい趣味です。華美過ぎずに適度にスパルタン。

DSCF2580.jpg







後方視界だけはやはり心配になりますね^^

DSCF2581.jpg







後ろ髪を引かれつつ食事に向かうことにします。







すると気になる看板を発見。魚専門のハンバーガーショップ。
【マンボウ】さん。【あんこうバーガーあん肝入り】や【さばサンド】、
【いかメンチバーガー】、美味いに決まっている (@ ̄ρ ̄@)

DSCF2574.jpg







オイラはマクド●ルドなんかはいかないけど(モスは好きズラ)、
こちらのハンバーガーショップは実に気になる存在。

DSCF2577.jpg







しかし南房総や館山が初めてなご一行はこちらが所望(気持ちはわかる)。
既に看板に釘付けです (;´Д`) 嫌な予感が・・・ヒシヒシと・・・
朝飯のみならず、高級ランチまでもおごって頂戴光線全開でオイラを見つめて
いるではありませんか。なんて身の毛もよだつ奴らなのでしょう

DSCF2576.jpg







結局【ばんごや本店】さんに入店となりました。以前こちらで頂いた
とろ・うに・いくら丼】をオーダーすると、ハ~イ!わたしもっ!!って・・・
はいはい、わかりましたよ。どうぞ、好きなもの召し上がってね^^;

DSCF2575.jpg







【とろ・うに・いくら丼】でございます。

DSCF2582.jpg






しっかりと網膜に焼き付けておいて下さいね
 
DSCF2584.jpg







生魚が苦手な幼子はアオサの味噌汁とご飯でアジを焼いて食べてもらいました。
焼きたてのアジの干物って格別に旨いんだよなぁ^^

DSCF2583.jpg







食後はオイラのお気に入りの道の駅の一つ、富浦【枇杷倶楽部】へGO!
ほぼ毎回登場しますが、ここの【枇杷倶楽部】と【富楽里】は本当に
いいんですよね^^  市川SA(下り)も好きな場所なんですが・・・






こちらの裏庭のガーデンでお散歩です。

DSCF2585 - コピー







花々をバックにポーズもラブリー過ぎます^^

DSCF2586 - コピー







こちらの川には大きな鯉以外にも小さな小魚が群れていて今の季節は
とても美しいですね^^

DSCF2587 - コピー







川底の石に付いた苔を小魚たちの群れが一生懸命に啄んでいます。

DSCF2589.jpg







川堤の上はこんな景色。野生のカモが数羽いたのですが驚かせてしまい、
逃げてしまったあとなので残念です(折角のシャッターチャンスでしたが・・・)

DSCF2588.jpg








その後、枇杷倶楽部内のカフェに並んでソフトクリームを求めます。

DSCF2591.jpg







おじさんには縁もゆかりも興味すらない「乃木坂46」なるユニットの
サインの他何枚かの色紙が飾ってありました。10分程で行列からは
離脱出来ました^^

DSCF2592.jpg







枇杷ソフトではなく、オイラはイチゴソフト。

DSCF2593.jpg







こちらはミルクソフトのコーン。

DSCF2594 - コピー







テラスで仲良く頂きました。

DSCF2595.jpg







その後、一路帰宅の途につきます。
羽田空港まで送って行くために帰りもアクアライン方面へと向かいます。
要塞の様な海ほたるの施設が正面に見えていました。

DSCF2596.jpg







メルセデスが珍しいのか、木目パネルやスイッチ類をやたらに撫で回して
おりましたが、とてもいい子にしていてくれました。助手席のサンバイザーを
下ろすとバニティーミラーが現れて、ミラーの蓋を上げるとLED照明が点灯
するので、それを面白がり、つけまつげを付ける真似を始終しているのが
印象的でした^^ 







子供のいないオイラにとってはとても新鮮で面白い1日となりました。







次回はS660による【館山ドライブ道中記 2号機編】をお送り致します。







S660のインプレと新たな館山方面のスポットをご紹介したいと思います。







それでは、See you next time. ꉂꉂ ( ˆᴗˆ )✌













駆け足のオイラ

この日はいつも通り仕事ではあるが、早朝の内に相棒号2号機にて成田へと向かう
ことになった。相棒号2号機を、決して成田スタッフ共に見せびらかすためではない。
それが証拠に未だほとんどのスタッフが出社しない時間に訪れて、午前中のうちに
羽田国際線ターミナルに戻る予定なのである。病上がりではあるが羽田エリアでは
役員の送別会があり、どうしても出席しなければならないために成田から一度自宅
に寄って車を戻し、午前中最終時間の予定の業務に間に合う様に行動しなければ
ならないという何とも理不尽な予定となってしまったが、先ずはやってTRY。







午前5時半位には取り敢えず出発せねば・・・
というわけで、2号機を地下格納庫から召還。

DSCF2666.jpg







通勤カバンを助手席に放り、駐車パレットを地下へと戻します。

DSCF2668.jpg







2号機に乗り込み予定を確認。

DSCF2671.jpg







いざ出発。東京方面はピーカンですが、成田方面には分厚い雲が・・・。

DSCF2667.jpg







最大の渋滞箇所である国道16号線を渡り切り、順調に6時20分頃には北総エリア
には到達出来ました。インプレは後日またの機会に譲るとして、取り敢えず先を急が
ねばなりません^^;

DSCF2669.jpg







利根川水系の河川近くの道に出て印旛沼を甚兵衛大橋方面へと横切ります。

DSCF2670.jpg







成田の営業所付近に到着。

DSCF2672.jpg







挨拶もそこそこに要件を片付けます。







1時間少々で要件を切り上げて、一度自宅へと向かいます。
東京方面は快晴ですね。

DSCF2676.jpg







午前10時前にはなんとか自宅に到着。

DSCF2677.jpg







2号機を地下格納庫へ収納するとその足で直ぐに駅へと向かいます。
実はオイラ、駅前生活者なんですよ。駅と自宅はすぐに目と鼻の先。

DSCF2678.jpg







電車を乗り継ぎ京急線の【羽田空港国際線ターミナル駅】に到着。
既に午前11時30分。何とか午前中に羽田空港国際線ターミナルに
到着することが出来ました。

DSCF2680.jpg







朝飯もまだなオイラは12時少し過ぎにようやく飯にありつきます。
時間があまりないので、仕方なく(強調)この日もラーメンで済ませます。

IMG_0507.jpg







【品達羽田】では、まだ1度も手を付けていないお店。「博多とんこつ 笑い豚」
さんに初チャレンジ。

IMG_0502.jpg







いわゆる「博多とんこつ系」や「九州系ラーメン系」を苦手とするオイラですが、
八千代の「小鉄」さんの例もあり思わずの発見もあるかもしれませんので、敢えて
の挑戦となりました。【とんこつチャーシュー麺】替玉付きで勝負を賭けます。

IMG_0501.jpg








10分程待って登場です。「博多とんこつ 笑い豚」謹製【とんこつチャーシュー麺】。
手合わせ願おうか! スープはとろみがあるほどのドとんこつ。やはり豚くさい・・・
博多ラーメン特有のポソポソの麺に限ってはオイラは固めにせず、普通を選択。
ハリガネって・・・粉落としって何・・・いやぁー!怖いですぅ。バキバキの粉っぽい
のってどうなんでしょうか^^;
と思うも、このスープにはこの麺しか合わないんでしょうね。癖と癖との激突が
調和のとれた世界を何故か誕生させている。だからこんなに博多とんこつラーメン
は多くの方に愛されているんですね。不思議な存在ですね^^

IMG_0504.jpg







博多ラーメンでのキクラゲの存在って大きくないですか?中華そばでいうメンマ
の役割を果たしている飛車角的な存在の具材なのではないのではしょうか?
歯応えといい歯触りといいまさに麺具材のスーパースター。王将のチャーシュー
とも互角にファンをもつ稀有な存在であると改めて認識致しました。

IMG_0505.jpg







くどい、臭い、といいつも替え玉を要求するオイラ。
好みの優劣はあれど、やはりラーメンっていいですね^^
こちらの「博多とんこつ 笑い豚」さん、★4ッつ!

IMG_0506.jpg







こうしてせわしない昼食を済ませて、午後は仕事に臨み、夜は夜で
退陣する役員を見送りするオイラなのであった。







次回はいよいよお出掛けへ^^
S660のインプレッションをお伝えしたいと思っております。







毎日が駆け足でせわしないオイラですが何とか生きております^^







この後も数回飲み会の予定が入っておりますが、毎回オイラに1万円以上
の会費や補助金を請求するのはいい加減にしておき給え^^; 幹事諸君!







おじさんも怒ると怖いということを再認識するハメになる前に・・・







ヒーハー!!!thumbnail-1.gif








See you next time. ꉂꉂ ( ˆᴗˆ )✌







 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

きいちゃん

Author:きいちゃん
休日の外食の多くはラーメンと寿司
を食い歩く。
車好きではあるが、走り屋にあらず、
洗車嫌い、カスタムにも興味がなく、
デコもしない。ニッチな独自の
世界に耽る傾向にあり。現在の愛車は
相棒号1号機のMersedes-Benz C
クラスと2号機のHONDA S660。
貿易・通関士・国際複合輸送、海事代理士・
港湾・国際空港ターミナル・免税売店・
ブランドブティックがキーワード。
現在は羽田空港国際線ターミナルと
千葉県にて生息が確認されている。
美味しい料理と美しい車が好物。
ハードボイルドな一面とギャグ漫画の
要素を併せ持つ、見た目は中年、頭脳
は子供、その名は「きいちゃん!」

※写真はターミネーターでもキャシャーンでも
 ありません。本人です。 

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (33)
W205 (22)
Mercedes-Benz (7)
グルメ (56)
過去帳 (5)
ブランド (3)
道中記 (49)
ミュージック (7)
羽田空港 (18)
成田空港 (1)
Kiichi's Domination (10)
S660 (12)
オイラの独り言 (8)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

FC2Ad

Template by たけやん