音楽とイメージトレーニング

Category: ミュージック  04/04 /2016 (Mon)

最初にことわっておきますが、オイラは強靭な強い男ではない。
頭の出来だってむしろ残念な部類に属する方であると自覚している。
見た目の誤解や尾ひれのついた噂が時にはオイラを過剰に評価し、
勝手に想像されたオイラと実際のオイラとの乖離がオイラを窮地に
追い込むことがある。







職場で社の内外の方々から身体の鍛え方や国家資格取得のための
勉強の仕方などについて聞かれることが何かと多い。







これが一人や二人ならまだいいが、いろんな方々からこれが複数に渡る
と正直辛いものがある。いつも同じ話をいろんな方々に話さなければなら
ないからだ。これがまた人によってディープさや事象が異なることが厄介
なのである。







何ひとつ取り柄のないオイラが他人様にモノを教えるとか何かを語るなど
片腹痛い限りである。しかし逆説的に見れば、駄目駄目なオイラだからこそ、
やり通す意志の力と努力(効率化と知恵は必要)と継続の意味は身を持って
購って来た事とも言える。







「もしもし、聞く相手を間違っていますよ」と声を大にして言いたいところでは
あるが、そう答えれば答えたで謙遜と受け取られて更なる誤解を招くことも
屡々。かと言って努力の話なんてしても、されても、面白くもなんともない。







良く聞かれる身体の鍛え方や国家資格取得のための勉強の仕方だが、
オイラの持論では妄想(イメージトレーニング)と音楽の活用が有効的手法
であると思っている。そこで今回はイメージトレーニングや音楽の効用に
ついて述べてみたいと思う。興味のない方はスルーして下さいね。







オイラの会社の運送部門のドライバーに元プロボクサーの男がいる。
今も週に何度かジムワークに通って汗を流している様な奴です。
最近彼は日本のボクサーにあるまじき?過剰なボディー改造に凝っていて、
オイラと顔を付き合わせる度にトレーニング方法やアドバイスを求めて来る。
オイラも体を動かさなくなって約18年近くが経っているが答えられる範囲では
僭越ながらアドバイスを与えたりしている。




また、ボクシングについてもいろんな意見を求められるが、そっちは最近まで
現役のプロだった人物、こっちは何十年も前にアマチュアを噛じった程度、
オイラ如きが何かを云う資格などあるはずもないので、都度お断りをしている。




先だって彼は彼と面識のある渡嘉敷さんや渡辺二郎さんたちとの飲み会に参加
した様で、写真を見せながらいろいろ話をしてくれるのだが、そちらの方面には
オイラはテンで弱い・・・好きなボクサーを聞かれることも多いのだが、正直あまり
いないのでこちらは会話があまり成り立たない。




いや、まったくいないわけではない。最強ミドル級の中で、100年に一度の天才
と言われる人物が同時代の同階級に4人も存在したことがある。
マービン・ハグラー、ロベルト・デュラン、シュガー・レイ・レナード、
トーマス・ハーンズの天才4名である。




彼ら4名の天才の激戦は今でも語り草になっているので説明は不要に思われる
ので割愛させていただくが、オイラはマービン・ハグラーが世界一のボクサーだと
思っている。100年に一度といわれる天才が同じ階級に4人も同時に存在した中
で、やはりハグラーの強さやストイックなボクサーとしての姿勢、鍛え上げられた
肉体、全てがパーフェクトであったと思う。

ハグラー01
左がマービン・ハグラー。右がシュガー・レイ・レナード。




ハグラーに勝るとも劣らないのが、フロイド・メイウェザー・ジュニアである。
彼はボクシング史上人跡未踏の境地である全勝での5階級制覇を達成した超人
である。オイラはここ最近のボクサーをほとんど知らない。あれだけ好きだった
ボクシングから興味が失せてしまったのだ。オイラって飽き症なのかもしれない
と思う今日この頃なのです。

フロイド・メイウェザー・ジュニア001
フロイド・メイウェザー・ジュニア




話が脱線してしまったが、ボクサーの彼は常人離れした肉体を欲して夜な夜な
ハードなトレーニングに励んでいるのである。ボクシングではプロで戦っていた
彼ではあるが、ウエイトトレーニングやボディビルはまったくの素人であるため、
どこかで間違えたオイラの噂を聞きつけて何かと話をしてくるのであります。




トレーニング方法やメニュー、ルーチンやコンセントレーション、インターバルや
食事方、超回復や休息についてはもう既に一通り説明もしており、もう話すことは
何もないと思ったら、まだあったんです。メンタル面の維持やモチベーションの
維持や高め方など・・・。これは難しい。人によってかなり異なりますので・・・。




オイラはイメージの刷り込みとイメージトレーニング(以下イメトレ)が大切だと
考えています。例えば、こういう身体になりたいという身体を出来るだけリアル
に思い浮かべ、それを徹底して自分の頭に刷り込みます。胸はこうで、肩や腹
はこう、そして背中はこうで腕はこう、という具合に、具体的に映像として頭に
叩き込みます。オイラの場合は背中はマービン・ハグラーをイメージしました。

ハグラー02
ハグラー(右側選手)の背中はまるで亀の甲羅を連想させるほど鍛えあげられていた。




正しいフォーム、正しいやり方で継続してトレーニングを行うのは当たり前ですが、
胸を鍛えているのならなりたい胸をイメージし、背中を鍛えている時にはなりたい
背中を思い浮かべてトレーニングすることが重要だと思っています。そしてその時
に自分が全力を出し切れる様な意識を高めてくれる音楽を聴くか、思い浮かべる
かして力を出し切れる様に自分で追い込む癖をつけることがより効果を発揮する
方法なのです。音楽は飽くまで発火剤に過ぎませんが、要はなりたい自分と自分
の今鍛えているパートがその音楽にのって理想的に動いていることをイメージ出
来るかに秘訣があると思います。




人によってその音楽は違うし、トレーニング内容や鍛えるパートによって音楽を
変えてみるのも一つの手ではあります。またこれを聴いたらスイッチが入る的な
習慣性を持たせることも結果を出すコツかと思います。




オイラの学生の頃はジムは高くて(入会金で数十万円・月会費十万円なんて
ザラでした)通えないので、ひたすら家で腕立てや腹筋、背筋を鍛える懸垂を
していました。しかしただ続けるのは限界があります。そこで大藪春彦の小説に
出てくる主人公を自分に置き換えて、主人公がトレーニングをしている姿を思い
浮かべて、自分のトレーニングをそれに重ねることによって継続することが出来
たのです。要は妄想の賜物だったわけです。言い方を変えればイメトレの導入が
継続と結果をもたらしたという事です。




その後は浜田省吾の【MONEY】をトレーニング中にラジカセで再生して、持たざる
者の主人公がハングリーさを武器に這い上がって行く様を自ら重ねていました。
トレーニング中はそういう自分に成りきるワケです。今思えば何やってんだという
気もしますが、結果これが怠け者の自分を奮い立たせるのに大いに役立ちました。




浜田省吾 - MONEY





やがて社会人となりウオークマンがどうにか買えるようになると、全くの妄想から
音楽を取り入れることによって、更にイメージを膨らませてトレーニングが出来る
様になり、より効果が現れる様になったのです。ここまではスポーツジムに通える
様になる前の話です。

丹沢キャンプ-きいちゃん
20代後半のジムに通う以前のオイラ。既に背中には甲羅を背負っています。




その後、スポーツジムが入会金1万円、月々1万円で通える時代が到来して28歳
にして、漸くスポーツジムに通える様になったのです(お恥ずかしい)。




ジムに通う様になってもやはり音楽は役に立ちました。意識の切り替えや集中する
際のスイッチの役目を果たし、ジムワークを充実したものにしてくれたのです。また、
耳を塞ぐことでズブの素人から好奇心で話しかけられトレーニング中のインターバル
やルーチンにロスタイムを発生させないなどの効果もあります。要は、「今俺に話
かけるな」的なメッセージでもあるわけです。これを聞いてなんて嫌な奴なんだと思う
かもしれませんが、トレーニング中の休息やトレーニング自体に悪影響を及ぼして
しまえば結果は得られず、それらの努力は無駄となってしまうので、何のためにジム
に通っているのか、その志に従って行動しなければならないのです。友達や知人を
作りにジムへ通っているのでなければ真摯に考えなければならないことなのです。




それなりの身体をした人がトレーニングをしている時、各セット間のインターバルを
とっているときは話しかけるのをやめましょうね。トレーニングの話を聞きたければ、
インストラクターに聞きましょう。真剣に勝負をしている最中に空気を読めないアホ
がそこに割って入る余地は無いのです。ジムは社交場ではないのです。相手を
見て敬意を払うべきです。敬意とは邪魔をしないということです。




無いは無いなりに知恵や工夫を凝らし突き詰めなければ、結果は得られないという
事なのです。その中で、自分のトレーニングの内容や時間配分、インターバルを取り
過ぎないという重要なことは、自分でコントロール出来ない限り、目標には手が届く
ことは有り得ないのです。 ”No pain、No gain.”の真理はここでも支配が働いて
いることを忘れてはならないのです。




因みに私がジムでトレーニング中に聴いていた音楽は【ハーツ・オン・ファイヤー】、
【Winner takes it All】、【ライディング・ハイ】などノリのいい曲が多かったですね。
テンションを高めていく曲でリズミカルなものを選んで聴いていました。




上記の曲は飽くまでも一例に過ぎませんが、参考に下記に貼り付けておきます。
知らなければ是非聴いてみて下さい。身体が疼きますよ、多分。




John Cafferty - Hearts On Fire



Sammy Hagar - Winner Takes It All



Rosemary Butler - Riding High










次は国家資格などの(難易度BからA程度、SまたSSは除く)勉強方法に
ついてですが、これは人により言うことが違うと思いますが、オイラは下記
の方法で1回の受験で合格を果たしています。



先ず入門書的な出来るだけ簡単なテキストを用意する。次にわけがわかっても
わからなくても、立ち止まらずに一読する。過去問の問題集(解答の解説付きの
ものが望ましい)を入手し、テキスト一読後、極力早めに直近(前年)以外の
過去問を一度解いてみる。直近の問題は後に模試として活用するのです。
薄いテキストを一読しただけでのトライアルなので、出来なくて当たり前位の
気持ちで結果を気にしないのがポイント。




但し、しっかり採点を行い解説付きの解答を見て何処が何故間違えているのかを
理解し、同じ問題を得点率が100%になるまで何度も繰り返す(先ずは1~2年分で
良い)。その際都度解説を読み込み理解するまでやり通す。要は過去問攻略が
重要なんですよ。過去問は既に出題された重要な問題出題の宝庫ですからね。




厚いテキストなんか覚えきれない。過去問から答えを逆引きして効率化を図るわけ
です。ただし重要な部分の暗記や理解も大切ですのでそちらも忘れずに攻略して
おいて下さい。ノートなんて作る必要なし。時間の無駄です。その時間があったら
一つでも問題を解くか、重要な定義などを暗記した方が賢明です。




難易度BからA程度の資格であれば、600時間から700時間の勉強量が必要
なので勉強期間に6ヶ月間費やすのであれば、700時間÷180日=3.8888時間。
一日あたり約4時間の勉強量を確保する。但し机に向かう時間とは考えず、
通勤の往復時間や一日の生活から工面できる時間をかき集めて勉強にあてる
のである。




通勤が片道1時間ちょっとなら往復で2時間は確保できるし、昼休みに15分
確保できればそれも利用する。車で通勤ならテキストを音読したものを再生して
車中で耳から覚える。平日は早朝1時間半は勉強にあてる。寝る前に15分位を
暗記やテキスト読み込みに費やす。ハイ、これで4時間勉強時間がとれました。




平日は暗記や理解に努める。そして休日はひたすら最低10年分の過去問題
をやり込む。何度も何度も。過去問で常に満点がとれるまで精度を上げてゆく。
オイラは休日には最低8時間、多い時には16時間位これを行った。
これを半年続ければ独学で一発合格間違いなし。




ただし、Sランク やSSランクの資格試験はこれだけでは駄目だと思う。
精々、通関士や社労士、海事代理士程度まではこの方法で十分なはず。
それ以上の資格については経験がないので正直わからない。
それ以上の資格については他をあたって下さいなと。





オイラは過去問を解いている時には基本テレビを付けて聞き流しながら行うか、
音楽を聴きながら行うことにしている。それじゃあ集中出来ないという貴方、
それは大きな間違いです。試験会場では試験開始の合図とともに一斉にカッカッ
と鳴り響く解答用紙への書き込み音や、隣の奴の消しゴムかけの揺れや音、
はたまた貧乏ゆすりなど様々な気を削ぐような状況下で問題を解くわけです。
普段静かなところで勉強をしていて、そんな戦場の様な場所でイザという時に
力を発揮できますか?




周囲の雑音にイライラして思うように集中出来ないんじゃあないんでしょうか。
1回切りの本番ですよ。
集中できなかったという理由で来年もまた勉強するんですか?
雑音の中でも集中して問題が解けることが大切なのですよ。
これは飽くまでもオイラ流の勉強のやり方ですが。




ですから罪悪感なく音楽を聴きながら、テレビをかけながら、勉強することを
オススメ致します。音楽の場合は出来るだけ賑やかな曲を選んで聞き流します。
静かなBGMですとアドレナリン出ないし、眠くなっちゃうんですよね。
自宅以外ではイヤホンを使うのは常識ですよ。念のため。
テレビであればバラエティーの様な常に騒がしい番組がいいかと思います。
但し、テレビの場合には画面を見入らない様に気をつける必要がります。
勉強ではなくて休憩になっちゃいますからね。




オイラのオススメはAK-69。 
やはり勉強時にはヒップホップやラップに限ります。

Nobody Does It Better - feat. DS455/AK-69



Guess Who's Back - AK-69



LOWRIDING - AK-69




実際に国家資格である海事代理士の勉強中にはAK-69やMARIA、P.C.D.
を聴いて勉強していたのです。


更なる昔に取得した国家資格の通関士試験の勉強時には、TVでスーパー
ジョッキーの熱湯コマーシャルを聞き流しながら勉強をしておりました(実話)。


だから言ったでしょ、聞く相手を間違っていますよって。


でもこれすべて本当のことですよ。効果のほどは人それぞれだと思います
が是非参考にして下さいね。







以前にオイラ、職場でカミングアウトしたことがあるんです。
仕事で疲れてストレスが凄い時に【岡本真夜】の「そのままの君でいて」
のPVを聴いて癒しを得ていると言ったら、大笑いされてバカにされました




オイラが【岡本真夜】を聴いたら何か? 
thumbnail-1.gif





オイラが【岡本真夜】を聴いちゃいけないんですか?
facemark_27-01.png




戦士にも休息は必要なんです。いつもジャズやR&BやHIPHOPばかり
聴いているわけではないのです。




日々仕事に追われてストレスを感じているオイラには
【岡本真夜】の「そのままの君でいて」が必要なのです。




信じない人は是非一度PVをポチッとな!






あー!! (´Д`) 癒されるぅー!






斯(かく)も音楽の力は偉大なり!







オイラはすべてを話しましたよ。
目の前の扉を開けて飛び込むか、ためらうかはあなた次第です。







See you next time. ꉂꉂ ( ˆᴗˆ )✌








スポンサーサイト


Comments (10)Trackbacks (-) | TOP

アイ リメンバー 【HANEDA Valentine Night】

Category: ミュージック  02/16 /2015 (Mon)

2月15日 日曜日、この日も仕事です。




モノレールにて日曜日恒例の羽田営業所各部署の巡回に出掛けます。

20150215_131715-1.jpg




午前中には流通センター駅にある部署と第一ターミナルを巡回します。






流通センターを訪れた後、第一ターミナルを巡回して各部署を廻り、
最後に制限エリアを巡回して第一ターミナルを後にします。

20150215_100757-1.jpg






正午近くに国際線ターミナルに戻り、江戸小路と日本橋エリアを巡回して
スタッフへの声掛けと各店舗への目配りを行いながら、一般ロビーの
客足と店舗の繁忙加減を確認し、事務所に戻る歩を早めます。

20150215_125536-1.jpg

20150215_125605-1.jpg

20150215_125405-1.jpg






午後には整備地区にある部署と第二ターミナルを巡回し、その後再び
国際線ターミナルに戻って国際線の制限エリア内を巡回した後、自分の
仕事に戻る予定です。

20150215_124914-1.jpg







12時を大分過ぎてしまったため急いで事務所を出て食事に向かいます。
江戸小路レストラン街は混雑していたのでROYAL PARK HOTEL内に
あるレストランへと向かいます。

20150215_124705.jpg






どうやら席に空きはある様です。暫し案内を待ちます。

20150215_124633.jpg






ROYAL PARK HOTEL内のレストラン【TAILWIND】はこんな感じのお店です。
みなさん食事中の上、かなり沢山のお客がいる事から店内全体の撮影は遠慮
致しました。HP拝借の写真でご想像下さい。

-01st_tail.gif

img_tail-02.jpg

前記事は月別アーカイブから 2014年9月21日 ⇒ 【羽田空港国際線ターミナル
グランドオープン】 ⇒ 【ロイヤルパークホテル ザ羽田】 試泊 レポートを
ご参照下さい。






ギャルソンに席を案内されてメニューを渡されます。
スタッフメニューからエアラインランチの洋食を選択。
【和風スパゲッティ イカのフリットとキノコ入り】をオーダー、
食後にコーヒーをお願い致しました。

20150215_121508-1.jpg




この日の【TAILWIND】は我社以外の知った顔が沢山いました。
空港の華やかな制服が集うこのお店のシチュエーションは一層
一般のお客さんを誘引することでしょう。ドラマの撮影に使えそうな雰囲気です。






ミネストローネスープと玉子サラダが運ばれて来ました。

20150215_122313-1.jpg






サラダとスープを平らげて暫くするとメインのパスタが登場。
沢山のキノコとイカのフリットの歯応えが堪りません。
量も先ず先ずで私にはジャストなボリュームでした。

20150215_122900-1.jpg






食事が済み、器を片付けて頂くとコーヒーが運ばれて来ました。

20150215_124355-1.jpg




食事を終えて暫しの憩いの一時、仕事の事も忘れます。




匸Pヽ(*´∀`*) 至福の一瞬です。




普段の勤務日の昼食とは異なり、日曜出勤時の昼食はたまに
こんな時間を手に入れる事が希にあるのです。僅か数分ですが・・・




メローなJAZZのBGMが昨夜の素晴らしい演奏とオーバーラップして
流れている曲と別の曲が私の中で流れ始めました。




_、_  )y━・~~~  ← 昨日のライブを回想中




              ●
              ●
              ●
              ●







♬♪゜・*:.。. .。.:*・♪♦♫♦・*:..。♦♫♦*゚¨゚゚・*:..。♬♪゜・*:.







              ●
              ●
              ●
              ●






昨日の2月14日、仕事を5時にあがらせて頂き、【TIAT SKY HALL】へ 
向かいました。




この日は6時30分から糀谷駅の中華料理店でスタッフMJ君の送別会
があるため、6時には国際線を出なければなりませんが、6時までは
JAZZピアニスト【木住野佳子trio】のJAZZ演奏ライブを見たいのです。




そうMJ君は通関士試験に合格して、成田営業所の通関業務課に異動
する事になったのです。

前記事は月別アーカイブから 2014年11月30日 ⇒ 蕎麦処【蕎麦 三久】さんへ
をご参照下さい。
 



木住野佳子さんのライブとMJ君の送別会、このダブルブッキング似た状況を
如何にして乗り切るのか。




仕事は強引に5時であがり、5時から6時まで木住野佳子さんのライブ、6時に
国際線を出て糀谷駅へ。




ワガママ且つ強行なスケジュールを履行すべく全力を注ぐしかない・・・




このライブを見れればきっと明日からも辛い仕事に耐えられるに違いない。
強い意志の下、私は判断を下して行動したのでした。






そう楽しみにしていたJZZYな夜 【HANEDA Valentine Night】 
むさい男の一人参加だっていいんだもん、聞きたいものは聞きたいんだい!

    
15_2_14haneda.gif

待っていて下さい。佳子様、馳せ参じます!






半ば強引に仕事をあがり、【TIAT SKY HALL】を目指し
僅か1分程で出発ロビーに到着。

20150213_184526 (1)-1






イルミネーションが嫌でも雰囲気も盛り上げます。

P2140397.jpg






招待状を手にとっくに開演している会場に到着。

P2140386.jpg







4時オープン、5時STARTとなっています。受付を済ませて、いざHALLへ

P2140387.jpg






既に演奏の真っ最中。

P2140390.jpg






ピアノの力強く美しい調べがベースとパーカッションと相まってとってもパワフル
なステージに仕上がっていました。

P2140389.jpg





数曲の演奏後、木住野佳子さんのトークを挟み、再び演奏が・・・

P2140393.jpg






満席に近かかったのですがスタッフの方が椅子をすすめてくれるも
辞退、立ったまま後ろの壁を背にして寄りかかり演奏に耳を傾けていました。

P2140391.jpg






トリオやカルテットでのバップはスイングとはまた違った各ソロの即興的演奏
(見せ場)に違いが出る様です。

P2140392.jpg





素晴らしい時間もあっという間に過ぎ、一幕目の終了です。休憩を挟んで
二幕目を見たいのですが、時計に目をやるとちょうど6時です。

P2140394.jpg






後ろ髪を引かれつつ一幕目でHALLを後にしなければなりません。
大事なのは仲間です。今日の演奏は忘れません。

P2140396.jpg





JAZZYな夜は短かったけど素敵でした。
さあ、仲間を送り出さないと・・・

20150213_184609 (1)-1

国際線ターミナルを後にして京急のホームへと向かいます・・・・




              ●
              ●
              ●
              ●



            _、_  )y━・~~~  


              

              ●
              ●
              ●
              ●




おっと、昼休みの時間も、もうそろそろお終いです。




伝票を掴むとレジへ向かいます。




さあ、仕事に戻ろうか・・・




こうして私は午後の巡回へと向かうのでした。




              ●
              ●
              ●
              ●




アイ リメンバー ユー!  MJ!









Tags : 木住野佳子 TAILWIND

Comments (8) | Trackbacks (0) | TOP

津軽三味線ライブコンサート【アイ ラブ ジャパネスク 冬の響き】

Category: ミュージック  02/09 /2015 (Mon)

2月8日(日)この日は仕事だったのですが、TIATスカイホールにて
上演中のライブに業務終了後に行って参りました。




今回私としては変わった趣向のライブへ足を運びました。






津軽三味線小山会主催の【アイ ラブ ジャパネスク 冬の響き】
というタイトルのコンサートです。

20150204_123414-1.jpg






私の趣味は「ヨー、ホーミー!」「ヘイ、メン!」のセリフから始まり
「ユー マザー ファッX」に続く低音系のスタイルのモノが好みなの
ですが、関係部署の方から頂きました上記コンサート優待券チケット
を有効活用するべく、興味本位にて覘かせてもらいました(正確に
言えば興味もなかったのですが刺激を求めていたのでしょうね)。

20150204_075928-1.jpg






コンサートは午後3時オープン、午後3時30分開演スタートなのですが、
午後4時30分までは仕事です。そこから先のエントリーとなってしまいます。
100分程の演奏時間を予定しているとの事でしたので、途中からのライブ
視聴となります。100分ということは5時10分までかと予測を付けての参加
となりました。

20150208_150848-1.jpg






優待券を受付で渡して、ドリンクチケットを購入して飲み物を受け取ります。

20150208_150813-1.jpg




最初は津軽三味線演奏で有名な某兄弟の様な演奏ステージを
想像していたのですが、ライブの内容は想像していたものと大分違い、
良い意味で期待を裏切ってくれるものでした。





最初にお断りしておきますが、私個人は一切音楽活動や楽器の演奏は
致しませんし、音楽全般にあまり関心がなく、知識も欠如しています。




勿論才能などもなく、それどころか、天才級の音痴であるわけです。
音楽を聴くこと自体は好きですが評論する能力や知識は一切ありません。




ですからここでの話は個人的な感想を述べるにとどまっているとご解釈下さい。






コンサートホール内は写真撮影禁止の為、これ一枚限りです。

20150208_163306.jpg






途中入場してから20分位経過するまでは津軽三味線小山会4名での
三味線演奏でしたが、10分位の休憩を挟み、その後は三味線とベース、
太鼓系打楽器、尺八のカルテットによる圧倒的な迫力の演奏が
アンコールを含め予定演奏時間を大幅に超えて6時10分頃まで続きました。




和太鼓の迫力あふれる多彩なリズム、尺八の美しい調べ、ベースの響く低音が
三味線の力強さと相まって、かなり面白いエンターテイメントに仕上がっていた
と思います。





途中からとは言え、本当に素晴らしいライブを見ることが出来ました。





私の狭かった音楽分野も刺激を受けて様々なものに興味を持てそうな
予感が致します。




食わず嫌いや偏見はいけませんね。




今回のことが大きく私の視野を広げてくれたと思います。




大人の楽しみ方って奴も少しだけわかった気が致します。




色眼鏡を捨てて試してみる。これがわかってケツの青みが
少しは取れたかも知れません。









Comments (6)Trackbacks (-) | TOP

ライブに行っちゃいました^^

Category: ミュージック  12/25 /2014 (Thu)

12月21日(日)、早々に仕事を切り上げて、羽田空港国際線ターミナル
4Fの【TIAT SKY HALL】を目指します。

20141221_150847-1.jpg

熱狂的な【KG】や【CIMBA】のファンたちが数人開演前から並んでいます。






そうこの日は【KG】と【CIMBA】の2本立てライブコンサートなのです。

20141221_150833-1.jpg

優待券を出して受付を済ませて、ドリンク代500円を支払い会場へ^^
ドリンクはビールを選択^^





1stステージは【CIMBA】からスタート。

20141221_163607-1.jpg

コンサートでの写真はスマホによる撮影(しかもフラッシュ不使用)
のため見辛くて申訳ございません。しかも一番後ろからの撮影です。






迫力のパフォーマンスと声量で観客を魅了します。

20141221_171244-1.jpg





45分のステージの間、会場はノリノリでした^^

20141221_163355-1.jpg





2ndステージは【KG】。

20141221_165356-1.jpg





圧倒的な歌唱力とユニークなトークで会場を沸かせます。

20141221_173334-1.jpg





45分のステージタイムの終了を待たず、終了15分前に会場を
後にします。time out、残念ですがここまでです。
この後、用事があります・・・ ||| orz


20141221_171847-1.jpg

十数年ぶりにライブに行くことが出来ました^^
またチャンスがあったら楽しみたいと思います。





来年 の2月14日(土)に同会場の【TIAT SKY HALL】にて
木住野佳子きしのよしこ)trio】さんのコンサートがあるんです。
是非にも行きたいなぁ~と思っています。

相変わらずお綺麗です。私の2つ年上とは思えない美貌です。

15_2_14haneda.gif

何か男一人で「バレンタイン・ナイト」と銘打ったライブには行き辛い
のですが、やはりJAZZはいいですよね。久しぶりにJAZZYな演奏
を聞きたいものです^^






♬♪゜・*:.。. .。.:*・♪♦♫♦・*:..。♦♫♦*゚¨゚゚・*:..。♬♪゜・*:.






12月23日(火)前日より喉の痛みや筋肉痛があり、体調が今一な
状態でしたが、午後4時頃遂に我慢出来ずに近くのクリニックへ。
熱を計るも38度。インフルの検査をするも陰性の結果にε=(-。-;)

しかし、その後38度5分まで上昇。午後6時50分ようやく帰宅準備。
明日明後日と臨時に休みをもらう事に・・・寒気が凄いガクガク( (( ;゚Д゚)))ブルブル



喉が痛く、鼻が詰まって痰が酷い。

発症時間が早いうちに検査をした為、若しかしたら陽性の可能性
もあることから翌日自宅付近の病院へ行く事に。



診察に3時間以上も待たされ待合室でお熱が急上昇。



ここまで酷いとインフルの可能性もありと再検査を行って貰いました。






しかし、結果は再び陰性でした(良かった)ε=(-。-;)

PC240053.jpg

検査キットパレットのAやBに着色ラインがないことから陰性と判断。






インフルに非常に似た症状の重い風邪ということでした。
最初のクリニックでもらった薬で、熱が全然下がらないので
新たに薬を出して頂きました。

PC240054.jpg

24日・25日と繁忙の最中にお休みを頂いたので(恐縮です)、
しっかり養生をしています。25日の夕方現在には体温は37度台
前半になって参りました。後、1~2日で回復しそうです^^






暫くは養生に専念のため、外出はナシです。
明後日には外食位出来ればいいですね。

PC200049✩

なかなか昼間は眠れませんが、i-podで音楽を聞いて
ベッドで横になっているのもたまにはいいのかも・・・

この際、風邪の他に溜まった疲れも抜けて行ってくれることを
祈るばかりです。



Tags : KG CIMBA 木住野佳子 きしのよしこ インフル

Comments (4)Trackbacks (-) | TOP

ドライブミュージック

Category: ミュージック  10/12 /2014 (Sun)

ドライブ中、車の中で如何にして過ごすのか個性の別れるところです。

ラジオ愛好家の方も多いのではないでしょうか。
FM派であったりAM派であったり、更に番組リスナー系や聞き流し系
など鉄マニほどに奥が深い様です。

TVキャンセラーの普及でTVをかけっぱなしの方もいますし、DVDなど
を流しっぱなしの方も見受けられます。

無線等を楽しむ方、中にはエンジン音がドライブミュージックという
ハードな方も稀にいらっしゃいます。


私は専らCD等の音楽を常に流している派です^^
ラジオは基本聴きません。
ドライブのシチュエーションや季節、気分によって音楽を選択しています。


というわけで、誰にも訊かれてはいませんが勝手に私のお気に入りの
ドライブミュージック特集となります。



私の場合ですと例えば、季節では夏ですと【Ms. Triniti】や【Kierra Kiki
Sheard】を良く聴きます。秋や冬には【Tina】等の歌手選択をしたり、
アゲアゲでアドレナリンを巡らせたい時には【MARIA】等のhip-hopや、
いわゆるノンストップパーティーミックス等のDJオムニバスものを流し
たりしています。

実はこれらみんな古くて8年から10年前の曲ばかりですが良いものは
良いという信念のもと聴いております。




夏といえばチューブやサザンという感覚で、私の場合【Ms. Triniti】の
【DO OR DARE】なんかがお気に入りです。

ミストリニティー




基本R&Bが大好きですが、ゴスペル系R&Bの【Kierra Kiki Sheard】
の【This Is Me】というアルバムも良く聴きます。

キキ




秋から冬にかけてはかれこれ15年位前の【Tina】の大ヒット
アルバムの【TRUE LOVE】をネバーエンディング状態^^で
かけています。

ティナ

【Tina】は私にとって日本のR&Bの中では一番好きな歌手なの
ですが、ハードボイルド感たっぷりなこのアルバムはもはや
私の中では珠玉の一枚と呼べる代物となっています。

【There Must Be An Angel】、
【I’ll be there】や【Magic】、
【I can’t take it】など名曲ばかりです。




またHip Hopやレゲエも好きで、和洋色々聴きますが、
いつの間にか消えてしまった逸材の【MARIA】。今でも
聴き続けています。プリーズ、カムバック MARIA を
望むファンは意外と多いと思います。

アルバムジャケットを一部紹介します。

マリア1

マリア2

マリア3

マリア4

マリア5


【MARIA】はHip-HopにしてもReggaeにしても最高にクールな
エンターテインメントでこだわりをもったアーティストだと思います。



その他、DJ系ノンストップパーティーミックスのアルバムは
年に何枚か購入してリピートしている感じです。



今回はアルバム等の媒体の紹介の為、PVのような音楽販売促進
ビデオとは異なります。曲の詳細については【YOUTUBE】等から
の引用は控えさせて頂きました。



紹介のミュージック1曲でも気に入って頂ければ幸いです^^








Comments (0)Trackbacks (-) | TOP

NEXT≫