Sky is the limit.

Category: 道中記  05/30 /2017 (Tue)

ご無沙汰しております。







現在も繁忙の一途を極めておりますが、たまの休みには多少何処かへ
出掛けることもあります。しかしながらブログにまとめる時間もなく、あまり
に長くブログを放置したままの状態が続いてしまっておりました。少ない
休みに出掛けた記録をまとめるカタチで久しぶりに更新したいと思い、
撮り溜めた写真とともに記憶を遡ってみる事にしました。







6月どころか当分の間この繁忙無限地獄は続くものと思われます(;´д`)
次回更新もいつになるかわかりませんが途切れてしまうことの無い様に
足跡を残しておきたいと思います。












                       ●

                       ●

                       ●

                       ●

                       ●












4月24日、久しぶりの公休日。おまけに天気もマズマズ ヽ(*´∀`)ノ
毎朝午前3時には起床しているオイラは公休日とて身体が反応して
しまい、ゆっくりと寝ていることが出来ない体質となってしまっております。







日が昇ると身支度を整えて散歩へ出掛ける事にしました。
なんせ久しぶりの晴れた日だったのです ヾ(*´∀`*)ノ







マンションの部屋を出ると早速ウオーキング。
ひさしぶりに日の光を浴びる気がしました。

DSCF4274_20170530030926088.jpg







最寄り駅の反対側まで徘徊(散歩)してみるつもりです。
散歩から戻ったら久しぶりのドライブへと出掛ける予定。
寝坊助の嫁は今頃慌てて身支度を整えているのでありました。

DSCF4275_2017053003092877b.jpg







朝の光に新緑が眩しく感じて、清々しい気持ちです。

DSCF4271_2017053003092836c.jpg







久しぶりに近所を歩いて見ると、あちらこちらで開発が進んでいて
驚くばかりの事実を知るのでありました。何せ早朝から夜まで、
空港に居っぱなしなわけで、戻ってくるのは早くても夜8時過ぎ。
遅ければ夜中ですので、自宅周辺の情報もすっかり抜け落ちて
いる状態なのであります。







近所に残された唯一の沼地(溜池?)周りの自然も堪能しました ^^;

DSCF4272_20170530030931038.jpg







散歩から戻ると嫁もお出掛けの準備が出来ておりました。







それではドライブへと出発です (@^▽^@)












                       ●

                       ●

                       ●

                       ●

                       ●












秘密基地から2号機にて発進 Let's Go ~!

DSCF4282.jpg








ドライブミュージックは大好きな【lecca】の「Sky is the limit」。
気分アゲアゲ(∩゚∀゚)∩ageで行かないと~!!
↓ ポチッとして一緒に出掛けましょう!



【lecca 】 Sky is the Limit feat.RHYMESTER







歌詞に興味ある方はこちらを参考にしてね。⇒ Sky is the Limit 歌詞







館山自動車道を目指して朝の通勤時間帯の下道を進んでいきます^^

DSCF4283.jpg







本当に久しぶりのドライブ。館山自動車道に乗るも何故か空模様が怪しげに・・・
早朝の晴天が嘘の様・・・折角のドライブに一抹の不安が・・・(゚д゚lll)マジか?

DSCF4284.jpg







房総半島を先に進んで行くと、再び青空が広がって来ました・・・ホッ=3

DSCF4285.jpg







この日の目的は久しぶりの【伊勢海老天丼】を食すること。
よって館山の相浜が目的地であります^^

DSCF4286.jpg







途中【ハイウエイオアシス富楽里】にてオープンスタイルにチェンジ。

DSCF4287.jpg







この時はまだ花粉症全開時期であった為、竹炭入り黒マスクで武装しております
が、怖い人ではありません(念のため)。
DSCF4288.jpg







50も半ばのおっさんの暴挙ですが笑って許して下さいね^^;
DSCF4289.jpg







【富浦IC】を下車して【館山市】に入りました。

DSCF4290.jpg







そのまま一気に相浜港まで走り続けます。
午前11時ちょい前に到着。こちら相浜亭さん。以前に訪れていた那古船形
にあった【ふれあい相浜】さんとは別のお店です。参考記事【房総夏の光景
前編
】をご参照下さい。

DSCF4291.jpg








こちらの【相浜亭】さんは那古船形にあった【ふれあい相浜】さんとは
場所は違いますが同じ経営母体のお店だった様で、以前そちらに数度
食事に行ったのですがいつの間にか閉店してしまっていた過去記事を
思い出された方もいるかも知れませんね⇒参照記事【なんてついてないんだ
 ( ꒪﹃ ꒪) 不運な日の巻


DSCF4300.jpg







【相浜亭】さん店内の様子。
これぞ港町の食堂といった光景ですね^^

DSCF4292.jpg







朝飯抜いてますから腹へってます^^;
これ美味そうだな~。

DSCF4294.jpg







(ノ゚ο゚)ノ オオォォォ-、これも、これも・・・

DSCF4295.jpg







うわぁ、これも食いてぇ~!!

DSCF4293.jpg







迷いに迷った挙句、初志貫徹。
オイラは【伊勢海老天丼】を注文。
嫁もオイラと同調・・・ここで嫌な予感が(;´Д`)・・・
暫し我慢の子であった (ノ∀`)








キタ━(゚∀゚)━! ← 久しぶり  運ばれて来ました【伊勢海老天丼】。

DSCF4296.jpg







伊勢海老、有頭海老、イカ、アジ、野菜のかき揚げ、ピーマン、ナス、
サツマイモと具沢山。物凄い量です (´Д`;)

DSCF4297.jpg







味噌汁も伊勢海老の出汁が効いていて抜群に美味い。
しかも、アタマには味噌もたっぷり。こちらも凄い量。

DSCF4298.jpg







案の定、嫁は半分程度しか食べきれず、残りをオイラが片付けることに・・・
メチャ美味しいんですが、腹パンパンになってもーた ( >Д<;)クッ クルシイ・・・







暫し【相浜亭】さん前の【相浜漁港】で一服休憩するのでありました・・・

DSCF4301.jpg







2号機で漁港の反対側に移動します。
あまりの満腹加減で苦しいのでこちら側で海を眺めて腹を落ち着かせる
ことにしたのです。窮屈な2号機のコクピットの中ではお腹が苦しくて仕方
がなかったのです。ちょっと、責任もって自分の食える量を頼んでよね

DSCF4302.jpg







やがてどうにか、お腹も運転が出来るまでに落ち着きましたので、帰路の途に
つくことにします。えっ Σ(゚д゚;)、もう帰るのかって・・・。そうなんですよ。
翌日は仕事で、この日はドライブがてらに豪華ランチを食べに来たのでした。

DSCF4304.jpg







英気を養うつもりで途中白浜あたりに立ち寄って波音を聴いたり(≧∇≦)
しましたが・・・どこまでの効能が得られたか(;´Д`)・・・わかりません・・・

DSCF4305.jpg







帰りにはいつも立ち寄る【道の駅とみうら 枇杷倶楽部】へと足を伸ばしました。
ここの風景が好きなんですよね^^

DSCF4307-01.jpg







この日は久しぶりのドライブでありました。

DSCF4306-01.jpg












                       ●

                       ●

                       ●

                       ●

                       ●










待ちに待った5月6日の公休日。
今度はしっかりと南房総を楽しんできます。
2号機をセレクトして出発です。

DSCF4281_201705300323071ec.jpg








この日は既に秘密基地からオープンスタイルにして出発。
館山自動車道を突き進み、目指す最初の目的地は和田漁港。

DSCF4317.jpg







5月上旬、既に房総は藤の花が最盛期を迎えていました。

DSCF4320.jpg







やって来たのは和田漁港近くの【道の駅 和田浦WA・O!】。
前回食べれなかった【くじら給食】に再挑戦するためでありました。
前回の記事はこちらから ⇒ 秋の【大多喜城~養老渓谷~勝浦~千倉】巡りの巻

DSCF4321 (2)







午前10時過ぎに到着するも限定10食は残り僅か3食・・・
オイラと嫁もギリセーフ。価格は500円から700円と値上がりしてました。







本日の朝食がこちらの【くじら給食】。懐かしやぁ~!

IMG_0742-03.jpg







アルマイト の食器が懐かしく小学生の頃を思い出しますね。
先割れスプーンも久しぶりに、ほのぼのとノスタルジックな気分に浸れま した。

IMG_0741.jpg







そしてその日の昼食に訪れたのが【だいぼ工房】。

DSCF4324.jpg







初回の紹介から約2年振りの登場となりました。
参考記事 ⇒ 再び、「南房総館山へ 他」 の巻き

DSCF4328.jpg







昼食には【定置網丼】をオーダー。
タカベの煮付けとあら汁をつつきながら【定置網丼】を待ちます。
タカベは小骨が多くて食べづらい魚なんですが味はとってもいいのです。

DSCF4325.jpg







やって来ました【定置網丼】。
半分ほどは海鮮丼として食べ進めて・・・

DSCF4326.jpg







残り半分ほどになったらあられとワサビを入れて熱々の
だし汁をかけて頂く趣向の様です (〃 ̄) =3 \___/ フーフー

DSCF4327.jpg







だいぼ工房の前の海岸には海浜植物のハマヒルガオが満開だ。

DSCF4329.jpg







この日は目一杯、ドライブを楽しみました。







夕方自宅に着くと身体は日焼けで真っ赤に・・・やけど状態に・・・
痛くて痛くて・・・(;´Д`)
調子に乗り過ぎてしまいました・・・

DSCF4330.jpg












                       ●

                       ●

                       ●

                       ●

                       ●











そして、5月12日の公休日。1号機にて朝から最寄りの陸運局へとお出掛け。

DSCF4333.jpg







そう2号機のナンバープレートを既存の黄色から白ナンバーへと変更するため、
取り外した黄色のナン バープレートを持参して、新しい白のナンバープレートを
受け取りに来たのです。

DSCF4331.jpg







ラグビーワールドカップ記念ナンバープレート】を申し込んで軽自動車のナンバー
プレートの白色化を図ったのでありました。







尚、サービス申し込みは ⇒ こちらから






手続きをするためにこちらの建物へ。

DSCF4332.jpg







新しいナンバープレートを受け取ると自宅へと戻り、さっそく2号機に装着。

DSCF4334.jpg







ボディーカラーが白なのでやはり白いナンバープレートはしっくりきますね。
よかったなぁ、と一人自己満足。ムフフフフ (*´艸`*)

DSCF4335.jpg







その後、1号機にて嫁と近所の行きつけの回転寿司「伊太利亜’n」へと
早めのランチにお出掛け。

DSCF4336.jpg







なんと今日の嫁のあら汁にはキンメのお頭が・・・ラッキー(((o(*゚▽゚*)o)))

DSCF4337.jpg








富山湾産「白えび」のピッツア880円税別。

IMG_0737.jpg







「白えび」のピッツアメチャ旨です♪

DSCF4311.jpg







嫁は海鮮サラダ丼をオーダー。

DSCF4338.jpg







オイラは豪華寿司定食をオーダー。この日の豪華寿司ランチは煮魚小鉢
と天ぷら(海老x2本他)とあさりの味噌汁付き。

IMG_0738.jpg







寿司は右下から左周りに、①金目鯛の桜えび乗せ②天然ブリ③有頭海老の
すじこ乗せ④カニ脚身の俵盛りのカニ味噌乗せ⑤玉子⑥中トロ⑦大トロ⑧
縁側の炙り⑨赤貝⑩ヒラメのウニ乗せ。贅沢しました(´∀`*) 

IMG_0739.jpg







夏休みも正月もGWも何もない奴隷稼業の身なので嫁さん孝行であります。
カーチャンこれで今回のGWは我慢してね。







4月、5月とお出掛けした内容は以上となります^^







まだまだ、繁忙は続き、そして様々な事案にも追われています。
”Sky is the limit.” まさに天井知らずの忙しさがこの先も待ち受けて
いると思いますが、【lecca】の”Sky is the limit.” を聴いて乗り切り
たいですね。オイラの可能性も”Sky is the limit.” と言いたいですが、
こちらは生憎の限界かと思われます。







以前の様な更新は当分出来ませんが、限られた時間の中で今後も
ブログの更新を心掛けていきたいと思っています。







細々とですがブログを継続していきますので今後もよろしくお願い致します。








See you next time. ꉂꉂ ( ˆᴗˆ )✌


















スポンサーサイト


Comments (6)Trackbacks (-) | TOP

束の間のひと時・・・

Category: 道中記  02/02 /2017 (Thu)

1月28日(土)、この日は前々からグループ会社のおねーちゃんたちと遊ぶ
約束を交わしている日なのでありました。普段みなさんも仕事によるストレス
が溜まっており何処かで弾けたいところでありましょう^^; 







国際空港で当たり前のシフト勤務体制の中では中々休みを合わせて何処かへ
出掛けるというのは意外と難しいことが多いのです。所属や担務によってシフト
勤務は日にちや曜日だけではなく、時間帯やその長さも異なって来る上に、
急な予定変更を余儀なくされることも多いのであります・・・。







それ故、中々休日の約束というものが難しい業界なのであります。勿論一概に
全ての方々がそうだというわけではなく、どの様な内容の業務に就いているか、
また置かれたポジションの違いによっても異なるのであります。







オイラも自分の意志で公休日が決定出来ないのであります、今回は神の見え
ざる手により何故かその日が確実に休みとなる摩訶不思議な力が及ぶのであり
ました^^; 実際、勤務変更はかなり多いんです (;´д`) 特にうちの場合は・・・







羽田空港国際線で2名のおねーちゃんと1名のおばちゃんと1名の子供と待合せ。
集合時間の午前9時に間に合う様に出かけます。この日は4名を乗せるために
1号機をセレクト。







羽田空港に向けて Let's Go ~!

DSCF4184.jpg







東関道はノン渋滞でストレスなく快適に走行^^
天気にも恵まれました^^

DSCF4185.jpg







湾岸線も上り車線はご覧の通り。気持ちよく集合場所に向かいます。

DSCF4186.jpg







午前9時には4名と合流し、1号機にピックアップ。
湾岸下りでは事故発生で大渋滞中。







空港中央口からのエントリーを避けて空港西からエントリー。
湾岸線を避けて都心環状線から京葉高速道を通って渋滞をワープ。
そして成田方面と向かうのでありました。







車内BGMは【Lecca】から【大黒摩季】に変更。
休日のドライブはアゲていかないと(*´∀`*)







この日の予定は成田。女性3名からどうしても成田の【うなぎ新川】で
うな重を食べたいというリクエストがあり、それに応えた結果なのであります。
よって先ずは【うなぎ新川】ありきの予定となってしまったのであります(´Д`;)







個人的には【うなぎ新川】は度々行っているので南房総や伊豆に出掛けたい
気持ちが強かったのですが、どうしても【うなぎ新川】でうな重が食べたいと
いうことで今回の行き先が決定したのであります。







東関道の【酒々井PA】でトイレ休憩を挟み、その後【富里IC】で下車。







ここからが予想のしなかった大渋滞が・・・
【富里IC】から【うなぎ新川】イオンタウン店は車で10分位の距離なのですが
なんと1時間近くの渋滞に・・・||| (๑º ロ º๑) ||| 







成田山新勝寺】詣がこの渋滞の原因でありました |||(´Д`ι) |||







2月3日の節分までは渋滞が凄いことをこってりと忘れておりました・・・







予定時間を1時間近く過ぎて【うなぎ新川】イオンタウン店へと到着。

DSCF3837_20170202201205a36.jpg







お店の入店は11時20分頃。既にお客の入りはかなりの数。

DSCF4187.jpg







大人4名は【新川重】、子供は【うな重】で注文。
みんな朝飯抜いてきた様でかなり空腹の様子。じっと我慢の子であった^^;

DSCF3839_201702022012063e6.jpg







待ちに待ったうなぎが運ばれて来ました^^
みんなテンションMAXアゲアゲに・・・

DSCF4188.jpg







やはり【うなぎ新川】は美味しいですね~!

DSCF4189.jpg







みんな喜んでくれたので、まぁ良かったです。
仕事頑張ろうね^^

DSCF4202.jpg







食事が終わり、富里イオンタウン店から成田山新勝寺へお参り。
これはおばちゃん(子持ち)の要望。オイラも初詣行ってなかったから賛成の結果
おねーちゃんたちも付き合ってくれました。

DSCF4190.jpg







正月休みのない我々は、一般の人達のように元日に初詣をする機会はあまり
なくて、思い立った時に行く感じが多いんです。
忘れてしまって行かない年もあったりします。
折角、成田山新勝寺の目の前にいますので詣でない手はありません。







「物事に立ち向かって行く勇気が折れない様、お助け下さい・・・」
願い事を致しました^^

DSCF4191.jpg







初詣のあとは何故か全員でおみくじを引くことに^^;

DSCF4192.jpg







なんとおばちゃん(オイラより若い30代)は【凶】。
オイラは【大吉】。あとの3人は【吉】。
今年1年【大吉】であったら嬉しいですねー!!

DSCF4193.jpg







20代おねーちゃん1名、30代おねーちゃん1名、30代おばちゃん1名、
おばちゃんの娘小学生1名が本日のクルーですが、ここで簡単に紹介。







全員詳細顔出しNGですが、20代のおねーちゃんは170cm超え「石原
さとみ」似の美人。30代のおねーちゃんは笑顔の素敵なオジョー様。
30代おばちゃんは「吉田羊」似の飲み友。娘の小学4年生はベリーキュート
でオイラはメロメロ。今回は、まぁこういったメンバーです^^







その後このメンバーで香取市佐原へと向かうことに^^
30代の笑顔の素敵なおねーちゃんは佐原の出身。
このあと佐原の実家近くに送って行くので、佐原の小野川付近の観光です。







こちら佐原祭りで有名な山車を保管しておく山車蔵なる建物。

DSCF4201.jpg







こちらが桶橋(とよはし)。通称じゃあじゃあ橋。

DSCF4195.jpg







橋の中央付近の両端から水がじゃあじゃあ流れる奴です^^
こちらもかつて過去に何度も訪れてはいるのですが、3名がお初となるので・・・
参考記事 ⇒  

IMG_0674.jpg







暫し桶橋(とよはし)の奏でる水音に耳を傾けて小野川周辺を見学。

DSCF4196 - コピー







伊能忠敬旧宅内から小野川を臨む。

DSCF4194.jpg







左から笑顔、石原さとみ似、吉田羊似、娘、となります^^

DSCF4197.jpg







小野川沿いに古い町並みを見学していきます^^

DSCF4198.jpg







佐原祭りの山車引きがデザインされた街灯の飾りレリーフが素敵ですね。

DSCF4199.jpg







吉田羊(偽)がこちらでお土産のごま油を購入。

DSCF4200.jpg







その後、香取神宮へ向けて出発。
30代笑顔を香取神宮の参道前まで送っていきます。ここは彼女の実家前。
彼女はこのまま実家へ泊まっていくとのこと。我々もここから一路羽田へと
戻ります。短い時間でしたが良い休日となりました^^







【佐原香取IC】から東関道へと入り、羽田空港中央口まで目指します。







午後5時半過ぎには羽田空港国際線脇の多摩川河口付近に到着。
夕日がとても綺麗でした。

IMG_0675.jpg







国際線ターミナル前で解散です。
オイラは翌日からはお仕事。







このあと、今来た道を引き返して再び千葉へと戻ります^^;







久しぶりの休日の外出。
楽しかったけど疲れました。







午後7時少し前に自宅に到着。
久しぶりの運転にヘトヘトです バタンキュー _(_”_;)_
2月上旬にはまた200名近くの人事考課もありお先が真暗です^^;







新規事業に関することや兼務、兼務のいくつもの課長業・・・
採用面接や面談や各種打ち合わせ、新卒新人のOJTなんかも・・・
あーーーーー! 大吉って本当かいっ!!!!!







すでに心折れそうなオイラなのであった・・・







Ω\(-""-)  チーン・・・・・・・・・







See you next time. ꉂꉂ ( ˆᴗˆ )✌












Comments (12)Trackbacks (-) | TOP

秋の【大多喜城~養老渓谷~勝浦~千倉】巡りの巻

Category: 道中記  11/01 /2016 (Tue)

10月24日(月)公休日。雲は些か多いものの雲の隙間からチラホラと青空が
見え隠れしている天気であります。これは出掛けない手はありません。






秘密基地地下格納庫から2号機を召喚。






行き先をナビにインプットしていざ出発です。Let's Go~!

DSCF3888-0.jpg






この日のドライブミュージックはこちらからポチッとな!( ๑‾̀◡‾́)σ»



Splendid Love  Sala








この日の予定は東関道から館山自動車、圏央道を通って最初の目的地である
【大多喜城】を目指し、【養老渓谷周辺】を散策、その後【勝浦の名所】を巡り、
【鴨川】を通過、【千倉、南房総、館山】などを通って帰宅するドライブコースを
選定しました。月曜の早朝とあって道は結構空いています^^

DSCF3889-0.jpg







途中、圏央道に合流して野呂PA(下)にて簡単な朝飯を食べて行くことにします。

DSCF3890-0.jpg







「錦爽どりのつけそば680円(税込)」という美味しそうなお蕎麦を見かけたのです
が、こちらはかなりのボリューム。お昼のことを考えてあえて「かけそば」を注文。

DSCF3891-0.jpg






腹ごしらえも済んで再び出発です。

DSCF3892-0.jpg







こちらは青空が気持ちよく広がり、道も空いていますので、気持ちよく走れます。

DSCF3893-0.jpg







途中、ススキの群生の中を進んでいきます。「あー!箱根仙石原に行きたいなぁ」
とベタな感情が込上げてきます^^

DSCF3894-0.jpg







途中爆走しまくりの古~いMINI(ベージュ色)が煽ってきましたがシカト^^
あまりに目障りなので途中追い越し車線があるところで先に行かせましたが、
ローバーMINIの様でした。オリジナル塗装ではなく焼き付けていないペイント
で塗装しているようでした。その先大型車で小渋滞、ものの1分もかからずに
今度はMINIの後ろに^^; 狭い日本。そんなに慌てて何処へ行く?

DSCF3895-0.jpg







圏央道を【市原鶴舞I.C.】で下車。最初の目的地【大多喜城】を目指します。

DSCF3896-0.jpg







30分程下道を走って案内されたのがこちらの【千葉県立大多喜高等学校】。
途中通学途上の高校生の群れをやり過ごしてこちらの学校に到着。
「いや、ここ学校でしょう・・・何このナビ?」と思うも教員らしき方が車で登校
してらっしゃいましたので、ナビに導かれて「大多喜城」がこちらということで
案内されてしまったことを告げると、こちらの駐車場に停めてOKだとのこと。

DSCF3909-0.jpg







駐車場の後ろにはなんと【大多喜城】が。高校の敷地にある裏山から大多喜城
にエントリー出来るとのことでした(´Д`;) ご好意甘えてこちらに車を停めて、
いざ大多喜城に参らん! ^^(正規のルートではございません。念のため。)

DSCF3897-0.jpg







この様な山道を5分程登って行きます。

DSCF3898-0.jpg







こちらの高校はかなり本格的な天文台を設えていますね^^
皆さん、こんな設備が整った学校で勉強出来るなんて幸せですね。

DSCF3899.jpg






大多喜城】出現です。

DSCF3900.jpg







城の天守閣方面は晴れていますが養老渓谷側やいすみ市方面は厚い雲で
覆われています。いづれ雲も散ってしまうことを祈りつつ城の周りを散策します。

DSCF3901.jpg







以前【大多喜】に来た際には【大多喜城】には寄らなかったんですよね。
大多喜の町を観光して、小学校から見上げただけなのでした。参考記事は
こちらから。

DSCF3902.jpg







なんとこの日は閉館日。まぁ、仮にやっていたとしても開館時間前なのですが。
開館日調べて来るの忘れてました。でも、まぁいいや。近くで見れたから。
お金払わなくても良かったからラッキー!とセコイオイラなのであった(´Д`;)

DSCF3903.jpg







うーん( `・ω・) 、こうして見ると復元城とは言え、やはりかっこいいですね。

DSCF3904.jpg







県立大多喜高校のグランドが眼下に見下ろせます。

DSCF3905.jpg







始業のベルがなって皆さん授業に突入しました。

DSCF3906.jpg







徳川家家臣、本多忠勝を初代城主とするこの城は高い石垣(城の土台は除く)
を持たない山城のような構造で、自然の地の利を活かした要塞とのこと。
確かに平地が少なく高台に建っていて登城も大変だっただろうなぁと感心する
のでありました。

DSCF3907.jpg







大多喜城を模した博物館である分館をあとにします。
そろそろ次の目的地に向かわないと。

DSCF3908.jpg







授業の邪魔にならない様、静かに学校を立ち去ります。

DSCF3910.jpg







次の目的地は【養老渓谷】周辺のドライブ&散策です。







途中【養老川】がよく見渡せる場所に立ち寄ります。

DSCF3911.jpg







こちらに2号機を停めて暫し周囲を散策。
白鷺たちが数羽川の流れに佇んでおりました。

DSCF3912.jpg







さて雑誌で見かけるポイントへ出向くことにします。
あんまり詳しくないんでここはやはりスタンダートコースで^^

DSCF3913.jpg







雑誌なんかで見かける赤い鉄橋と養老川のポイントを目指します。
山道に入って途中狭い道に入って、人家がまばらな村を通過。

DSCF3915.jpg







おっ、ここだ。あった。途中あまりにも辺鄙な場所を通ってきたため、
かなり不安な気持ちになっておりました。

DSCF3916.jpg







【宝衛橋】というそうです。こちらで記念撮影。

DSCF3918.jpg







( `・ω・) ウーム…紅葉具合は今一つですね^^;

DSCF3917.jpg







【宝衛橋】は【養老渓谷駅】から近いということでハイキングコースに
組み込まれているコースの様です。

養老C2







小湊鉄道線【養老渓谷駅】は鉄道の位置的にはこんな感じの場所にあります。

b9ba579b327e55ba12f1b3904b6afeb6.jpg






次は養老渓谷の見所と言われている【栗又の滝】を目指します。

DSCF3919.jpg







今来た道を途中まで戻り、【栗又の滝】を目指します。【宝衛橋】から車で30分
位みたいです^^

DSCF3921.jpg







途中、たわわに実った柿をバックに記念撮影。

DSCF3922.jpg







秋の田舎の風景、絵になりますね^^

DSCF3923.jpg







途中、白人家族のハイカーの父親がオイラのS660を見て大興奮。
オイラ走行中だったんですが、大声をあげて手を振ってくれました^^
外人さんS660好きそうだもんなぁ・・・これには嫁もホッコリした様です^^







こちらに2号機を停めて【栗又の滝】を見下ろせるポイントへ向かいます。
この下は崖下でここはかなり高い場所になっています。

DSCF3925.jpg







崖上から見下ろした【栗又の滝】。多少色付いていますが本格的な紅葉は
まだでしたね^^; 本来であればこんな風景を期待していたのですが・・・

DSCF3926.jpg







これにて【栗又の滝】の見学は終了。遊歩道コースで滝の傍までは下りません。
まだまだ、周るコースがあるのです^^

DSCF3924.jpg







【養老渓谷】でもう一つの目的地がこちら。
後ろの赤い鉄橋に幸せ運ぶムーミン電車が走っているところをS660とともに
収めたいのです^^  本数の少ない【いすみ鉄道】ですので、長居が出来ない
状態ですが奇跡の一瞬を待つことにします^^

DSCF3927.jpg







こちらも紅葉はまだまだの様ですね^^

DSCF3929.jpg







すると、なんとΣ ここに来て3分もしない内にムーミン電車が!!
超ラッキー!! 背景が青空で全面紅葉だったら言うことなしですが・・・
慌ててどうにかカメラに収めることが出来ました^^

DSCF3928.jpg







次は勝浦にある千葉県中央博物館分館【海の博物館】へと向かいます。







ここからはこちらのミュージックをポチッとな! (⑅´∀`)σ



SHADOW  Hiroko Shidoh








幾多の小さなトンネルを越えてやってきました【海の博物館】。

DSCF3932.jpg







ところがまたしてもΣ休館でありましたΣ░(꒪◊꒪ ))))!!
う、嘘でしょ! ( ꒪﹃ ꒪) 惨すぎる・・・
千葉県中央博物館系は月曜日が休館日なのね
 
DSCF3930.jpg







でも折角来たし、トイレも行きたいし、コーヒーも飲みたい・・・
というわけで有料駐車場に車を入れていくことにしました^^

DSCF3933.jpg







こちらに相棒号2号機を駐車。

DSCF3934.jpg







トイレを済ませて、コーヒー飲んで10分位こちらに居ました。
勝浦海中公園海中展望台】大人1人960円 Σ 高過ぎでしょう!
おケチなオイラはここはパス! 次へ行くことにします^^;
結局これだけのために駐車料金を払った価値はあったのでしょうか^^

DSCF3931.jpg







次は勝浦の超綺麗な海岸【守谷海岸】へと向かいます。







緩やかな坂道の下に海が見えています。この坂を下っていくと・・・

DSCF3935.jpg







沖合の真っ青な海と湾内のエメラルドグリーンの海が目に飛び込んできます^^

DSCF3936.jpg






ここにはパドルサーフィンをしている方がいるだけ。
夏には大変賑わう海水浴場なのですが10月下旬は静かでいいですね。

DSCF3937.jpg







おまけに海も綺麗で透明度も抜群です。

DSCF3938.jpg







まるでハワイのワイキキにでもいるような錯覚に陥ります。

DSCF3939.jpg







パドルで沖へと向かう年配のサーファーの方。
基本ここは入江で波が立たないので波乗りよりもこうしたパドルサーフィンや
ウインドサーフィンに向いている様です。風は結構ありましたね^^

DSCF3940.jpg







暫し【守谷海岸】を散策します。綺麗な海はテンション上がりますね^^

DSCF3941.jpg







小さな漁港につきものの子猫たち。日向ぼっこの最中でした。

DSCF3942.jpg







これで雲のない晴天だったらもっと綺麗なんでしょうね (*´д`*)ハァー
大多喜に到着したばかりの時に比べたら青空も多く見えて来ました^^
雲もだいぶ散って先ず先ずの天気になっています。
これでも十分に綺麗な海ですが・・・贅沢言ったら限がありませんね^^

DSCF3943.jpg







こちらは漁船の引き上げ場付近。海の透明度が高くて魚が泳ぐ姿が見れます。

DSCF3944.jpg







更に奥の岩場まで行ってみます。

DSCF3945.jpg







こちらがこの小さな入江部分の片側の一番端になります。

DSCF3946.jpg







しばらくの間、すっかり童心に返って、この美しい【守谷海岸】を散策しました。
十分に海を満喫しました。また夏前に来たいなぁーと思うオイラなのでありました。







再びS660を走らせます。







こちらはとある小さな漁港の入口。

DSCF3950.jpg







小さな漁船が何船も係留されています。

DSCF3949.jpg







そうここからは【鯛の浦遊覧船】の発着場が良く見えるのです。
今回は【鯛の浦】へは行きませんが【鯛の浦遊覧船発着場】のみ遠くからの見学。

DSCF3948.jpg







更に先を急ぎます。既に午後12時をまわってしまっています。

DSCF3947.jpg







鴨川シーワールドを通過して千倉方面へと海沿いに車を走らせます。







鴨川オーシャンパーク】に立ち寄り鴨川の海を眺めて行くことにします。

DSCF3951.jpg







展望台まで登り暫し海を堪能。縮こまって乗り込むS660。たまにこうして
車から降り立って背を伸ばしたりしないとキツいんですよね^^
やはりジジイになって来た様ですね。でもこうやって車と過ごしていくのも
いい気がしてしまうのです^^

DSCF3952.jpg







更にS660をひたすら走らせるオイラ。







途中【和田港】近くの【道の駅 和田浦WA・O!】に立ち寄ります。
【和田港】については過去記事【ぼくの夏休み・南房総の旅】前編の巻
参照して下さい。この日はここで本日のランチを食べる予定なのです。

DSCF3953.jpg







巨大シロナガスクジラの骨格標本(レプリカ)は実に迫力満点でした。
やはり大きいですね^^

DSCF3955.jpg







さて資料館のあるビルの横にこちら【道の駅 和田浦WA・O!】があります。
HPはこちらから

DSCF3956.jpg







実は こちらのお店の【くじら竜田揚げ給食 500円】が目当てだったのですが、
既に午後1時をゆうに超えています。「話題の看板メニュー!売切れ御免!!」
の通り。既にメニューにはありませんでした。残念(´・ω・`)ガッカリ・・・

P1020648.jpg
料理の写真は房総town.com から拝借。







他のくじらメニューを見るも意外にも激高プライス。テイクアウトでこちらの
【くじらコロッケ】を2つオーダー。急遽他でランチをいただくことに・・・

DSCF3957.jpg







コロッケの中は2層になっていて、コロッケの上にくじらのミンチがまんべんなく
乗っていてとても美味しくいただきました^^ 甘めな味付けが後を引きます。

DSCF3958.jpg







それではランチを求めて再び千倉方面へと出発です。

DSCF3954.jpg







まただいぶ雲が立ちこめてきましたね。前方には【白渚(しらすか)海岸】前
に架かる【和田サーフ橋】が見えて来ました。

DSCF3960.jpg







そこから先もひたすら走り抜けます。







午後2時を少し過ぎた頃、【千倉大橋】を渡ったたもとに車を駐車します。
【千倉大橋】については過去記事【S660千倉海岸ドライブ】の巻きを参照下さい。

DSCF3961.jpg






急遽本日のランチはこちらの【漁師料理いちまる】さんに決定。既に空腹
状態限界です^^;

DSCF3962.jpg







営業中の看板があるも恐る恐るお店の中へ入ると、主はカウンター席全席に
掛け広げられた漁網の手入れをしている最中でしたが、「いらっしやいませ」
と言って貰ってホッとしました。食事にありつけそうです^^;







奥のテーブル席に腰掛けて【いちまる丼(1,500円)】を二人前オーダー。
午後2時をまわっていて空腹です。カウンター席に広げられた漁網、店内
に所狭しと置かれている漁具、やはり漁師さんのお店なんですね^^

DSCF3964.jpg







不意に訪れた我々のせいか、食事が出て来るのに30分はかかりました
腹減りすぎてのたうちまわりたいのを只管我慢するオイラたち(´Д`;)







【いちまる丼】の登場です。
ようやく食事にありつけます (¯﹃¯*) ひもじかったぁ・・・

DSCF3965.jpg







生さんま、アジ、イワシ、カツオなどの背の青い魚や光り物が中心の丼。
豪華な海鮮丼もいいが、こういった地の魚の海鮮丼もアリですね(・∀・)イイネ!!

DSCF3966.jpg







カツオなどのハラモを炊いた小鉢と磯で捕れた丸ガニの味噌汁。
地味に美味しくいただきました。うーん、こういうのもたまにはいいですねぇ・・・
素朴ですが美味しいことは確かです。

DSCF3967.jpg







2号機をこちらに停めたまま【千倉大橋】下の【白間津港】を覗いて行きます。

DSCF3968.jpg







潮がかなり満ちていて風も強くて冷たいので【白間津港】からは直ぐに退散です^^;

DSCF3969.jpg







その後も2号機で海岸線を走り続け、途中から館山の街中を通り抜けて、一路
【富浦IC】へと向かいます。

DSCF3970.jpg







南房総・館山の景色も当分の間見納めとなりそうです。
今度はどちらへ出かけようかなぁ・・・そんなことを考えてドライブの終焉を迎えます。

DSCF3971.jpg







自宅近辺に到着すると、更に足を伸ばして次回のための給油をしておきます。

DSCF3972.jpg







秘密基地へと到着です。既に午後8時を過ぎています。

DSCF3973.jpg







相棒号2号機を地下格納庫に収容します。

DSCF3974.jpg







やっとの思いで出掛けたドライブ・・・。紅葉にはまだ早かったけど、
やっぱり車を転がしていると楽しいですね^^







次回はどちらに赴きますかねぇ・・・







そんなことを考えながら、日々の喧騒と対峙していくオイラなのです。







それでは、See you next time. ꉂꉂ ( ˆᴗˆ )✌












Comments (14)Trackbacks (-) | TOP

【戸田へドライブにGO~! 長編です!】 の巻

Category: 道中記  10/17 /2016 (Mon)

10月6日(木)公休日。台風が逸れて朝から晴天。8月下旬から9月全搬、10月
上旬と天気に見放され、更に忙しく出かけられない状態が続いておりましたが、
やっとこさのお出掛け日和。「絶対にお出掛けするもんね」モード全開で身支度
を整えて、秘密基地へと向かいます。







地下格納庫から2号機をセレクト。

DSCF3709.jpg







向かうは西伊豆の沼津市戸田。行き先をナビにインプット。







過(よ)ぎる不安は「10月7日までの東名集中工事」。しかし、この機会を逃せば
当面西伊豆方面へ出かけられないは必至(;´д`)。しかし渋滞は大嫌い(´Д`;)。
ところが、どうしてもお出掛けしたい・・・







男たるもの時には玉砕も覚悟。保身よりも大切なものがあるじゃないか。
 (¬_,¬)b))゙チッチッチッ ”Go for broke. ” 最近忘れていたぜ。オイラのやり方を・・・







嫁 ⇒  ポカーン (゜д゜) 







というわけで戸田へ向けて "Let's Go ~ ! "

DSCF3710.jpg







今回のドライブミュージックは【初秋の北総ドライブ】の巻の際に既出(きしゅつ)
している曲でありますが、今回のドライブは気分をアゲテいきたいので、今回も
再びこちらポチッとな(⑅´∀`)σ  この曲大好きなんですよ^^



lecca   My measure









東関道は幕張までは順調です。途中下道の国道16号線で多少時間をとられました
が、この段階で最初の目的地到着時間は午前9時40分をナビは表示しています。

DSCF3711.jpg







案外然程の渋滞に巻き込まれないかもと安堵していると幕張から先が渋滞。
ナビが示す最初の目的地到着時間は午前10時50分へと変化。
ギクッ!Σ(〇o〇;)

DSCF3712.jpg







暫く渋滞を我慢して浦安、お台場まで忍耐の一文字。南大井を過ぎれば自然と
車が流れ始めました。ビーコンとナビ情報を信じて用賀ICから東名高速に乗り入れ
ます(用賀とは相性が悪く、湾岸経由で横浜・町田ICから東名エントリーがオイラの
スタンダートコース)。首都高は円滑に流れ、無事用賀ICから東名に乗り入れるも
乗った瞬間から鬼の様な渋滞が続いているではないですか・・・(´Д`;)

DSCF3713.jpg







その後、耐え難きを耐え、忍び難きを忍び、東名全線一車線規制+事故渋滞+故障
車両放置による仕打ちに耐えるのでありました。まさかここまでとはなぁ・・・
この後、ナビが示す最初の目的地到着時間は午後12時30分へと変化。







用賀ICから横浜・町田ICを過ぎるまで地獄の渋滞は続き、そこから暫くすると渋滞
は自然と解消。我々は先を急ぐのであった。ここまで来ると富士山が大きく見えて
テンションが上がる我々なのである(単純)。

DSCF3714.jpg







右ルート・左ルートから右ルートを選ぶも、車線規制で何故か途中で左ルートに
合流して走るのであった。意味分かんない?????

DSCF3715.jpg







正午頃には最初の目的地にたどり着けるか、だいぶ遅れは回収出来た気がする。

DSCF3716.jpg






静岡県に入ると益々富士山は大きくなる。正面に富士山が見える絶景ポイントを
通過し、ほぼ真横に富士山と裾野市が見えるここまで進むと、やはり来て良かった
と改めて思うのである。

DSCF3719.jpg







この分ではお昼ジャスト位に最初の目的地に到着する予感。

DSCF3718.jpg







横目で見る富士山もやはり素敵だ。富士山はオイラと一緒でシャイだから
すぐ隠れたがってしまうのさ。 ⇒ オイラのセリフ 

嫁 ⇒ ・・・・(゜д゜) アングリ

DSCF3720.jpg







新東名に入って・・・

DSCF3721.jpg







伊豆縦貫道を通って・・・

DSCF3722.jpg







伊豆長岡を通って、最初の目的地である内浦港に到着。

DSCF3725.jpg







「東名集中工事」の渋滞を予想して最初の目的地を食事処にしたオイラ
なのであった。そうここはみんカラブログの5026様からパクったお店、いや
こっそりと参考にさせていただいた【いけすや】さんなのである。以前に訪れた
過去記事に興味のある方はこちらを参照してね ⇒ 過去記事
プラスこんな記事も見つけました。行ってみたい方は参考に。

DSCF3727.jpg







午前11時50分頃こちらに到着致しました。

DSCF3724.jpg







内浦漁港の岸壁前に2号機を駐車。あの地獄の渋滞の疲れも吹っ飛びます。

DSCF3726.jpg







既に店内は満席。整理券をもらってメニューを渡されました。待っている間に先に
オーダーする仕組み。一応メニューを見るもオーダーするものは決まっています。
お客の回転が早いので10分も経たずに席に案内されました^^







このまご茶漬けは外せませんが、オイラ干物が食べたいんです。干物定食とWは
サスガにキツイ^^;

DSCF3728.jpg







そこでオイラがオーダーしたのは【活あじ丼】880円プラス【干物盛り合わせ
の単品】500円(すべて内税)のこれである。なんという豪華さ&リーズナブル 
な取り合わせなのだろうか?因みに嫁は【活あじ丼】をオーダー。干物はシェア
していただきます。

DSCF3729.jpg







【活あじ丼】880円、新鮮で激ウマ!!!

DSCF3730.jpg







ア~ンド【干物盛り合わせの単品(アジ、さんま、サバ)】500円 
すっごく美味しい。マアジはひらき、さんまは醤油干し、サバは塩干し
で風味も味もいろいろ楽しめて最高です (∩゚∀゚))∩(∩゚∀゚)∩age 

DSCF3731.jpg







更に【活あじ丼】は半分位まで食べたら、生姜とネギの薬味を加えて
アツアツの出汁をかけて、まご茶漬けにして尚良し!!!!

DSCF3732.jpg







ゆっくり食べても20分足らずで完食です^^
お店も混んでいるし、我々も先を急ぐ身。渋滞のおかげで時既に正午
超えています。これから夕方まで観光したとしても僅かな時間しかありません。
よってお店からはとっとと退散です^^

DSCF3733.jpg







細く伸びた雲の脇を新たに飛行機雲が先へと進んでいく様子を暫し眺めて
一服。改めて無理してでも来て良かったと思うオイラたちなのでありました。

DSCF3734.jpg







折角の快晴。こんな秋の日にオープンにしない手はない。ということで幌を
外してオープン走行することにします。

DSCF3735.jpg







準備はOK。これから海岸線沿いに戸田方面へと向かうことにします。

DSCF3736.jpg








ここからはこちらのミュージックをポチッとな!( ๑‾̀◡‾́)σ»
1980年位の古い曲ですが、気分をアゲテいくにはいいかなぁって^^



ROVEBARD   Born Free Spirit








思った以上に「東名集中工事」の渋滞で時間を取られてしまいましたので、
沼津市の戸田が折り返しポイントとなります。それでは戸田を楽しんできます。
"Let's Go ~ ! "

DSCF3737.jpg







【長浜城跡】を通過して、県道17号線(海と山に挟まれた狭い道路)を進んで
いきます。楽しいなぁ^^

DSCF3738.jpg







途中風光明媚な海岸を見つけたので2号機を停車。
エメラルドグリーンに輝く海を暫く見学。そもそも山陰で暗い場所なので
写真が思うように発色していません。コンパクトデジカメではこれが限界
なのかなぁと思うも、コンパクトデジカメ以外ではS660に2人乗ったら
一眼持ち込みは無理だよなぁと独り言。まぁ一眼買うお金もないし、使い
こなすのも無理そうなんで簡単に諦めるオイラなのです。

DSCF3741.jpg







絶景を背に2号機を撮るもこんな感じとなってしまう。AUTOにしっぱなし
だからですかね^^ 露光がどうたらとかシャッター速度を遅くとかASA感度
をなんちゃらとか・・・( `・ω・) ウーム…わかんない(๑꒪▿꒪) *・・・ハハハ

IMG_0573-01.jpg







無理に撮影後の暗い写真をいじって明るくしたのがこちら・・・
うーん色調も画像も何か変ですね^^;

DSCF3740.jpg







角度を変えて海に反射した光を逆光から横からの光にすると海以外は
ほぼ見た感じに撮れるんですが・・・人間の目と脳の凄さに脱帽です^^;

DSCF3742.jpg







県道17号線、右手に海を見下ろしながら山道を登って行きます。
大瀬崎を見下ろせる展望駐車場に駐車。バックには頭だけをちょこんと
のぞかせている富士山。雲がなければ完璧なのですが・・・

DSCF3744.jpg






大瀬崎ですね。夏は海水浴場でも有名ですが、まぁダイビングスポット
としては誰もが知る場所なのでこれ以上のコメントは差し控えますね。

DSCF3743.jpg







〈参考 観光案内板〉

IMG_0574.jpg







折角来たので記念撮影その①   不意をつかれました 

DSCF3746.jpg







折角来たので記念撮影その②   こちらはカメラ目線^^;

DSCF3747.jpg







更にひたすら県道17号線を登って行きます。連日の雨や台風の影響か、
道は荒れ、落石したと思われる石や土、折れた枝木が結構散乱していて
車高の低いS660には思わぬラフロード。後日S660を洗車した際に多数の
傷を発見。塗装結構やられてました・・・ orz Oh ! Shiit ! 固い木の枝やら
破片が当たった様です ( ;∀;) う、嘘でしょう?







以前もこちらのブログで登場している【煌めきの丘】に到着。
富士山は雲を貫いて頭を覗かせています。

DSCF3751.jpg







こちらに2号機を停めて暫し絶景を味わいます。

DSCF3750.jpg







やはりここの眺めは最高ですね。これで雲のない快晴で富士山が見渡せたら
いうことなしですね^^

DSCF3748.jpg







ここんところの長雨や台風の影響で、海の透明度がいつものそれではない
気がするのはオイラの考え過ぎなのか?

DSCF3749.jpg







こちらの【明神池】まで徒歩で山道を下っていくことにします。

DSCF3752.jpg







展望デッキから階段を伝わって下の山道に降りて行くことが出来ます。
2号機の幌を閉めていざ参らん!!

IMG_0577.jpg








クヌギの大きな長い枝を地面から拾って、前方に無数に張り巡らされた女郎蜘蛛
の巣を払いながら道なき道を進むオイラたち。途中からあまりの悪路に泣きの入る
嫁ですが、一人で引き返すことは出来なので仕方なく最後までオイラについて山道
を下りきりました(雨でぬかるみ滑りやすので行かれる方は気をつけて下さいね)。

DSCF3753.jpg







20分程で【煌めきの丘】から眼下に見えた【明神池】へと到着。
右手の林の向こうは崖下で間近に駿河湾が迫っています。

DSCF3755.jpg







時折魚が跳ねる音だけ(草魚か?)が聞こえるだけのものすごい静かな場所です。
こちらの橋を渡って池の向こう側(あちらは海側)へ行くも、更なる女郎蜘蛛
の巣が無数に張り巡らされていて、あまりの気持ち悪さに断念(蜘蛛苦手
なんです)。ここまで根性で下りてきましたが、これ以上の蜘蛛はご免です^^;

DSCF3754.jpg







下りてくる山道で拾った栗の実。イガイガが道を塞ぐところもあってまさに難所。

DSCF3756.jpg







舗装された道があるのでそちらを歩いて戻れるか案内版を見つけて検証するも、
舗装道路がどこに通じているかの案内はなく、仕方なく今来た山道を再び戻る
ことにしました。時間がないのでこれ以上のリスクは冒せません。今度は山道を
ひたすら登って【煌めきの丘】を目指します。

DSCF3757.jpg







【煌めきの丘】の駐車場に到着したオイラたちは、引き続き先を急いで2号機
へと乗り込み、次の行き先である【道の駅 くるら戸田】へと向かうのでありました。








道の駅 くるら戸田】へと到着。こちらも5026様からのブログを参考にさせて頂き、
以前に訪れている場所なのです。

DSCF3761.jpg







海と山に囲まれた戸田は本当に長閑で美しい町ですね。

DSCF3759.jpg







今回は時間があまりありませんので足湯も日帰り温泉もパス。
【明神池】までの往復登山で喉がカラカラなので水分補給とトイレに寄らせて
もらいました。お茶を買って暫しこちらで休憩。

DSCF3760.jpg







何故か【トレンディエンジェル】の書割等身大パネルが・・・
テレビをあまり観ないオイラでも「斉藤さんだぞ」は承知しています^^

DSCF3762.jpg







そろそろ【道の駅 くるら戸田】を経たなければならないと・・・
渋滞で時間を消費してしまった我々にはあまり時間が残されていません。

IMG_0594.jpg








ここからはこちらのミュージックをポチッとな!( ๑‾̀◡‾́)σ»




浜田省吾 DADDY'S TOWN








次に向かったのは【御浜岬公園】のある【御浜岬】。
こちらが本日の最終目的地なんです。

DSCF3763.jpg







こちらの【御浜岬公園】の駐車場(夏の時期は有料です)に2号機を停めて
暫し【御浜岬】を散策します。

DSCF3764.jpg







その前に一枚記念撮影。直近の素顔初晒し写真。
帽子や何やらでカモフラっておりませんので半分で勘弁して下さい。

DSCF3765.jpg







2号機をこちらに駐車して【御浜海岸】へと向かいます。

DSCF3767.jpg







【御浜海岸】きれいでしょう。ここは夏はものすごい海水浴客で賑わって多少
水質が落ちるのですが、10月から5月位は物凄く水がきれいなんですよね。
きれいな砂に穏やか湾内。絵に描いたような美しさでしょう。松林の反対側は
波が打ち寄せる荒い海なんて思えないでしょう。この場所には本当に癒されます。

DSCF3769.jpg







こんな浅瀬にも魚が群れています。

DSCF3773.jpg







波打ち際も静かで本当美しい。

DSCF3768.jpg







オイラの写真では上手く伝わらないけど、海の色がエメラルドグリーンで
本当に綺麗なんですよね^^ ここはシュノーケリングの絶好ポイントでもあって
多くの種類の魚を目にすることが出来ます。5月位なんか熱帯魚系の魚も
浅瀬で見つけられますよ。こんな記事も見つけましたので興味のある方は
どうぞ ⇒ 東京シュノーケリングブログ

DSCF3770.jpg







波打ち際に見えているのは【マンジュウヒトデ】の様ですね^^

DSCF3771.jpg







静かな波音だけが心地よくあたりを支配しています。

DSCF3772.jpg






このためだけに渋滞の中ここに来たと言っても決して過言ではない位、
トリを飾るに相応しい場所だとおわかりいただけたと思います。
あー、癒されるなぁ^^

DSCF3774.jpg







海岸にポツンと佇むこの大きな一本松も絵になりますね。
明日からの死闘を生き抜くためにこの風景をしっかりと心に焼き付けます。
この景色にまた会うために頑張れる気がするのです^^

DSCF3775.jpg







さて崎を隔てた反対側、つまり駿河湾側の方に向かってみます。







駿河湾を背景に【戸田灯台】を臨みます。

DSCF3776.jpg







青空と白い灯台のコントラストはやはり見事。
石の海岸に建つ灯台は意外と珍しいかもしれませんね。
灯台が立つ場所は岩場や崖、コンクリートの防波堤なんかが多いかな?

DSCF3777.jpg







背の低い灯台ですがこうして仰ぎ見るとやはり迫力があります^^

DSCF3778.jpg







既に夕方午後4時近いのですが、青空と駿河湾の美しさに時が
過ぎるのを忘れてしまいそうになる我々なのです。やはり静岡県
の東部や伊豆はいいなぁと心から思うのでありました。

DSCF3779.jpg







夕焼けに染まる駿河湾沖合と戸田灯台。松の木と灯台の間に赤トンボが
飛んでいるのがおわかりでしょか? 秋の海って結構赤トンボみかけたり
するんですよね^^
 
DSCF3780.jpg







2号機の元へと戻ります。

IMG_0595.jpg







ドライブの行程の殆どを東名の渋滞に費やした1日でしたが、
沼津市戸田やはり来て良かった。そう思えるドライブでした・・・

DSCF3781.jpg







既に夕方4時近く。この時点で家に到着するのは夜遅くになることは明白。
どうせ帰りの東名も集中工事による渋滞は避けて通れない。
ならば夕日の中をドライブするのもまた一興。これぞ男のGTロマン。
とわけのわからないセリフを吐くオイラ^^;
嫁 ⇒  (*;゚;艸;゚;) 必死で堪えています・・・

DSCF3782.jpg







沼津港目指して出発です。

IMG_0579_20161012083045121.jpg







戸田漁港前を通過。

DSCF3783.jpg







県道17号線を戻り【出会い岬】へと立ち寄ります。

DSCF3787.jpg







夕日に染まる相棒号2号機。

DSCF3786.jpg








晴天であればここから富士山が見事に見えるはずなのですが・・・

DSCF3788.jpg







展望台から【御浜崎】を見下ろせば、先ほどまでいた砂浜エリアと灯台エリア
がこのようになっていることがわかります。

DSCF3784.jpg







また戸田にドライブに出掛けたいと思うオイラなのであります。

DSCF3785.jpg








かなりやんちゃなフォード・マスタング・ファストバックとツーショット。

DSCF3789.jpg







県道17号線を沼津港方面へと向かうのでありました。
このあと、マスタング・ファストバックは沼津港付近までピッタリとオイラの
ケツについたまま帰りの道中を共にするのでありました (;´д`)

DSCF3790.jpg







午後5時過ぎに沼津港施設の【沼津 みなと新鮮館】に到着。
施設内のお店は既に営業時間が終了で軒並みシャッターが下りている状態。

DSCF3792.jpg








こちらに2号機を停めたまま【沼津 みなと新鮮館】の向かいにあるお店へと
向かいます。

DSCF3791.jpg







こちらが【鮨 和食処 さすよ亭】。
魚市場仲買人である水産加工業者が経営するお店で市場の方々も多く利用
するお店であります。

DSCF3793.jpg







この先の東名高速集中工事による渋滞で遅くの帰宅は明らか。
こちらで早めの夕食を食べて行くことにしたのでした。
昼間は結構混んでいるお店なのですが、午後5時を過ぎたばかりなので
他には先客の1組のお客だけの状態。

DSCF3794.jpg







オイラは【生しらす・生桜えび丼(フノリの味噌汁付き)】1,380円(税別)をオーダー。

DSCF3795.jpg






生しらす美味しかったなぁ^^
生桜えびも甘くてとても美味。蕩けました^^

DSCF3796.jpg







嫁はこちらの【骨とり天然金目鯛づくし定食】1280円(税別)です。

DSCF3797.jpg







金目鯛の煮付けと金目鯛のフライがとても美味しかったです。
しかっりと試食させていただきました(カアチャンありがとう)。

DSCF3798.jpg







西伊豆の味を堪能した我々は満足して帰路に就くことにしました。
お店の外は既に真っ暗になっておりました。

DSCF3801.jpg







バックカメラのモニター越しに沼津港のお店に別れを告げます。

DSCF3802.jpg







育った故郷の駅前をあとにします。もうオイラには故郷はないのですが・・・

DSCF3803.jpg







東名に乗り本格的な渋滞を前に、足柄SAで休憩を取っていくことにしました。

DSCF3804.jpg







スタバでコーヒーブレイクです。

DSCF3806.jpg






カフェ ミストのホットをショートサイズでオーダー。嫁も同じものをオーダー。
車を長く運転した時には、このカフェ ミストにバニラパウダーとシナモンパウダー
を振りかけると、香りで神経が覚醒されます。これで眠気も撃退。

DSCF3805.jpg







渋滞に備えての休憩を終えると再び高速を走り出します。







海老名近くになると完全に停止。長い運転になりそうです。







渋滞に巻き込まれながらも「来てよかった」という気持ちでリラックスしている
オイラなのでした。






次に伊豆に来るときには、中伊豆か伊豆高原に来たいなぁと思っています。
1号機になるか2号機になるかわかりませんが、今度こそ1泊していきたいと
思っています。







それでは、また・・・







See you next time. ꉂꉂ ( ˆᴗˆ )✌



















Comments (8)Trackbacks (-) | TOP

【初秋の北総ドライブ】の巻

Category: 道中記  09/09 /2016 (Fri)

ご無沙汰しております。繁忙が長引き、どうにもならない日々が続いています。
業務本来の繁忙に加えて、役職上の業務の消化も大量に押し寄せ、また台風
等の発生による影響から一層繁忙に拍車のかかる毎日となっていて、何とか
その日を凌ぐのに精一杯の毎日なのであります。ご容赦下さいませ (´Д`;)
秋の行楽シーズンも控えており戦々恐々の毎日であります ((((;゚Д゚)))) マジすか?







やっとの公休日も見事に台風の接近日にヒットしてしまう不運なオイラ (;´Д`) 
まぁこの時季はこんなものかも知れませんが、少ない休みがこれでは
テンションは下がる一方です (´・ω・`)ガッカリ… せめて晴れてちょうだいなぁ・・・







9月6日(火)ようやくの公休日。なんとこの日はスポット的に東京・千葉は曇り
時々晴れの天気。やることはいっぱいあるけども、ここんところの腐った天気に
うんざりだったオイラは、他のことをすべて放ってお出掛けすることにしました。







とは言うものの、快晴とまではいかず怪しい雲も湧いたり消えたりしていること
から、今回は無理に遠出せず、北総地域をドライブすることにしました。
前回のお出かけの際のゲリラ豪雨が未だトラウマに・・・トホホ・・・







秘密基地格納庫から2号機を召還。
2号機、発進! GO~!

DSCF3559.jpg







それでは今回もオイラと一緒にドライブへ出かけましょう!
今回はこちらのドライブミュージックをポチッとな (⑅´∀`)σ



lecca   My measure








鬱積したストレスを発散する為に、片付けなければならないことを今回ばかり
は後回しにして、北総の初秋を感じるドライブへと出掛けるオイラ。まぁ、今回は
大目にみて下さいな。忙しさとストレスでどうにかなっちゃいそうなんで (๑꒪▿꒪) *
既に午前8時半前には自宅を出発。船尾町田を通過して千葉ニュータウン方面
を目指します。周りは分厚い雲で覆われていますが上空と東京方面には青空が
広がっています。雲の流れはメチャクチャ早い。お天気もってくれるといいなぁ・・・

DSCF3560.jpg








国道464号線を成田方面へ向けて千葉ニュータウンを通過します。茨城方面
上空は雲に覆われていますが・・・

DSCF3561.jpg







こちらの北総上空は青空です。天気予報では静岡方面は曇り時々雨の天気
でしたので、西伊豆や箱根方面は断念。近場で秋を感じるドライブへとシフト。
折角出掛けるならばやはり晴れの方がスカっとしますからね^^

DSCF3562.jpg







国道464号線から成田へと向かう途中で佐倉へと立ち寄ることにします。
こちらは佐倉の印旛沼周辺にあるとある農家さんの長屋門前。こちらに暫し
車を停めて、黄金色に輝く稲穂が波打つ田園風景を楽しむオイラたちなのです。

DSCF3563.jpg







その後、車を更に進めて、田んぼの風景しかない大佐倉周辺の農地へと到着。

DSCF3564.jpg







大佐倉は恐ろしく何もない秘境として有名な場所で、実際足を踏み入れると
本当に恐ろしくなるほど何もない秘境で驚くと思います。まぁ、今回は秘境話
については割愛しますが興味のある方は「秘境大佐倉駅」で検索すればいろ
んな記事を目にすることが出来ると思います。もっとも今回は大佐倉自体と
いうよりも大佐倉周辺の田園風景が目的なのであります。

DSCF3565.jpg







見渡す限りの田んぼには実りの秋を感じさせる黄金色の稲穂が広がっています。

DSCF3566.jpg







曇天の空の下ではこの風景の良さはわからないと思うのです。やはり青空あって
こそ秋の稲刈り前の風景が生きるのではないのでしょうか。今回は台風の晴れ間に
こちらにこれて大正解でした。もう少しで稲刈りも終わってしまいますので・・・。
雨や曇りのドライブも魅力的なシチュエーションがあったりしますが、秋の田園風景
と海岸沿いのドライブだけは絶対に青空は譲れない条件だと密かに思うのです。
海っ端の街で育ったオイラには水田や畑の思い出や記憶はないけれども、何故か
郷愁の念に駆られる光景なんですよね。もはやDNAレベルで刷り込まれた日本人
としての特性なのかもしれないと思うオイラなのであります^^;

DSCF3567.jpg







こちらの見事な古木は、まるで何かが住みついていそうな気配を感じるほどの
存在感を放っており、風景自体も例えるなら水木しげる先生の漫画に出てきそうな
濃密感のある風景で、異次元の世界にタイムスリップした様な不思議な感覚に陥い
る場所でありました。トトロやら鬼太郎やら何やら、いそうな雰囲気に圧倒されます。

DSCF3568.jpg







その後、印旛沼周辺を成田方面へと向かう最中、秋の実りの田んぼの風景を
存分に楽しみながら、玉造方面へと向かうのであります。

DSCF3569.jpg







午後1時を迎えてそろそろ昼食へと出掛けることとします。農地エリアを脱して
玉造から美郷台方面へと向かいます。折角の成田ですのでいつもの【うなぎの
新川】さんにでも行こうかと思ったのですが、たまには日本料理屋の【翁 本家】
もいいかなぁということになり、今回は美郷台にある【翁 本家】さんへと向かう
ことになりました。

DSCF3570.jpg








こちらが日本料理【翁 本家】さんの店構え。

DSCF3581.jpg







こちらは元々料亭なのですが、お昼時にはランチメニューも楽しめる庶民にも
有難いお店なのであります。以前成田勤務の時には、夜こちらでお酒を楽しみ
に数度訪れたことはあったのですが、実はランチは初めて。通勤途中毎朝お店
の前を通るのでランチメニューの存在は店頭の看板で知っていたのですが、
ランチを食べに来る機会がなかったのであります。お店の味は夜の立ち寄りや
宴会で承知はしているので期待はしております^^

DSCF3582.jpg







2号機を敷地のこちらに停めて、

DSCF3571.jpg







暖簾を潜り、

DSCF3572.jpg







こちらの席へ案内されて、

DSCF3574.jpg







日替わりランチから【松】を二人前オーダー。

DSCF3573.jpg







店内ではゆったりとした琴の音色のBGMが流れておりました。
お客は熟年の御夫婦が3組と年配のご婦人の二人連れがおられました。
まぁ、12時のお昼休みは過ぎていますので平日のこの時間帯はこんな
ものかもしれませんね^^








オーダーから30分ほどして料理が運ばれて来ました。こちらが本日の
ランチ【松】となります。

DSCF3576.jpg







鮎の塩焼きに、

DSCF3577.jpg







海老のかき揚げ(かなり大きくて厚みがあります)、

DSCF3578.jpg







鰹の刺身、

DSCF3579.jpg







魚のアラの味噌汁、

DSCF3580.jpg







たいへん美味しゅうございました。







鮎の塩焼きも美味しかったし、鰹がまた戻り鰹でお味が濃厚、
海老のかき揚げもたっぷりの海老のむき身が実にプリップリッで
美味しいかったですねぇ・・・。ご飯大盛りにしてもらえば良かった (´Д`;)
こちらで一人前1,500円(税別)はかなりお得感がありました。東京ではこの
お値段の倍はするでしょうね。成田価格という有難いプライスに感謝^^







この日のランチに満足した我々は 日本料理 【翁 本家】 さんをあとに
するのでした。

DSCF3583.jpg







ここからはこちらのミュージックをポチッとな!( ๑‾̀◡‾́)σ»



lecca  紅空(くれないそら)








食事のあとは酒々井にある【甲子 正宗(きのえねまさむね)】で有名な
北総の蔵元である飯沼本家さんが営む【酒々井まがり家】へと向かいます。
こちらは蔵元【飯沼本家】さんの従業員用駐車場にて撮影。

DSCF3584.jpg







【酒々井まがり家】は酒造メーカーである【飯沼本家】さんが営む【和カフェ】
兼【酒の直売所】兼に【飯沼本家酒造のギャラリー】となっている複合施設。
2号機を【酒々井まがり家】前の駐車場に停めての記念撮影。

DSCF3586.jpg







和風モダンな佇まいと田舎の風景に2号機は見事に融合。こいつは都会的な
背景よりも海や山、田舎の風景にしっくりと溶け込むスタイルの持ち主ですね^^

DSCF3587.jpg







こちらが【酒々井まがり家】の全景となります。

DSCF3589.jpg







【酒々井まがり家】さんの前で記念撮影。格闘家でも軍人でもありません。
念のため・・・だいたいどちらかの職業に間違われるので^^;
面と向かって「格闘家の方ですよね」とか「いつ任務から戻られたのですか」
「今日は非番ですか」って誰と間違えているのか甚だ疑問に思うのですが^^;
単なるロマンスグレーなビジネスマンです。決して傭兵ではありませんよ。

DSCF3590 - コピー







そしてこちらがその隣にある蔵元の【飯沼本家】の建物となります。
味のある佇まいは威風堂々とした威厳めいた雰囲気を漂わせています。

DSCF3588.jpg







なんか初秋のこの日差しがなんとなく心地良く感じてしまうオイラなのでした。
もっとも初秋と呼べるのは白露の前日である9月7日頃までとのこと。つまり
6日のこの日はまだ初秋と呼べる日なのであります。

DSCF3592.jpg







新潟県の「旧清野邸」を移築したこのまがり家は実に居心地のよい空気を
醸していて、古民家ファンでなくともこの空間に好意を寄せる方は多いので
はないのでしょうか?

DSCF3594.jpg







おそらくは建物の古材を用いて造られたであろう長テーブル、酒樽を加工
して作った丸テーブル、格子戸から差し込む日差しが何とも言えない空気
を醸していて、訪れた我々を優しく迎え入れてくれるのでありました。

DSCF3593.jpg







こちらの床の間の席にも座って食事をとったり、お茶を飲んだりすることが
出来るのも嬉しいですね^^

DSCF3595.jpg







既に我々は昼食を済ませてしまいましたので、こちらではお茶を飲んで休んで
行くことにしました。







オイラは【アイスコーヒー(梅酒付き)】をオーダーしました。

DSCF3596.jpg







オイラは運転しますので梅酒は舐める程度の味見。あとは嫁に飲んで
もらいました^^

DSCF3597.jpg







嫁はこちらのお薦めである【柚子サイダー】を注文。
味見させてもらいましたが柚の味と香りがしっかりしてとても美味です。

DSCF3598.jpg







「長火鉢」昔はこれに憧れたものでした。煙管(キセル)で煙草を吸い、
「長火鉢」のヘリで煙管をポンと叩いて灰を火鉢の中に落とす、まるで
時代劇の中の銭形平次じゃあないですか^^; 何故かあの動作に憧れた
ものでありました。まぁ、今は煙草は吸いませんがね (^。^)y-.。o○

DSCF3599.jpg







お店の中にも稲穂がディスプレイされていて、ここでも初秋の訪れを
感じるのでありました。

DSCF3600.jpg







こちらでは【甲子 正宗】のお酒を直に購入することがで出来ます。
お酒好きな方のドライブの立ち寄りにもいいコースですね。

DSCF3601.jpg







造り酒屋といえばこちらの杉玉。酒林とも呼ばれるが、やはり杉玉の方が
しっくりと来ますね。軒先に緑の杉玉を吊すことで、新酒が出来たことを
知らせるわけです。つまり「新酒を搾り始めました」のサインなわけです。
青々としている杉玉はやがて枯れて茶色に変化します。即ち新酒の熟成
時期である「飲みごろ」を示すサインとなるわけですね。昔の看板や屋号
を示す表示にはこうした面白いものが多いですよね^^

DSCF3602.jpg







そろそろ「まがり家」さんをあとにする時間となりました。

DSCF3605.jpg







こちらは【飯沼本家】酒造さんの美しいお庭。
帰り間際に暫しこちらのお庭を愛で行きます。

DSCF3604.jpg







今回は北総に訪れた初秋を追ってドライブをしてみました。
【初秋】と言えば、ロバート・B・パーカーの名作【初秋】を思い出します。
スペンサーの様なタフガイではないですが、ハードボイルドな一面を持つ
と自称するオイラは何故かこの【初秋】という言葉に反応してしまうので
あります。

DSCF3603.jpg







秋の訪れを辿ってのドライブの帰りに、北総のショッピングモールに
立ち寄って買い物をすることにしました。ついでにおもちゃ売り場を
覗く|゚Д゚)))オイラ。HONDA S660 のトミカを見つけてしまいました。

DSCF3606.jpg







危ない危ない、危うく無駄使いするところを堪えるオイラ^^;







なんだかんだで午後7時に帰宅。やるべき事がいっぱいあったのですが、
すっかり遊び呆けてしまいました。

DSCF3607.jpg







オイラとのドライブありがとう。またどこかへ出かけましょうね^^







しかし、このあとの事を考えると恐ろしいです ((((;゚Д゚)))) 







でもお天気持ってくれて良かったなぁと素直に思うオイラ。







まったくもって反省していないところが愛嬌ですかね (ノ∀`) ・・・







まだこの時は真の恐怖を理解していないオイラなのでありました。








See you next time. ꉂꉂ ( ˆᴗˆ )✌












Comments (15)Trackbacks (-) | TOP

NEXT≫