Kiichi's Cafe 別冊  愛車達とともに・・・  メルセデスの風  

徒然なる Mercedes Benz W205記 

メルセデス新車情報と気になる車たち

お盆休みも夏休みも正月休みもGWも一切ない不毛なオイラでは
ありますが、ここ最近気になる新車情報がチラホラ散見されます
ので、オイラが気になっている部分をご紹介したいと思います。
どうしょうもない話しでごめんなさい。







上海モーターショー2017 でその開発が明らかにされた Mercedes Benz の
Aクラスコンセプト(セダン)の存在。その衝撃は凄まじかった。







現在のW205(Cクラス)以前の愛車はW169(Aクラス)であった。その前は
W208(CLKクラス)と連続で Mercedes を3台乗り継いているが、何れも高級
モデルではなくいわゆる庶民派モデルの Mercedes を乗り継いでいる。







勿論高額な車種を購入出来る身丈ではないので、現状で目一杯の背伸びを
してこれらの愛車を乗り継いるのであるが、やはり Mercedes は新車保証が
終了すると途端にメンテナンス維持コストが跳ね上がるのが頭の痛いところ
なのである。







近頃発売されたGLCクーペやEクラスクーペといったモデルには到底手が届く
理由もないがやはり気になる存在ではある。それらのモデルも最初の車検を
迎える頃には値落ちも激しく、メルセデスケアが切れるこの時期にメンテナンス
コストもいきなり跳ね上がってしまうのは Mercedes の常とするところでもある。







車体の単体コストが低いモデルでも当然同じ轍を踏むのではあるが、後々のこと
を考えつつ嗜好が許容する範囲であればAクラスという選択肢も当然今後視野に
入れるモデルであると思われる。






現行の5ドアハッチバックスタイルを次期モデルも踏襲する様であるが、今回発表
されたセダンスタイルのAクラスコンセプトが新たにラインナップされる見通しに、
少なからず希望を見出す思いなのである。これから先細りするであろうオイラの
収入を考えれば当然の起結ともいえるのである。







先ずはこちらの動画にてその容姿を確認して頂きたい。







Aクラスセダンコンセプト①









Aクラスセダンコンセプト②









こちらがAクラスセダンコンセプトのオーバービューである。ワイドになったボディ。
今までにない縦方向に格子状となっているグリルと切れ長のヘッドライト。
特徴的な顔つきというか、印象的なヘッドライトである。実際市販ベースではここ
までの作り込みはないとは思われるが。飽くまでコンセプトモデルとの割り切りは
覚悟しておく必要はあるはずである(実際メルセデスとホンダはモーターショー
などで発表されるコンセプトモデルと発売される実車との乖離がかなり大きい)。

2017meru-04201.jpg







現行Aクラス(W176)のハッチバックスタイルに比べて伸びやかなスタイリング
であることがわかる。現行Aクラス特有のアタマデッカチ感は喪失している。
またエンジンフードのパワードームはEクラスクーペやAMGモデルを彷彿させる。

2017meru-04202.jpg







リアビューはCLAを思わせる洗練されたデザインである。
また現行メルセデスの特徴であるプレスによるサイドビューラインが消失して
おり、エッジ感は薄れ代わりにボリューム感を持たせたデザインとなっている。

2017meru-04203.jpg







またAクラスコンセプトの内装写真は入手出来なかったが、YouTubeにアップ
されている次期Aクラスの開発様子の動画からその内装の予想が可能だと
思われる。







次期Aクラスの内装の様子は  1分45秒辺りから









現行SクラスやEクラスと同様にデュアル液晶モニターとなり、エアコンのエア
アウトレットの形状はEクラスクーペと同様のシルバーシャドースタイルに、
エンジンスタートボタンもEクラスと同様の質感になると予想出来るのである。
次期Aクラスの内装に準じたAクラスセダンコンセプトは十分にあり得るのでは。







また Mercedes Benz の中では今、Bクラスに注目が集まっている。
現行 Mercedes Benz のクラスの中でSUV車が唯一存在していないクラスが
Bクラスであるが、GLA、GLC、GLE、GLS、Gに加え、新たにGLBが開発中で
あることが多くのメデイアによって明らかになっている。







GLBの動画はこちら









GLBは、ほぼほぼGLAのデザインを踏襲している。

2016m-glb002.jpg







GLAに比べて全長が明らかに長い。
3列シート7人掛けとも噂されるが、詳細は未だに不明である。

benz_glbmodel-01.jpg







ショートバージョン、ロングバージョンと二種類の車体が用意されるとも、
通常の車体の他、別デザインであるオフロードパッケージが用意される
とも、様々な情報が錯綜している様である。







またメルセデスの初となるピックアップトラックモデルのXクラスも気になる。







Xクラス トレイラー(ピックアップトラック)の動画はこちら。










メルセデスと技術提携をしている日産のピックアップトラック、ニッサンナバラ
のプラットフォームの供給を受けてのモデルとされている。ありきたりのSUV
車では物足りない向きにはパンチの効いたモデルとなるであろう。







なんとXクラスには3つのタイプの異なる外装のモデルが存在するとの
噂である。1つは【PROGRESSIVE】。そして【POWER】。残る1つは【PURE】。







Mercedes-Benz_X-Class_08-20161105093555.jpg

こちらのタイプが【PROGRESSIVE】。







但しピックアップトラックといってもメルセデス。安全装置や装備には抜かりは
ないし、それなりの内装になるだろう。車体に見合った高額な車であることは
容易に想像がつく。またコンセプトカーと実際の車体との乖離を予想すること
は今までを振り返ってみれば想像に難くないところである。

1207126.jpg

こちらのタイプが【POWER】。







Xクラスは、最大3.5トンを牽引し、1.1トンまでの積載運搬力を誇る。
パワートレインは全輪駆動(AWD)と後輪駆動の二種類をラインナップ。
エンジンは4気筒エンジンからV6エンジンまでが用意されるという。

Mercedes-Benz-X-Class-Pure-4-850x637.jpg

こちらのタイプが【PURE】。







ここ最近矢継ぎ早に発表される新車ラッシュに、モデルチェンジの加速感を
感じるし、一つ前のモデルとの進化を著しく感じる現在、あらためて長く付合
える車ということを考えずにはいられなくなってきている。
勿論現実の予算や維持コストの問題もあるし、理想や嗜好の方向性といった
問題もあるのだが。







そうは言っても実際に買えるものは理想や嗜好からは大きく乖離せざるを得ない
し、欲しいと思うものは己の手の届かない範疇のものであったりする。
そのギャップを自分の中で埋めていく作業がまた苦悩を生んでいくのである。







車好きは至る場面で理想と現実の狭間の苦しみを味わうことになるのである。
嗚呼、車を単なる足と割り切ることが出来たなら、人生に於いて余計な悩みや
苦しみを減らして、充実感を味わえるのに・・・・。







こうして車馬鹿はまた深い欲望の闇に落ちていくのである・・・







アーメン・・・







そんな車馬鹿に更なる追い打ちを掛けるニュースが駆け巡るのであった。







前々から気にしているニュース「Ferrari Dino の復活ニュース」である。
以前に紹介しているので詳細は省くが最新のイラストやレンダリングを
見かける度にときめいてしまうのである・・・・







嗚呼、馬鹿はやはり治らないのか・・・
憧れは永遠なのか・・・

Ferrari-new-Dino-1-1024x576.jpg







(⁰︻⁰) ☝も(⁰︻⁰) ☟もカエル的なフェイスではあるが実にいい。
物凄くカッコいいとは言い難いがそれでも(≧∇≦)bいい。
丸くて小さくてミッドシップ・・・

d8fbff8fa6c3a2481419ccd2b00cb093--fancy-cars-super-cars.jpg







更なる情報を今後も模索していくのであろう・・・アーメン・・・







そして国産で今一番気なっているのが NEW S2000 なのである。







ホンダ NEW S2000 は前々からの噂通り「ZSX」を新たな呼称として発売する
可能性が大きくなってきたと言われている。と言うのはホンダが2016年7月26日に
「ZSX」と言うネーミングを欧州連合知的財産庁(EUIPO)に商標登録したことが
明らかになり、モータージャーナリズムの間では2017年10月27日開催される東京
モーターショーの場でS2000の後継車「ZSX」が発表されるという話が流布される
に至っているからにほかならない。







モーターショーで発表される新型はシビックタイプRに搭載される2.0リッターVTEC
ターボエンジンをミッドシップ搭載し、更にフロントに左右独立駆動するモーターを
搭載するAWD駆動方式を採用しているといわれている。







既に特許取得済みといわれるS2000内装デザインスケッチからもミッドシップ
レイアウトであることは一目瞭然である。

babyNSX_170720_002.jpg
babyNSX_170720_003.jpg
babyNSX_170720_005.jpg







また上記の内装デザインに照らしても外装は下の様なデザインであっても
全く違和感を感じないし、寧ろ自然とこの様なオーバービューを予想してしまう。

zsx3_20160814154003807s.jpg
zsx5_20160814154006057s.jpg
zsx4_2016081415400573fs.jpg






こうなると正に和風スーパーカー。NSXが軽く2000万円超えの現状を鑑みれば
半額の1千万円近い価格を想定しまうのである。







うーん、馬鹿の抱える闇(病)はとてつもなく深い気がするのである・・・







どうするのか、俺・・・







どうにもならないのが答えであるが、悶絶は死ぬまで続くのであろうか・・・







誰か助けて・・・







無限地獄に吸い込まれて行く・・・







チーン (-ノ-)/Ω チーン 







合掌 (* ̄- ̄)人 i~  なーむー







See you next time. ꉂꉂ ( ˆᴗˆ )✌ 














スポンサーサイト

【YANASE High-grade Fair】に行って来た ! の巻き

【YANASE High-grade Fair】の招待状が届いた。
毎年この手のイベントは土日に開催される為、仕事の日と重なってしまい
今まで一度も行けず終い。ところがなんと今回はイベントの11月12日(土)
は公休日なのであった。

DSCF4014.jpg







しかも、JAZZ LIVE 付き。これは行かない手はない。ただでJAZZYな気分に
浸れそうだ。

DSCF4015.jpg







【YANASE】主催の【Mercedes Benz】の【High-grade Fair】であるので、S660
で行くわけにはいかない。当然1号機をセレクト。

DSCF4016.jpg







秘密基地より幕張のホテルニューオータニに向かって、Let's Go~!!

DSCF4017.jpg







ホテルニューオータニ幕張】に到着。土曜の朝早く家を出たこともあって
9時15分頃に到着^^; 開催は午前10時 (´Д`;) ちと早過ぎました・・・ 

DSCF4018.jpg







何組かの方々も既に到着の様子。ホテルニューオータニの駐車場に
用意された試乗車や限定中古販売車を見学して時間を潰すことにします。

DSCF4019.jpg







Gクラスの限定車(G 550 4x4² )やAMG-GT S、SLも展示されています。

DSCF4020.jpg







AMG-GT S 流石に凄い迫力です。またブラックはかなり精悍に見えます。

DSCF4021.jpg







こちらのキャデラックのATS-V(写真右)で1千万円オーバー。
ESCALADE(写真左)のSUVがほぼ2千万円(限定車かオプション盛りか?)。
キャデラックもこんな高いのがあるのね (´Д`;) ビビリました・・・

DSCF4022.jpg







ズラリと認定中古販売車が並んでいます。

DSCF4023.jpg







こちらからの列には試乗車がたくさん用意されています。
まだまだ他にも試乗車が並んでいますが、この辺でホテルに入館したい
と思います。ボチボチと人がホテルへ向かって行きだしたので^^

DSCF4024.jpg







ホテルのロビーホールはすっかりクリスマス仕様。

DSCF4025.jpg







エスカレーターで2Fへと向かいます。
会場は「鶴の間」。

DSCF4026.jpg







吹き抜けからエントランスホールを見下ろします。
さらに先へと進んでいくと・・・

DSCF4027.jpg







Mercedes たちが展示されています。

DSCF4033.jpg







こちらが【YANASE High-grade Fair】の受付ですが、やはり受付自体も
10時からっぽいですね。会場ホールの中で【YANASE】社員たちの決起
集会のような声が響いています^^ 営業職というのもたいへんですね^^

DSCF4028.jpg







受付前に、【JAZZ】の他にもう一つ楽しみにしていた【280SL】の現車
展示。中々、間近で見れる機会はありませんからねぇ。人の少ない時に
是非にも写真に収めておきたかったのであります。

DSCF4029.jpg







最新の車もいいけど、やはりこの時代の車には惹かれるものがあります。

DSCF4030.jpg







スポーツグリルはかくあるべきと言わんばかりのカッコ良さですね^^
ドイツ語でライトウエイトスポーツカーを意味するSL(Sports Leicht)。
【280SL】はヴィンテージモデルとして高い人気を誇っています。
オイラはMercedesの中では【190SL】のファンなんですよね。

DSCF4031.jpg







またこの後ろ姿がカッコいい!!(≧∇≦)b

DSCF4034.jpg







このモデルは既にヘッドレストがシートに備え付けられているんですね。
屋根の中央が左右よりも低い逆反り形状の「パゴダ・ルーフ」が特徴です。

DSCF4035.jpg







マフラーの直ぐ上にスクリュータイプのフエールリッド。時代を感じます。

DSCF4036.jpg








やがて受付時間となり【YANASE】の社員たちが一斉に会場から出て来ました。
【280SL】も十分に鑑賞しました。受付を済ませて暫し営業マンと話が弾みます。

DSCF4038.jpg







営業マンさん曰く、【CLC】よりも先にどうやら【CLE】の方が発売される可能性が
高いという噂があるそうです。ただし開発の噂だけですので発売時期は2018年
以降が濃厚かもしれません。まあ、この辺の話は飽くまで噂話の域を出ないネタ
として受けておく程度ですが^^;

CLC01.jpg

【CLC】の予想CG Cクラスベースの4ドアクーペは現行CLSの縮小版。



mercedes-cle-2018-2.jpg

【CLE】の予想CG CLSをEクラスに統合してCLEとするという噂もある。







【鶴の間】の会場にも多くのMercedesが展示されておりました。AMG E43
4MATIC、Cクラスカブリオレ、AMG GLC 43 4MATIC、マイバッハS600など。
豪華絢爛な展示。勿論、外の駐車場スペースにも高額車両の展示がズラリ。
【High-grade Fair】の展示はこちらの【鶴の間】の展示がメインでしたね^^








こちらは、世界初のガソリン車「ベンツ・パテント・モートル・ヴァーゲン」です。
カール・ベンツの胸像とともに展示されています。

DSCF4039.jpg







レプリカだと思いますが、極めて貴重な展示物の様でした。

DSCF4042.jpg







Sクラスには乗ったことはありますが、マイバッハは初めて^^
運転席と後部座席ともに座ってみます。

DSCF4040.jpg







展示車両でも滅多に触れることが出来ませんのこれは貴重なチャンス。

DSCF4045.jpg







あのSクラスが比較にならない後部座席の居住性。足元の広さや背もたれの
角度がJALファーストクラスの座席シート以上ではござらんかぁー!
これには嫁もうっとりでした^^; でも買えないから、これは・・・

DSCF4044.jpg







AMG GLC 43 4MATIC。このSUVはいいですね。GLEほど大きくはない
ものの抜群の居住性と装備。

DSCF4041.jpg







AMGであることを忘れさせるほどの快適な室内。スパルタンな要素はまるで
感じません。その操作系統は当然Cクラスそのもの。美しくて操作しやすい
コクピットですね。

DSCF4043.jpg







その他、Cクラスのカブリオレなどに座って見ました。







やがてJAZZのLIVE演奏が始まりましたので、暫くオイラたちは演奏に
聞き惚れるのでありました。【j-brass JAZZトリオ】はBassの高橋ゲタ夫
Guitarの宮崎カポネ信義、Vibraphoneの山本玲子で結成されたトリオ。

DSCF4046.jpg







「酒とバラの日々」 「Over The Rainbow」 「枯葉」など、スタンダードジャズ
の演奏がおこなわれました。一番前の正面席で鑑賞出来ました^^

DSCF4047.jpg







また会場ではスペシャルイベントとしてグッズのセールが行われておりました。
特段購入したいものはなかったけども、少々買い物もしてしまいました^^;

DSCF4048.jpg







思いのほか大きくて、大き目なトランクもこの通り。

DSCF4049.jpg







屋外に用意された試乗車を物色してみることに^^

DSCF4050.jpg







左からGクラス、GLS、GLE SUV、GLE COUPEとまさかのGライン。
これ全て試乗出来ます。

DSCF4051.jpg







こちらのAMG SLC43 も試乗可能。
まさに【High-grade Fair】。Mercedesの高級車乗り放題です。

DSCF4052.jpg







いつものオイラなら遠慮せずに全車種乗り倒すはずなのですが、この日は
何故かそんな気分になれない。身体の芯まで疲れが溜まっている様です。







朝飯も食っていなかったせいか、猛烈に空腹感を感じておりました。







ホテルのレストラン何件かを覗くも、ランチ1人6,000円とか8,000円とか。
有り得ないから・・・我が家では・・・Σ░(꒪◊꒪ )))) 
オイラの薄給でこんな贅沢をしたら間違いなく路頭に迷うことに・・・







好きな車も空腹の前には為す術もなし
一路ランチへと向かうことに・・・ホテルをあとにします。

DSCF4053.jpg







ボンビーなオイラが幕張といえば・・・

DSCF4054.jpg







そう、向かったのは【千葉市地方卸売市場】であります。

DSCF4064.jpg







一般を対象とした施設関連棟にてオイラなりの高級ランチをいただきます。

DSCF4055.jpg







今回訪れたのはこちらの【和食処 さくら】さん。

DSCF4063.jpg








こちら生の本まぐろで何かと有名なお店。
実は前回こちらの【千葉市地方卸売市場関連棟】を訪れた際に
Σ |゚Д゚))) ここってまさかあの生の本まぐろで有名な?と思うも、
まさかね^^ と思っていたお店。この時は評判の【長谷川食堂】さん
を訪れたくて集中力を欠いていた様です^^; その時の記事はこちら
ブログアップ後に気になり調べてみると、やはりここだったのかぁー!
といういわくつきのお店なのであります。

DSCF4062.jpg







こだわった厳選の生の本まぐろが格安で食べれるという話は果たして本当
なのであろうか。お店は満席です。時間は既に午後1時をまわっています。
 
DSCF4057.jpg







メニューから生の本まぐろを使った品を厳選中^^

DSCF4058.jpg







オイラも嫁も【生まぐろ刺身定食】1,510円(税込)を注文しました。

DSCF4056.jpg







15分ほどで【生まぐろ刺身定食】がキタ━(゚∀゚)━!!!!

DSCF4059.jpg







生の本まぐろの刺身盛り合わせ。
赤身、中トロ、大トロがアソートさています。

DSCF4060.jpg







本まぐろの赤身に醤油をまとわせワサビをのせて白米とともに口へと
運べば・・・

DSCF4061.jpg







魂の叫びが思わず口から洩れます。既出で(´Д`;)ヾすみません。手抜きです

LljcZw_20161115230614bc0.jpg






赤身の美味しいことと言ったらありゃしない(๑´ლ`๑)♡ ムフフ 
中トロも口の中で蕩けてしまうほど (●´ڡ`●)
大トロに至ってはもう昇天しちゃいました  (¯﹃¯*) ポワーン 







恐らく今年食べたまぐろの中で、一番美味しいまぐろでありました。
【和食処 さくら】さん、評判に間違いはございませんでした。

450-2011102901263938191.jpg







ホテルのレストランでランチに1人アタマ6,000円以上賭けるより、
2人で3,000円ちょっとのこのランチで大正解だった気がします。







倹約してもそれなりの贅沢ランチ。間違っていなかったと思うオイラです。







ランチ終了後、帰路、JA千葉みらい農産物直売所「しょいか~ご 習志野店
へと立ち寄ります。

DSCF4068.jpg







おりからの野菜の高値。近所のスーパーで白菜1/8カットで400円とは、
「これ、嘘でしょう!」 嫁から助けてのヘルプ要請でオイラも本気で動き出した。


DSCF4066.jpg







これで一安心だね^^

DSCF4067.jpg







この後自宅を通り過ぎて、今度は北総方面までお出掛け。







夕食も外で済ませてしまいました。

DSCF3976.jpg
DSCF3977.jpg
DSCF3980.jpg
DSCF3981.jpg







結局、夜遅くの帰宅となりました。







【YANASE High-grade Fair】で頂いた【DEMEL】のショコラ-デントルテ。
ウイーン老舗洋菓子店のチョコレートケーキです。

DSCF4069.jpg







こちらは嫁がスペシャルイベントのセールで買ったMercedes のティーセット。
限定20セットのみ70%OFFということで2,990円の金額に目が眩んだようです。

DSCF4071.jpg







こちらはオイラがスペシャルイベントのセールで買ったベンツのリモコンキー
型USBメモリー。価格は2,500円になっておりました。2、3点のみの出品だった
ので思わず購入。仕事のデータ保存にでも使います^^

DSCF4070.jpg







仕事ばかりの日々が続きましたが、今度の休みには日帰りでゆっくりとドライブ
に出掛けたいと思うオイラなのです。今回は溜まったストレスのちょっとした発散
になったかなぁと思う次第です。







次回の公休日の天気を祈りつつ・・・・







See you next time. ꉂꉂ ( ˆᴗˆ )✌












【VENTO MODERNO】と【C-CLASS Coupe】 のある休日

3月23日(水)、昨日に続いてこの日も公休日 ^^
奇跡の連休ですが生憎の空模様です。







お出かけ前に駅前あたりを散歩。
あまりテンションが上がる天気ではないので遠出は取り止めです。
後でランチへと出掛ける予定ですが、たまにはフラフラと歩いてみるのも
良いかな、なんて思ったりしたわけです。







別に雨が降っているわけではないのですが空は曇天。
折角綺麗に咲いている桜も灰色の空ではその桜色が映えません。

IMG_0426.jpg








駅前では何やら人集りが・・・。
近づいてみると、「撮影中です」との制止の声が・・・。
通行をSTOPさせられました。
どうやらドラマのロケのようです。







人集りはエキストラの方々のようです。
駅のロータリー入口あたりの救急車付近でお芝居が、
人集りは野次馬の役の様ですね^^

IMG_0427.jpg







オイラの家の前の駅はこれまでもドラマのロケで度々使われています。
今度はどんなドラマなんでしょうか?






これまでは、ドラマ「クロサギ」、「Mの悲劇」、「Woman」、「リーガルハイ」、
「黒の女教師」、「GTO」、「こちら葛飾区亀有公園前派出所」、「相棒」等等
で使用されていた様です。TVCMのロケ地にもなっていたりします。







オイラは忙しくてドラマは見ないけど度々ロケ中に出くわしたりしていて、
近所の人から聞いたりするのでそれとなく知っています。こちらにも詳細
が出ている
様です。







辛夷(こぶし)か木蓮(もくれん)かわからないけどその類の花が満開です。
花の付け根に葉っぱがないから木蓮(もくれん)かもしれませんね。

IMG_0428.jpg







まぁ、サツキとツツジも見分けが難しく、似たように思えてしまうオイラ
なので詳しいことはわかりませんが・・・(。-ω-。) 知ったかしてスミマセン。








散歩も終えてこれからランチへとお出かけです。












🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸












相棒を地下格納庫から召喚。

DSCF2277.jpg








成田街道を習志野方面に向けて進んで行くと、カー・ワークショップ【COBRA】
前を通過します。相変わらずスーパーなお車たちが目を癒してくれます。
Ferrari 250GT California Spyder らしき、クラッシック フェラーリを発見(o_^∀^)o

DSCF2279.jpg







フロントがばらされていますので、この角度からは308か328か288GTOか
わからないけど、施工途中のFerrariですね。 (๑・‿・๑)

DSCF2280.jpg







いやー、目の保養になりました。途中、走行中の赤いジャガーEタイプや
スーパーセブンにも遭遇。クラシカルで素敵な車たちは本当に格好いい
ですね^^







この日のランチは久しぶりに【Vento Moderno(ヴェント・モデルノ)】さんへ
やってまいりました。イタ飯というよりはうまいサラダが食べたくなったのです。

DSCF2281.jpg







こちらのリストランテは何度か訪れているのですが、今年に入っては
おそらく始めて。久しぶりの来訪となります。こちらのエントランスを
登って行きます。

DSCF2282.jpg







こちらのお店に興味のある方は過去記事の「ランチ太平記 
【TAILWIND】 VS 【VENTO MODERNO】
 」または「魂のランチ」の巻き
等をご参照下さい。ガーデン席を左に折れて更に進みます。

DSCF2301.jpg







実際、駐車場からお店の中まで長い距離があります。こちらの建物へと
入って行き・・・

DSCF2283.jpg







ここを通過すると・・・

DSCF2300.jpg







更に入口がありこちらを開けて中へと進みます。

DSCF2284.jpg








やはり何度来てもこの重厚な入口には気後れしてしまいます。

DSCF2299.jpg







分厚いドアを開けて進むと受付がありますので、こちらにランチを食べに
来たことを告げて、案内を待ちます。
お帰りの方が会計中でした。
更に先客が座って案内を待っていますので暫く待ちます。

DSCF2298.jpg







その間、受付横のプールを眺めて過ごします。

DSCF2297.jpg







やがて受付横の奥へと案内をされて、厨房の前を通過します^^

place_other02_b-02.jpg







そしてホールへと案内され、着席。

DSCF2286.jpg







非常に天井の高い贅沢な空間です。

DSCF2285.jpg







こちらのお店は結婚式や披露宴パーティーにも使われるのです。

DSCF2287.jpg







この日はサラダ目的での来店でしたのでAランチを選択。
この日のAランチメニューは次の通り。






             📌


             📌


             📌




3/23(水) ランチメニュー


Insalata


具沢山サラダ

Pizza o Pasta
ピッツァまたはパスタ から一品を選択

本日のパスタ
①シンプルな完熟トマトソース スパゲッティーニ
②小エビと葉玉ねぎ・ほうれん草のトマトソース
③若鶏もも肉とふき・いろいろ茸の軽い煮込み

本日のピッツァ
①マルゲリータ
②ボロネーズソースと春野菜のピッツァ ロッサ
③小柱とオリーブ・そら豆のピッツァ ビアンカ

本日のドルチェ

桜と苺のパンナコッタ


Caffe
お飲み物

コーヒー OR 紅茶

Focaccia
フォカッチャ (おかわり可)





             📌


             📌


             📌






オイラと嫁はパスタから③若鶏もも肉とふき・いろいろ茸の軽い煮込み
を選び、飲み物はオイラはコーヒーを、嫁は紅茶を選びました。







具沢山サラダ が参りました。結構な種類の野菜が使われていてボリューム
も十分にあり、しっかりとした食べ応えがあります。またこちらの野菜は瑞々
しく、しかっりと野菜の味を楽しむことが出来ます。

DSCF2288.jpg







温かいフォカッチャをエクストラバージンオイルに浸して口へと運びます。
フォカッチャも非常に美味しいですね。

DSCF2289.jpg







サラダを完食すると絶妙なタイミングで本日のパスタである【若鶏もも肉と
ふき・いろいろ茸の軽い煮込みパスタ】が登場。

DSCF2290.jpg







こちらのオイルパスタは蕗と数種類のキノコが軽やかで森の春を思わせる
様な仕立てになっていて、実に味わい深い一品となっておりました。

DSCF2291.jpg







お代わりしたフォカッチャでオイルパスタのソースを拭って最後まで味わい
尽くします (◍´ಲ`◍)







メインが済むとドルチェとコーヒーが運ばれて参りました。

DSCF2292.jpg







この日のドルチェは【桜と苺のパンナコッタ】。

DSCF2293.jpg







デザートのスイーツに至るまでまったくスキのない出来には
毎回感動せずにはいられません。

DSCF2294.jpg







毎回思うのですが、【VENTO MODERNO】で提供される料理はかなりの
クオリティーが担保されていて、その上給仕してくれるスタッフの質も実に
素晴らしく、気持ちよく食事をすることが出来る数少ないお店の一つだと
痛切に思うのです。







添えられたクリームが桜の香りと味をまとっていて実に見事です。

DSCF2296.jpg







【VENTO MODERNO】創立三周年記念ということで、【VENTO MODERNO】
謹製のチョコレートがサービスされておりました。こちらも実に美味しかったです。

DSCF2295.jpg







我々の食事が終わる頃には駐車場はかなり混雑しておりました。

DSCF2302.jpg







今年も何度か訪れようとしたのですが、ブライダルフェアとのカチ合いや
貸切日だったりとあまりタイミングが合わず、今年初の来店となってしまい
ましたが、帰りに予定表をいただきましたので、また暫くは通ってみようと
思っています。












🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸














NEW C-CLASS Coupe が 3月14日から日本で正式発売となりました。
詳細はこちら

-03945339.jpg







オイラがお世話になっている園生町のYANASEさんのHPを事前に調べると、
既にカバンサイトブルーの C-CLASS Coupe が展示されているとのこと。







【VENTO MODERNO】から、国道16号線沿いにある園生町のYANASE
さんを目指します。







NEW C-CLASS Coupe の見学に出掛けます。







YANASEさんの整備工場前の駐車場で SLS AMG を発見。
3千万円オーバーの車だけあってオーラ半端ないっす (○´ω`○);

DSCF2303.jpg







カバンサイトブルーの C-CLASS Coupe 。こちらはC180でした。

DSCF2308.jpg







こちら実にいい後ろ姿。惚れちゃいそうです (●♡◡♡●) 

DSCF2304.jpg







現行Cクラスも現行Sクラスに良く似たデザインですが、この新しい
CクラスクーペもSクラスクーペと共通するデザインでとてもカッコいいです。
特にリアデザインは本当に良く似ています。

Mercedes-Benz-s-class-coupe-3.jpg

<写真はSクラスクーペ>







またこのカバンサイトブルーという色がとても似合っていて
実に欲しくなってしまいますね。

DSCF2305.jpg







またサイドビューもSクラスクーペをそのままダウンサイジングしたかのような
スタイルで精悍さが際立っています。

DSCF2306.jpg







今の相棒の前にW169に乗っていたのですが、W169の前にはCLKクーペ
W208を乗っていたオイラ。やはりクーペは大好きなんですよね。CLKは
Eクラスとなって統合されてEクラスクーペとなってしまいましたが・・・

DSCF2307.jpg







Cクラスもセダン、ステーションワゴン、SUV、クーペと出揃った感がありますが、
年内にはSLKを統合してSLCツー・シータ・オープンを展開すると思います。







セダン以外としてはやはりSUV(GLC)かクーペに惹かれてしまいます。







セダンとクーペまたはSUVを同時に所有したくなるオイラは身のほど知らず
の大馬鹿者ですが、やはり先立つものが無ければ無理なお話しですので、
夢は夢として妄想の中で楽しんでおこうと思っております ○o。.(●´∀`) へへへ







こうして休日を楽しんだオイラは相棒とともに自宅へと戻るのでありました。

DSCF2278.jpg







相棒の後ろ姿もSクラスセダンに似ていると、ひとり密かに悦に浸っているオイラ。
だってSクラスなんて買えないもの ・・・ 彡(´∀`;○)彡・・・・











See you next time. ꉂꉂ ( ˆᴗˆ )✌
















久しぶりの休日

gla






やっとの休日。





9月4日午前中、最後の歯医者の通院を完了し、残り半日程度の休日をどう
過ごすか考え倦ねていましが、ヤナセに車でも見に行ってそれから食事にで
も行こう、突然に思い立ちました。

特段用があるわけでもなく、担当営業マンも今日はいないということなので
展示車でも気軽に見たかったと思っただけです。休日が不規則の上に休息が
十分とは言えない私には元気の源が必要なのです。




ヤナセに行って見ると前回と展示車が大分入れ替えられていました。





前回ここにはW205 白のC180ベースモデルが展示されていましたが、
今日はダイヤモンドシルバーのC180アバンギャルドAMGラインモデル
車が展示されていました。仮契約の時、その段階で選択可能なカラー
からはオブシディアンブラックかダイヤモンドシルバーかで多少迷いま
したが、結局はオブシディアンブラックに決定した経緯があるので現車
の実物同モデルを直接見れて良かったと思います。

W205




こうして見るとダイヤモンドシルバーも素敵です。

W205




本当を言うと「カバンサイトブルー」か「パラジウムシルバー」のどちらか
のカラーを選びたかったのですが、当面の納車は難しいとの説明があり、
年内納車可能な色からオブシディアンブラックとダイヤモンドシルバーを
選んで比較して最終的にオブシディアンブラックに決めました。

W205




改めてダイヤモンドシルバーのC180アバンギャルドAMGラインモデル
のシートに座らせてもらいました。ブラックはヤンチャさがあり、シルバー
は落ち着きがあり、どちらでも良かったと思いますが、やはり自分の判断
が正しかった、そう思い後悔しない様心掛けたいと思います。

W205




まったく同じ内装・装備でも何故か異なる雰囲気を感じてしまいます。

W205





若造と大人と言ったところでしょうか?

W205




このインテリジェントライトはやはり良いですね。

W205




クリスタルキューブがLEDの光でキラキラして点灯時とても綺麗です。

W205







~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~







他にも別のモデルが展示されていましたので少しだけ紹介します。






GLA250 4 MATIC オフロード。前回は250 4 MATIC SPORTSでした。

gla




CL550 カッコ良いです。しかしお買得車で1700万円オーバーって・・・

cl 55




かつてCLKがEクラスクーペとして再編入された様に、CLも再びSクラス
クーペとして再編入されることが決まっています。やはり、ビック・クーペ
は良いですね。迫力とエレガンスさが違います。

cl 55




CLS 63 AMG シューティングブレイク 特選お買得車で1900万円オーバーって・・・

CLS SYU




やはりお金持ちはいるもんですね・・・

CLS SYU




他にもEクラスワゴンやスマートなどが展示されておりました。




一通り見て目の保養をしました。
英気が養えたかは定かではありませんが・・・





ヤナセに来ていつも思うのですが、来る度に必ずお客がいて
商談しています。契約に至っているのかどうか不明ではあり
ますが、金持ちそうなお客さんを度々見かけます。


商談中のそちらに目が行くことがあるのですが、一つ確か
な事があります。買う買わないはともかく、お金持ちは決断
が早いという事です。買う場合にはさっさと、買わない場合
にも決してモタモタせず、あれこれ悩んでいる様子が見られ
ません。お金を持つと価値観が変わるのか、決断力に長け
ているから金持ちなのか、いずれにせよ、決断力は一つの
武器なのかも知れませんね^^





そんな事を思いヤナセを後にし、食事をすることに・・・









*****************************







前回は中華だったので、今日は嫁の要望通りいつもの「かいおう」へ

グルメ





本日の特選お薦めは「70Kgオーバー!キハダマグロ」になって
いましたのでキハダマグロから選んでみました。




先ずはキハダマグロの赤身。モッチリした肉質が堪りません。

かいおう




次はキハダマグロの中落ち(すき身)軍艦。これはマジで美味かった!

かいおう




赤貝のヒモ軍艦。ある時には毎回頼みます。

かいおう




本日のお薦めの「初入荷、新生サンマ!」をオーダー! 全く生臭さがなくてとても美味しかったです。

かいおう




本日の特選お薦めのキハダマグロの腹身の握り。脂が乗ってました。

かいおう




お薦めの「活つぶ貝」の握り。

かいおう




そして柳サワラの皮目炙りの握り。トロトロですぅ~^^

かいおう




フクラギ(ぶりの成長前の呼び名)を頼んで・・・

かいおう




最後にもうひと皿、キハダマグロの中落ち軍艦をリピートしました。

かいおう




目の保養の後には、腹ごしらえも済んで、1日限りの
お休みでも何とか英気が養えた気がします^^




明日からまた仕事ですが頑張ります。





車もどうにか買えて、外食も月に何回かも出来る・・・



でも、明日はもっといい事があります様に・・・



そう思い明日に向かっていきます^^



それしかないから・・・















W205契約致しました!

W205契約致しました!

前回GLAの値引き交渉のためヤナセに出かけて、
発表前のW205を見た結果、すっかりW205のトリコに・・・!

7月11日のW205の発表後、私の最初の公休日に
W205を試乗するためにまたヤナセへ出かけました。

ダイヤモンドホワイトのC200アバンギャルドAMGラインと
オブシディアンブラックのC180アバンギャルドAMGライン
の2台を試乗することが出来ました。

ここ10年最近の車歴

C180のエンジンは静かで良い味付けでしたが、ランフラット
タイヤ装着のため、道路の段差等での突き上げ感が多少
気になりました。それ以外は全て気に入りました。
スポーツプラスとコンフォート、エコモードでそれぞれの
フィーリングでドライブを試してみました。スポーツプラス
にしておくとアイドリングストップ機能が解除される様です。

エアサス搭載のC200は流石に良い足腰でランフラット
タイヤの突き上げ感を減少させている様に感じました。
アイドリングストップ時からのエンジンスタートも他車
に比べてW205はスムーズであると感心しました。
またこのC200アバンギャルドにはレーザーエクス
クルーシブパッケージが装着されており、
エンジとブラックの内装の豪華さの演出には目を
見張りました。グローブボックス内に忍ばされた
専用パルファムがエアコンの風に心地よい香り
付けをしているのが印象的でした。

試乗が終わり、営業マンから契約について車の説明
がされました。

現段階では、メーカーからのディラー割り当ての製造
ストック車から希望する車を選ぶのがベターである旨
の説明を受けて、悩んだ末にオブシディアンブラックの
C180アバンギャルドAMGラインにレーダーパッケージ
とベーシックパッケージを付けたもので契約を致しました。

ブルメスターのオーディオシステムは秋以降発表のC250
の最上オプション搭載車だけにしか盛れないし、どうして
も欲しかったヘッドアップディスプレイのオプション車も
プレミアムパッケージオプション車の割り当てが当面ない
という事で、レーザーエクスクルーシブパッケージを
考えたのですが、このOPは71万円と高額のために諦めました。
C200についてはエアサスの故障リスクを考慮して、結局は
C180アバンギャルドAMGラインに最低限欲しいOPを
盛ったものに落ち着きました。マンション購入時依頼の
大きな出費となりました(どちらもローンです)。

後は、車が本邦に到着し納車がされる日を待つ日々です。




 | HOME |  古い記事へ »

文字サイズの変更

プロフィール

きいちゃん

Author:きいちゃん
休日の外食の多くはラーメンと寿司
を食い歩く。
車好きではあるが、走り屋にあらず、
洗車嫌い、カスタムにも興味がなく、
デコもしない。ニッチな独自の
世界に耽る傾向にあり。現在の愛車は
相棒号1号機のMersedes-Benz C
クラスと2号機のHONDA S660。
貿易・通関士・国際複合輸送、海事代理士・
港湾・国際空港ターミナル・免税売店・
ブランドブティックがキーワード。
現在は羽田空港国際線ターミナルと
千葉県にて生息が確認されている。
美味しい料理と美しい車が好物。
ハードボイルドな一面とギャグ漫画の
要素を併せ持つ、見た目は中年、頭脳
は子供、その名は「きいちゃん!」

※写真はターミネーターでもキャシャーンでも
 ありません。本人です。 

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (33)
W205 (23)
Mercedes-Benz (7)
グルメ (56)
過去帳 (6)
ブランド (3)
道中記 (49)
ミュージック (7)
羽田空港 (18)
成田空港 (1)
Kiichi's Domination (10)
S660 (12)
オイラの独り言 (10)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

FC2Ad

Template by たけやん